SoftBank Air Y!mobile 光回線

Yモバイルに光おトク割!softbank光/Airセットで月額500円割引に

更新日:

格安SIMだけでは、なかなか自宅のパソコンやゲーム機などの通信まで全てまかなうことができませんよね。格安SIMと合わせて、自宅用に固定回線やPocket WiFiの契約をしている人が多いと思います。

そんな人たちに向けて、格安SIMを発行しているMVNO各社では、光回線とのセット契約で月額料金が割引になるキャンペーンが行われています。

そして、人気筆頭のY!mobileでもついに、「光おトク割」という割引キャンペーンが始まりました

ワイモバイル 光おトク割

家族でY!mobileを利用するなら最大5200円、一人暮らしでも500円の割引が適用されるのでおトクですよ。

下記に、光おトク割の詳しい内容を解説していきます。

公式サイト▶︎▶︎Y!mobileオンライン公式サイト

スポンサーリンク

光おトク割の割引額は、契約内容で大きく変わる

ワイモバイル 光おトク割

Y!mobileのキャンペーン詳細サイトでは最大5200円引きとされている光おトク割ですが、これはあくまで「最大」の数字。

割引額は3つの条件によって変動します。

  1. 集合住宅か戸健住宅
  2. SoftBank光かSoftBank Air
  3. 契約しているY!mobileの回線数

この3つの条件によって、割引額が決まります。

ちょっと割引パターンが多いので全パターンを表で見てみましょう▼▼

固定回線/住宅 Y!mobile契約数 割引額
SoftBank光/戸建住宅 1回線  500円
2回線 1000円
3回線 1500円
4回線以上 5200円
SoftBank光/戸建住宅(ファミリーライト)  1回線 500円
 2回線 1000円
 3回線 1500円
 4回線以上 2000円
SoftBank光/集合住宅  1回線 500円
 2回線 1000円
 3回線 3800円
 4回線以上 3800円
SoftBank Air  1回線 500円
 2回線 1000円
 3回線 3800円
 4回線以上 3800円

参考Y!mobileオンライン公式サイト

表の通り、MAX5200円引きになるのは戸建住宅で光回線を契約、さらにY!mobileを4回線以上契約している場合に限られます。

家族全員がY!mobileを契約していて、なおかつマンション等でない一軒家に住んでいれば、5200円の割引になるということですね。

1人暮らしでSoftBank光やSoftBank Airに加えて1回線Y!mobileを契約しているなら、割引額は500円になります。

他社の光セット割と比較。複数回線持ちならY!mobileがお得に

IIJmio 光

OCN光

他者のセット割と比較してみましょう。
人気どころのMVNOで光セット割を行なっているのは「IIJmio」と「OCN モバイル ONE」です。

IIJmioひかりとIIJmioをセット契約すると割引額は600円。しかし何回線も契約したとしても、割引額は変わりません。

OCNモバイルONEをOCN光とセット契約すると1回線につき毎月200円。最大は5回線で1000円割引になります。

最大5200円割引のY!mobileと比較する割引が安く感じますが、それもそのはずで元々の月額料金がY!mobileとOCN・IIJmioでは雲泥の差があります。

例えばOCNモバイルONEは元プランの月額料金が安いため、たった200円でも十分な割引額になるわけです。

Y!mobileは回線の組み合わせで多額の割引が可能ですが、その分もとのプラン月額料金が圧倒的に高いです。

実際に、Y!mobileとIIJmioで3GBプランを契約するとして比較してみましょう。

格安SIM名 Y!mobile(3GB) IIJmio(3GB)
プラン月額料金 3980円 1600円
固定回線の月額料金(集合住宅) 3800円 3960円
割引適用後の合計月額料金(1回線) 7280円 5060円
割引適用後の合計月額料金(4回線) 15920円 9860円

回線が増えるごとに割引額は圧倒的にY!mobileがお得ですが、何にせよ実際のトータル料金ではIIJmioの方が安上がりです。

ただ、Y!mobileは他社と比べて通信速度もサービスの品質も圧倒的に高いので、月額は高くて当たり前ですね。

SoftBank光とSoftBank Air、セット契約するならどっち?

SoftBank光とSoftBank Airが、「光おトク割」の対象になる光回線サービスです。

Softbank光とは?

SoftBank光はいわゆる普通の固定回線ですね。

ワイモバイル ソフトバンク光

戸建住宅なら月額5200円か、二段階定額の「ファミリーライト」なら3900円〜5600円になります。集合住宅なら3,800円ですね。

詳細SoftBank光公式

Softbank Air

SoftBank Airは大きなモバイルルーター型の機器(Airターミナル)を設置するもので、設置といっても工事不要であり、箱から出して電源を入れればOKという簡単さが魅力です。

ワイモバイル ソフトバンクAir

Airターミナルを分割購入するかレンタルするかで、トータルの月額料金は変わってきます。

分割購入したほうが料金は安くなり、端末代金分の割引きも毎月適用されます。

しかし、購入の場合は3年かけて端末代金を支払うことになるため、最低でも3年は契約しなければいけません。

2年で解約する可能性があるなら、端末をレンタルにしたほうが良いでしょう。

詳細SoftBank Air公式

SoftBank光とSoftBank Airを比較

SoftBank光を集合住宅の料金プランで契約した場合は、SoftBank Airよりも料金が安上がり。

しかしSoftBank光の戸建住宅とSoftBank Airでは、SoftBank Airの方が安くなります。

SoftBank光

(戸建住宅)

SoftBank光

(集合住宅)

SoftBank Air

(Airターミナル分割購入)

SoftBank Air

(Airターミナルレンタル)

5200円 3800円 4680円 5170円

個人的にはSoftBank光の方を推しますね。

SoftBank Airは上記のように契約や料金の仕組みがやや複雑ですし、通信速度もSoftBank光は1Gbpsでるのに対し、SoftBank Airは下り最大261Mbpsにとどまっています。

逆にSoftBank Airを選ぶメリットとしては、工事不要という点でしょう。箱から出して電源ONで終了なので、工事日程を決めたり配線をわちゃわちゃする手間がありません。

この手間が面倒だしよく分からない人であれば、それだけでSoftBank Airを選んでOKです。

配線や工事がとくに面倒でなければ、集合住宅の場合も戸建住宅の場合も、セット契約するならSoftBank光を選んだほうが良いかと思います。

まとめ

Y!mobileとSoftBank光やSoftBank Airをセットで契約すると、月額料金は大幅に安くなります。すでにY!mobileを契約中の人や、これから契約を視野に入れている人は要チェックしておきましょう。

Y!mobileはもとの月額プランが(格安SIMに比べると)高いですが、その分、通信速度やサービスの質も格安SIMより圧倒的に高いです。

格安SIMより質が高く、キャリアより安い。 

一言でいえばそれがY!mobileです。

現在キャリアの人で、通信速度や通話面など使い心地はなるべく落とさず、それでいて月額はキャリアより安くしたい……という人にY!mobileはピッタリですよ。






-SoftBank Air, Y!mobile, 光回線

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.