楽天モバイル 端末・新機種

Zenfone 3 Maxのスペック解説!大容量バッテリーが魅力の雷神と比較してみる

更新日:

人気スマホメーカーのASUSは2016年に、Zenfone GoやZenfone 3Zenfone 3 DELUXEZenfone 3 LaserといったSIMフリースマホを発売しました。

そしてASUSの2017年一発目のSIMフリースマホが、今回紹介する「Zenfone 3 Max」です。

この端末は4100mAhの大容量バッテリーを搭載していて、充電が長持ちするのが大きなメリットの端末です。

この記事では、Zenfone 3 Maxのスペックについて解説します。
同じく大容量バッテリーがウリであるフリーテルの雷神と比較も行いますので、大容量バッテリー搭載のスマホが気になる方はご覧ください。

公式サイト 楽天モバイル

スポンサーリンク




Zenfone 3 Maxのスペックを解説!Zenfone Maxとの違いは?

Zenfone 3シリーズの中でも、価格が安めに抑えられているZenfone 3 Max。

大容量バッテリーを搭載している変わり種でありつつ、スマホのライトユーザー向けのエントリーモデル的役割も兼ねているのが特徴です。

安価なので手に取りやすい端末ですね。
メインのスマホが壊れた時のための予備として入手しておくのにもおすすめできます。

ではスペックを表で見てみましょう▼▼

税別価格 19800円(楽天モバイル)
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737M
メモリ 2GB
ストレージ容量 16GB
バッテリー容量 4100mAh
サイズ 149.5mm×73.7mm×8.55mm
画面 5.2インチ、HD液晶
重さ 160g
カメラ アウトカメラ1300万画素
インカメラ500万画素

価格は楽天モバイルにおいて19800円ですが、現在セールが行われていて2017年2月1日までは17800円で購入可能です。

ポイントどころのスペックについてピックアップしてみます。

Zenfone 3 Maxでは前機種よりバッテリー容量が減っている

Zenfone 3 Maxのバッテリー容量は4100mAhと大容量ですが、実は前機種であるZenfone Maxの5000mAhからは900mAhほど減ってしまっています。

ただその代わりに、重さはZenfone Maxの202gから160gにまで大幅に削減されています。軽量化されて持ち運びやすくなった代わりに、バッテリー容量が若干減ったわけですね。

とはいえバッテリー容量は4100mAhでも十分すぎるほど大容量です。ゲームや映像コンテンツを楽しんでいても充電の残量を心配する必要はありません。

さらに嬉しいことに、リバースチャージ機能も搭載されています。

これは、Zenfone 3 Maxのバッテリーを別のスマホに給電できる機能で、充電を分け与えることができます。

つまり、Zenfone 3 Maxはモバイルバッテリーの代わりとしても使える優れものです。

CPUがSnapdragonからMediaTek製に変更されている

Zenfone MaxはSnapdragon 410のCPUを搭載していましたが、Zenfone 3 MaxではMediaTek製のクアッドコアのCPUが搭載されています。

どちらも性能は抑えめで、ハイスペックでなければ動かないようなゲームアプリ等には向いていません。ガッツリCGを使うようなゲームはちょっと厳しいですね。

指紋認証機能が搭載されたのは大きな進化

Zenfone Maxには指紋認証機能がありませんでしたが、Zenfone 3 Maxには指紋認証機能が用意されています。

指紋認証機能があれば、もしもスマホを落としてしまうなどしても大切なデータを人に見られずに済んで助かりますよね。

指紋認証が必要ならZenfone 3 Maxの購入をおすすめします。
2万円程度で入手できる安価な端末で、指紋認証が可能なのは嬉しいですね。

端末デザインはZenfone 3 Maxの方が良い

Zenfone Maxもなかなかデザインは悪くありませんでしたが、Zenfone 3 MaxはZenfone 3シリーズ準拠のデザインになっていて、安いながらも高級感があります。

デザインに関しては人によって好みは分かれるでしょう。しかし多くの人が良いと思えるのはZenfone 3 Maxではないでしょうか。

Zenfone 3 Maxとフリーテル雷神を徹底比較!

