LINEモバイル

評判上々!SNS使い放題LINEモバイルの魅力は?速度が速いのは今だけ?

更新日:

スマホでよく使うアプリと言えば何を思い浮かべますか? 今や若い人から年配の方まで、幅広い年齢層で最も名前が挙がるのがLINEですよね。

中には、スマホではほとんどLINEしか使わないので、LINEさえ使えればOKと言う人もいると思います。

その他、LINE以外に人気があるアプリはTwitterやFacebook、InstagramといったSNS。これらも多くの人にとって、スマホの中心を占めるアプリです。

そしてそんな方におすすめなのが、新たに誕生した「LINEモバイル」です。

月額500円から使えるLINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムの4大SNSの通信量がカウントされない「カウントフリー」のサービスを提供しています。

つまり、人気SNSが使い放題になるわけで、それだけでLINEモバイル一択の人は多いはず。さらにLINEモバイルは、docomo回線の格安SIMでありながら高速であることも人気に拍車をかけています。

この記事では、2016年新たに誕生したLINEモバイルの魅力に迫ります。スマホ生活においてSNS利用率の高い人は特に必見ですよ!

公式サイト LINEモバイル

LINEモバイルは、LINE/Twitter/Facebook/インスタグラムが使い放題!

LINEモバイルは、docomo回線を使用した格安SIMです。docomo端末やSIMフリー端末で使用することができます。

ざっくりとした特徴で言うと、月額料金はDMM mobileやIIJmioなどに比べて少しだけ高く、通信量の消費を防げる低速モードもないものの、代わりに「SNSアプリの通信量がかからない=使い放題」のカウントフリーという非常に使い勝手の良いサービスをウリとしています。

LINEモバイルには「LINEフリープラン」と「コミュニケーションプラン」の2種類のプランがあります。プラン数が少なくて非常にシンプルですね。

それぞれのプランをチェックしてみましょう。

LINEフリープランは、LINEのみがカウントフリー

lineモバイル LINEフリープラン

スマホと言えばLINE。LINEさえ使えればOKという人におすすめなのが、LINEフリープランです。

通信量は1GBと少ないので、LINEで連絡が取れれば他はいらないくらいの人にぴったりです。

月額料金
データSIM 500円
SMS対応SIM 620円
音声SIM 1200円

LINEフリープランでは、そのSIMを使ってLINEアプリでの通信を行った際に発生する通信量がカウントされません。

簡単に言うとLINEが使い放題ということです。これがカウントフリーという機能ですね。

LINEフリープランではカウントフリーはLINEのみです。Twitter、Facebook、インスタグラムは対象外なのでご注意を。

LINEでの音声通話やメッセージ(スタンプや画像、動画も含む)のやりとり、タイムライン機能や設定関連の通信がいずれもカウントされなくなります。

ただしLINEから外部リンクで他のサイトに移動したり、LINEが提供する他のアプリを使ったりする場合には通信量がカウントされるので、こちらも注意しましょう。

ちなみにLINEモバイルのLINEフリープランでは、通信量を使い切って低速になってしまっているときでも、LINEだけは高速通信を利用できます。

カウントフリーにならないもの

  • 外部リンクへの通信接続
  • 有料スタンプなど有料コンテンツ
  • LINE Musicなど他アプリ
  • ライブストリーミング動画

コミュニケーションフリープランは、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリー

LINEモバイル コミュニケーションプラン

もう一つの「コミュニケーションフリープラン」では、LINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリー=使い放題になります。

