FREETEL LINEモバイル 格安SIMの比較・選び方

LINEやSNSが通信量無料!フリーテルとLINEモバイルはどっちがオススメ?

投稿日:

スマホでSNSばかりやっている人、多いですよね。
LINEやTwitter、Facebook、Instagramなど、スマホを開けば常にこの辺のSNSをウォッチングしているSNS廃人の方は、ぜひSNSカウントフリーの格安SIMを使うべきです。

最近の格安SIMトレンド「カウントフリー」とは、特定アプリの通信量がかからない、つまり使い放題になるサービスです。

  • LINE
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

この4大SNSがカウントフリーになる格安SIMに、 FREETEL LINEモバイル があります。SNSを使い放題にしたい人は、このどちらかのSIMを選びましょう。

そこでこの記事では、フリーテルとLINEモバイルの特徴を比較してみます。どちらにすべきか決められない方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




フリーテルSIMはメッセージアプリやSNSなどが無料通信可能

 

公式サイト FREETEL

フリーテルSIMでは、メッセージアプリや人気SNSアプリにおいて通信量が消費されない(カウントフリー)プランがあります。

注意点は、プランごとに内容が異なっていることです。まずは料金プランをざっくり見ておいて下さい。

フリーテルの料金プラン

使った分だけ安心プラン

▼スマホは横スクロールできます▼

~100MB ~1GB ~3GB ~5GB ~8GB ~10GB ~15GB ~20GB
データSIM 299円 499円 900円 1520円 2140円 2470円 3680円 4870円
音声SIM 999円 1199円 1600円 2220円 2840円 3170円 4380円 5570円

注意点があり、1ヶ月に20GB以上使ってしまうと、翌月まで通信速度が最高200kbpsの低速に速度制限されてしまいます。

定額プラン

▼スマホは横スクロールできます▼

1GB 3GB 5GB 8GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
データSIM 499円 900円 1520円 2140円 2470円 3680円 4870円 6980円 9400円 11800円
音声SIM 1199円 1600円 2220円 2840円 3170円 4380円 5570円 7680円 10100円 12500円

使った分だけ安心プランと同じ通信量なら、料金は変わりません。

SIM + 5分かけ放題 + 端末代がワンセットの「スマートコミコミ」

もう一つ、フリーテルには通常プランに5分かけ放題とスマホ端末代が1セットになった「スマートコミコミ」という契約形式もあります。

そちら詳しくは下記記事を参考に。

フリーテルのスマートコミコミを徹底解説!SIM+かけ放題+端末をセット契約したい人はコレ!

格安SIMに乗り換えるに当たって、考えなければいけないことは色々あります。 例えばSIMフリースマホを購入するかどうか、その端末に保証をつけるかどうか。そして格安SIMのプランはどれを選ぶか、かけ放題 ...

定額3GB以上のプランを契約すればメッセージアプリやSNSアプリが使い放題

フリーテルSIMでは、定額プランで3GB以上の通信量を契約すると

  • LINE
  • WhatsApp
  • WeChat

といったメッセージアプリの通信や、

  • Twitter
  • Facebook
  • Messenger
  • Instagram
  • ポケモンGO

これらの通信がパケット無料になります。つまりいくら使っても通信量が減りません。

これだけのアプリが通信量フリーになるのは定額プランかつ3GBプラン以上のみで、3GB以下や「使っただけ安心プラン」は対象外です。後述しますが、これらのプランはもう少し対象アプリが減ります。

なおポケモンGOについてはGoogleによる通信は普通にカウントされる、9月6日までの期間限定などいくつかの注意点もあります。

また各アプリでは、一部パケット無料対象外のサービスもあります。例えばFacebookだとチェックイン機能は対象外だったり、SNSでの有料コンテンツや外部リンク先のページなどは無料の対象外です。

定額1GBプランや使った分だけ安心プランでも、ポケモンGOとLINEなどはパケット無料

「定額1GBプラン」や「使った分だけ安心プラン」を選択した場合は、

  • ポケモンGO
  • LINE等のメッセージアプリ

についてはパケット無料です。

ただし完全にパケット無料なのではなく、例えばLINEだと無料通話や動画の送信は定額3GB以上のプランと違ってパケットの消費が行われる仕組みです。

TwitterやフェイスブックなどのSNSはカウントフリーにはなりません。

for iPhoneではApp Storeの通信が無料に

フリーテルSIMには、for iPhoneというiPhone専用のプランもあります。

こちらを選択しておくと、App Storeにおけるアプリダウンロード時の通信が無料になります。iPhoneでフリーテルSIMを使うなら、必ずfor iPhoneを選びましょう。

