UQ-mobile 端末・新機種

【スペック比較】AQUOS Lはおサイフケータイ防水対応!arrows M03とどっちが良いの?

更新日:

おサイフケータイや防水が搭載された機種はアウトドア派の人に人気がありますが、意外とこれらが搭載されているSIMフリースマホは多くありません。

今までは「arrowsM03」や「arrowsM02」「Xperia J1 Compact」「SH-M03」「SH-M02」といったラインナップでした。

最新機種でいうと、コスパが高く評判の良いarrows M03か。スペックの高いSH-M03の2台でしたが、

今回新たに、UQ mobileからおサイフケータイ/防水対応の「AQUOS L」が登場しました。

AQUOS LはUQ mobile専売なので、最安値のMVNOを探す必要はありません。

執筆時点で価格がまだ公開されていませんが、おサイフや防水防塵に対応しているAQUOS Lは、スペック的にarrows M03に並ぶ存在となるでしょう。

※端末価格は一括購入で34900円と公式発表されました!後述にて詳しく語ります。

この記事ではAQUOS Lの特徴やスペックを解説し、arrows M03との比較も見ていきたいと思います。

公式サイト▶︎▶︎ UQモバイル

スポンサーリンク

おサイフや防水が使える貴重なスマホAQUOS L

AQUOS L UQモバイル

 

最大のウリは「おサイフケータイ」と「防水対応」です。先に述べた通り、この2つを搭載するSIMフリースマホはそう多くありません。

おサイフケータイはこんなに便利

改札 おサイフ

おサイフ機能があると、スマホのみで(Suicaを使って)駅の改札を通ったり買い物をしたりすることができます。

それだけでなく、nanacoやWAON、楽天edyのような電子マネーを使って買い物をしたり、pontaやヨドバシカメラのゴールドポイントカードのような会員証機能をスマホに取り入れたりすることができます。

簡単に言えば、財布に入れているクレジットカードや電子マネーをスマホに入れて使えるということです。

あらゆる会計をスマホで済ませられるので楽ですし、カードを持たなくて良いので財布もスリムになります。というより、場合によっては財布すら持ち歩かなくて良くなります。

なぜおサイフ対応機種が少ない?

おサイフケータイは日本独自の規格を使った機能であるため、日本のスマホにしか採用されないことがほとんど。SIMフリースマホは海外製品が主流なので、おサイフを使えるSIMフリースマホは多くありません。

iPhone7を除けば富士通とシャープが、主なおサイフ対応SIMフリースマホを販売する会社です。iPhoneは日本で爆発的な人気があるため、AppleがiPhone7よりおサイフ(Apple Pay)を対応してくれました。

防水・防塵にも対応

スマホ 防水 

防水防塵対応なので、海や山や川に持っていても心配無用です。

おサイフケータイを使えばスマホで買い物もできるので、アウトドアの際にはスマホ1台持って入ればOKという身軽さがアウドドア派の人に人気です。

あとは、入浴中にスマホをいじりたい人にもおすすめですね。湯船に使ってリラックスしながら動画を見たりネットサーフィンしたり楽しめますよ。

AQUOS Lの色は3種類。エモパー機能が使えるのも楽しい

aquos-l-uq

AQUOS Lはブルー、ホワイト、ピンクの3色で展開されています。スマホに多いブラックがないのが印象的ですね。※カラーは背面のカラー。表面は全色同じブラックです。

そして「エモパー」が使えることが、AQUOS Lの特徴です。
エモパーとは、iPhoneのSiriのように話しかけることで使用する機能です。

アラームを設定できたり、歩数や予定の確認ができたり、さらには過去に記憶させたデータをもとにして天気などを知らせてくれることもあります。

ついでに言うと、バッテリー容量が2700mAhと多めでバッテリー持ちが良いこともAQUOS Lの魅力ですよ。

AQUOS Lとarrows M03をスペックで比較!

aquos-l-uq

AQUOS L

http://www.uqwimax.jp/products/mobile/sp/arrows_m03/

arrows M03

おサイフケータイ&防水対応で、スペック的にも近いのがarrows M03です。

どちらもUQモバイルで販売されていて迷う人もいるはずなので、サクッと両機種を比較してみます。

AQUOS L arrows M03
CPU Snapdragon 430 Snapdragon 410
メモリ 2GB 2GB
ストレージ容量 16GB 16GB
バッテリー容量 2700mAh 2580mAh
サイズ 143mm×71mm×8.3mm 145mm×72mm×7.8mm
重さ 137g 141g
OS Android 6.0 Android 6.0
メインカメラ 1310万画素 1310万画素