もちろん低速通信時にも、これらとLINEは高速通信が可能です。

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

※コミュニケーションフリープランではデータSIMを選べません。

スタンダードに人気なのはコミュニケーションプランですね。通信量も3GB〜10GBまで幅広く選ぶことができます。

料金的には最安水準ではありませんが、カウントフリー機能を考慮すれば妥当なところです。

LINEは誰しも使うとして、FacebookやTwitter、そして最近流行りのインスタグラムに中毒になっている人はコミュニケーションプラン一択ですね。

LINEモバイルは"今のところは"通信速度がとても速い

スピード 速度

2016年12月時点で、LINEモバイルは通信速度が非常に速い状態が維持されていることで人気に拍車をかけています。

ただし、速度が速い原因は「サービス開始直後だから」という理由の可能性が高いです。まだ開始直後でユーザー数が少ないので回線がガラ空き状態というわけですね。

一般的にdocomo回線の格安SIMの通信速度は、サービス開始直後こそ速くても、ユーザーの増加に伴って徐々に速度が落ちていき、最終的にどのMVNOも似たような速度しか出なくなってしまうものです。

ただLINEモバイルは、現在も急激にユーザー数を伸ばしているにも関わらず、未だに速度が落ちる口コミは見えてきません。さすが大手IT企業LINEが運営しているだけあります。

今でこそキャリアにも劣らない高速通信ができるLINEモバイルですが、本当のポテンシャルがわかるのはさらにユーザーが増加した時の通信速度の推移を見たときです。

もしかすると今後、緩やかに速度下落してくる可能性もあるので、LINEモバイルに乗り換えたい人はユーザーの少ない今がチャンスですね。

1日1GB以上使うとカウントフリーに速度制限がかかる!?

通信速度も早く、各種SNSがカウントフリーであるLINEモバイル。しかしネットの口コミによれば、1日に1GB以上SNSを使いまくると、カウントフリーであっても速度制限がかかるという報告が見られます。

使い放題を謳いつつ速度制限がかかるのは悔しいですが、致し方ありません。

LINEモバイルはアプリの年齢認証やデータSIMでの登録も可能

LINEモバイル

LINEモバイルは、他の格安SIMではできないLINEアプリの年齢認証や、データSIMを使った登録ができます。

年齢認証をするとID検索ができるようになります(18歳以上)。友だちの追加が気軽にできるのは、大きなメリットですね。

データSIMでの登録ができるのも、非常に便利です。LINEのアプリを使っての通話しかしないなら、データSIMの方が月額料金は安上がりです。

申し込みはネットのみ。クレジットカード契約が必須

クレジットカード

2016年時点では、LINEモバイルを契約するにはネット公式サイトからアカウントを作成して申し込む必要があります。

また、現時点で支払いはクレジットカードのみ。これは要注意です。

LINEモバイルは学生ユーザーにも非常に人気ですが、クレジットカードをまだ持っていない人は契約できません。カードにこだわりがなければ、審査が非常に優しくすぐ作れる 楽天カード を作っておきましょう。

追加チャージ料や追加オプションは?

追加チャージは100MB=100円

LINEモバイルの追加チャージは3種類の料金体系です。

  1. 0.5GB:500円
  2. 1GB:1000円
  3. 3GB:3000円

レートで言えば100MB=100円ですね。

3GBといった大容量チャージもできますが、余った容量分は翌月に繰り越し可能なので安心です。あえて月額プランは少ない容量にしておいて、追加チャージで足りない分を都度補うスタイルでもいいですね。

追加オプション

  • 留守番電話:月額300円
  • 割込通話:月額200円
  • 転送電話/国際電話/国際ローミング:サービス無料(通話料はかかります)

オプションは万人向けのごくごくシンプルなものに限られています。

玄人向けの細かいサービスや仕様は一切切り捨て、シンプルイズベストを貫いているLINEらしいですね。

まとめ

2016年に新たに誕生したLINEモバイル。人気SNSのカウントフリーという大きな武器が評判を集め、急激にユーザー数を増やしています。

LINEや各種SNSに特化しているため、基本的にはこれらを活用している人向けの格安SIMですが、(ひとまず現段階では)通信速度がとても速いため、イチ格安SIMとしてもおすすめできます。

ただし、速度に関しては今後ユーザー数がピークに達した時にどう推移するかは未知数なので、速度だけが目当てで契約するのは早計かもしれません。






-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.