ここからは、同じく2017年1月に発売されるフリーテルのSIMフリースマホ・雷神とZenfone 3 MAXのスペックを比較していきましょう。

どちらもバッテリー容量の大きさが自慢のSIMフリースマホです。

※スマホは横にスクロールできます

Zenfone 3 Max 雷神
価格 19800円 29800円
OS Android 6.0 Android 7.0
CPU MediaTek MT6737M(クアッドコア) MediaTek MT6750T(オクタコア)
メモリ 2GB 4GB
ストレージ容量 16GB 64GB
バッテリー容量 4100mAh 5000mAh
サイズ 153.0mm×76.0mm×8.7mm 149.5mm×73.7mm×8.55mm
画面 5.2インチ、HD 5.5インチ、フルHD
重さ 160g 183g
カメラ アウトカメラ1300万画素
インカメラ500万画素
アウトカメラ1600万画素
インカメラ800万画素

公式サイト 楽天モバイル

公式サイト FREETEL

バッテリー容量はZenfone 3 Maxより雷神の方が多い

バッテリー容量はZenfone 3 Maxより雷神の方が豊富です。雷神は5000mAhと、Zenfone Maxと同じバッテリー容量ですね。

それに伴い端末の重量も雷神の方が上なのですが、Zenfone 3 Maxとの差は23gと思いのほか小さいです。

バッテリー容量がとにかく多い方が良いのであれば、雷神の方がおすすめとなるでしょう。

画面解像度は雷神の方が上、サイズも大きい

雷神は画面解像度がフルHDでサイズは5.5インチ、Zenfone 3 Maxは5.2インチのHD液晶です。

画面サイズの大きさは好みが分かれるところですが、解像度を重視するなら雷神の方が良いですね。

ただしスマホの画面サイズだとそこまで見え方に違いはありません。HDでも十分高画質には見えますよ。

CPUも雷神の方がコア数が多く有利

CPUはどちらもMediaTek製です。

コア数が多いのは雷神で、CPU性能についても雷神の方が上と考えられますね。

メモリ、ストレージ容量も雷神の方が上

メモリやストレージ容量も、雷神の方が上回っています。

雷神のメモリは4GBなので、ブラウザでタブを多く開いたり、作業途中で他のアプリを開いたりしても問題ないでしょう。

Zenfone 3 Maxは2GBとメモリ容量が少ないですが、2GBあれば大抵の場合は十分快適には使えますので大きな問題ではないでしょう。

ストレージ容量は16GBと64GBで大きく差がありますね。もちろん64GBの雷神の方が勝っています。

アプリをたくさん入れる、あるいはmicroSDカードではなく本体にデータをたくさん保存しておきたい人には雷神がおすすめになりますね。

価格はZenfone 3 Maxの方が断然安い

ここまで雷神が圧倒的に優れていることを説明していますが、Zenfone 3 Maxが有利なポイントは本体価格です。

Zenfone 3 Maxと雷神には1万円以上の価格差があります。

  • Zenfone 3 Max:19800円
  • 雷神:29800円

これだけ金額が違うのであれば、雷神の性能が高いのは当然と言えますね。

品質面でもZenfone 3 Maxの方が高い

そしてもう一つ、品質面でもどちらかというと雷神よりZenfone 3 Maxの方が信頼できます。

雷神はまだ発売されていませんが、フリーテルのスマホは度々「LINEの通知が受け取れない(REIという端末に起きた例)」などの不具合が発売直後に発表されるため、品質面でちょっと不安があるのが事実です。

つまり、安さと品質こそZenfone 3 Maxを選ぶメリットですね。
予算が3万円あるなら雷神を選べますが、2万円ならZenfone 3 Maxを選ぶと良いでしょう。

雷神については下記記事にまとめていますので参考に。

フリーテル雷神はDSDS搭載で超大容量の高スペック!メリットを徹底解説

スマホを使う上で、以下のような悩みを持っている人はいませんか? 仕事とプライベートでのスマホ2台持ちは持ち運びも充電も面倒だ……。 Androidスマホのストレージ容量が足りない……。 バッテリー容量 ...

公式サイト FREETEL

まとめ

Zenfone 3 Maxはバッテリー容量が大きいことがメリットの端末ですが、よりバッテリー容量を重視するならZenfone Maxや雷神の方が良いでしょう。

バッテリー容量が大きくありつつも安価なのがZenfone 3 Maxの魅力ですね。

バッテリー容量以外の性能は並程度で良いので、スマホの購入費用はとにかく安く抑えたい。そんな方は、Zenfone 3 Maxの購入を検討してみてはどうでしょうか。

4100mAhの大容量バッテリーを搭載しているZenfone 3 Maxは、スマホをあまり使わない人にもバリバリ使う人にも広くおすすめです。









-楽天モバイル, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.