いかがでしょうか。かなり近いですよね。

機能的にも、arrows M03にエモパーはないもののおサイフと防水防塵機能を搭載しています。

CPUはarrows M03よりAQUOS Lの方が僅かにですが性能が高くなっています。と言ってもどちらも性能は低めのCPUなので、3Dゲームのようなハイスペックが要求されるプレイには向いていません。

CPUを除けば、ほとんど違いはありませんね。
arrows M03の方がバッテリー容量は少ないものの、arrows M03もバッテリー性能がよく3日間バッテリーが持つことがうりになっている端末です。

arrows M03とAQUOS L、結局どちらを買うべき?

似たようなスペックのarrows M03とAQUOS L。スペックは似たり寄ったりなので、選ぶ決め手となるのは端末デザインではないでしょうか。

arrows M03は手触りがリッチ

arrows M03はメタルフレームが採用されていて、手触りがよく高級感がある端末です。

http://www.uqwimax.jp/products/mobile/sp/arrows_m03/

http://www.uqwimax.jp/products/mobile/sp/arrows_m03/

AQUOS Lはシンプルなデザイン

aquos-l-uq

一方のAQUOS Lは、端末デザイン自体はラウンド型でしっかりしているものの、とくにメタル製とはされていません。デザインはiPhone系でシンプルです。

プチ高級感を求めるならば、arrows M03の方が一枚上手です。シンプルなデザインが好みであればAQUOS Lがおすすめですね。

UQ mobileにおけるAQUOS Lの価格と初期費用

UQモバイル

UQ mobileにおいて、AQUOS Lの端末価格は34900円です。

SIMとセット購入する時には2通りの方法があり、

  • 34900円を一括で払ってしまう方法
  • 「端末アシスト」というサービスを使って端末代の初期費用を100円まで抑え、その代わり端末アシスト料を毎月1450円(24ヶ月間)支払う方法

を選べます。

【一括パターンの初期費用】SIMパッケージ代3000円 + 端末代34900円

AQUOS L UQモバイル 一括

 

端末代を最初に払ってしまえば、月額料金はプランの料金だけなのでシンプルですね。

初期費用はSIMパッケージ代3000円と、AQUOS L代の34900円です。

【端末アシスト利用の初期費用】SIMパッケージ料金3000円+端末代7800円

AQUOS L UQモバイル 端末アシスト

 

端末アシストを使うと、初期費用の端末代が34900円→100円まで抑えることができますが、その代わり利用開始から24ヶ月間、毎月アシスト加算料1450円がかかってきます。

24ヶ月 × 1450円=34800円なので、初期費用100円と合わせると34900円となりトータル金額は一括支払いと変わりませんが、端末アシストは途中で契約解除すると解除料が最大50400円かかりますので注意が必要です。

つまり、24ヶ月は絶対に契約から抜けられないということですね。

この点を踏まえて、最初に一括で支払ってしまうか、端末アシストで初期費用を少しでも和らげるか検討してみましょう。

「マンスリー割」ってなに?

マンスリー割とは、割引対象機種の購入と同時にぴったりプランあるいはたっぷりプランに申し込んだ場合に適用される割引で、24ヶ月間に渡り基本料金を上限として割引がされます。

AQUOS Lはマンスリー割引対象機種なので、ぴったりプランかたっぷりプランに申し込んだ場合に限り、24ヶ月間はぴったりプランで毎月650円割引、たっぷりプランで毎月1150円割引になります。これはかなり大きいですね。

まとめ

AQUOS Lはおサイフケータイや防水に対応しているため、キャリアから乗り換えて使うメイン端末としても魅力的なSIMフリースマホです。

スペックはそこまで高くありませんが、要ハイスペックなゲームをたくさんプレイわけでなければ、普通に使う分には問題ありません。

もちろんテザリングにも対応しており、モバイルルーターとしても使用可能です。

今回紹介したAQUOS Lとarrows M03は、どちらもUQモバイルで購入できるので、おサイフ&防水スマホが欲しい人はぜひチェックしておきましょう。






-UQ-mobile, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.