LINE以外のメッセージアプリはそれほどメジャーではないのが難点

フリーテルSIMのこういったSNS・メッセージアプリにおいて通信量を消費しないサービスはなかなか魅力的ですが、一つ微妙なところがあります。

それはLINE以外の、WhatsAppやWeChatというアプリはそれほど日本で使われていないことです。なぜこれらのアプリが通信量無料になったのか気になります。

もっともそれ以外のアプリは日本においても広く使われているので問題ないですが、どうせならばもっと他の、例えばSkypeやハングアウト、FaceTimeなどが通信量無料になってくれれば嬉しかったと思ってしまう次第ですね……。

LINEモバイルではLINEと各種SNSがカウントフリー

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

LINEモバイルでは、フリーテルSIMと同様にLINEと各種SNSの通信量がカウントされない「カウントフリー」というシステムを採用しています。

プランタイプはシンプルに2つのみ。

LINEフリープランではLINEのみがカウントフリー

通信量が1GBのみのLINEフリープランでは、LINEのみがカウントフリーです。

月額料金
データSIM 500円
SMS対応SIM 620円
音声SIM 1200円

通信量がたった1GBしかないものの、LINEのトークや動画の送受信、音声通話などが無料で行えるため、ほとんどLINEしか使わないのであればLINEフリープランを選ぶと良いでしょう。

ただし、メインスマホに使う場合はどんなにスマホ使わない人でも1GBは超える可能性もあると思うので、基本的には次に紹介するコミュニケーションフリープランがおすすめです。

コミュニケーションフリープランではTwitterなど各種SNSもカウントフリー

主流はこちら。コミュニケーションフリープランは3、5、7、10GBのプランです。

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

こちらではLINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーになります。

通信量もそれなりのバリエーションから選べるので、基本的にはこちらコミュニケーションフリープランから選んだ方がオススメです。

SNSが通信量無料になれば月の通信量をかなり節約できる人も多いと思うので、今までより少なめのGB数でいけることも多いですよ。

ポケモンGOやMessengerはカウントフリー対象外

LINEモバイルの弱点は、ポケモンGOやMessenger、App Storeがカウントフリーにならないことですね。

付け加えると、あまり使う人はいないと思いますがWhatsAppやWeChatもカウントフリーではありません。

MessengerはFacebook利用者向けのメッセージアプリなので、使っている人も多いでしょう。できればこちらにも対応して欲しかったところです。

またApp Storeも、iPhoneユーザーなら通信量が無料になってくれればありがたかったですよね。

フリーテルSIMとLINEモバイル、SNS目当てならどっちがおすすめ?

フリーテルSIMとLINEモバイルはどちらも「カウントフリー」に相当するサービスが提供されており、SNS利用が多い人にはおすすめの格安SIMです。

どちらか選択するにあたり重要となるのは、カウントフリー対象のアプリをどれくらい使うかです。

LINEをそこそこ使うけれど、他のメッセージアプリ、とくにLINEモバイルでは対象外のMessengerやWhatsApp、WeChatもよく使う人や、iPhoneユーザーでApp Storeを活用している方は、フリーテルSIMがオススメです。

要約すると、フリーテルSIMでしかカウントフリーにならないアプリを使うならフリーテルSIM、そうでなければLINEモバイルを選んでおくと良いでしょう。

公式サイト FREETEL

公式サイト LINEモバイル

ちなみにこの他、フリーテルSIMは低速通信への切り替えが可能で、LINEモバイルでは不可能という違いもあります。

しかし、フリーテルSIMの低速通信にはDMMモバイルなどで採用されている「バースト機能」がなく非常に速度が遅いため、あまり使いどころがありません。この点についてはどちらか検討するうえでも考慮しなくて良いでしょう。

※「バースト機能」……低速時でも、最初の一定量のみ高速通信が可能になる機能。

まとめ

フリーテルSIMとLINEモバイルは、特定アプリの通信量がカウントされない「カウントフリー」の機能を備えているのが特徴です。

フリーテルSIMは、LINEモバイルよりも多くのアプリがカウントフリーです。ポケモンGOやMessenger、App Storeをよく利用する人は、フリーテルSIMの契約をおすすめします。

公式サイト FREETEL

公式サイト LINEモバイル

 









-FREETEL, LINEモバイル, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.