格安SIMの比較・選び方

シェアプラン比較!格安SIMを最も安く複数枚発行できるMVNOは?

更新日:

シェアプランとは、定められた通信量を複数人で共有するプランのことです。キャリアで家族用にシェアプランを利用している方も多いでしょう。

キャリアの場合はこれにより通信量が一つにまとまり、子回線を使う人はカケホーダイの料金1700~2700円とネット接続料300円、そしてシェアプランの利用料金数百円を支払うことになります。

家族でシェアプランを使うメリットは一人一人が別々に契約するよりも月額料金を安く済ませることと、各自の支払いを1本にまとめることができる点でしょう。その意味で、シェアプランは家族での利用に最も適しています。

しかし、シェアプランの使い道は家族だけでなく、例えば一人でスマホとタブレットを使い分けたい場合にもシェアプランは有効に使えます。実際にタブレットやノートパソコンに格安SIMを使っている人は大勢いますよね。

そこでこの記事では、格安SIMにおけるシェアプランを月額料金や枚数で比較していきたいと思います。料金と使用できる枚数は、シェアプランを使っていくうえでとても重要です。

シェアプランで複数枚SIMの運用を検討している方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク




月額で比較!シェアSIMの月額料金が安い格安SIMは?

1枚ずつ追加できるMVNO

まずは、シェアSIMを使える格安SIMを月額料金で比較してみたいと思います。

以下の表は、シェアSIM1枚追加ごとの月額料金をまとめたものです。

格安SIM名 データSIM SMS SIM 音声SIM
IIJmio(3GB、6GB) 400円 540円 1100円
OCN モバイル ONE 450円 570円 1150円
BIGLOBE SIM(ライトSプラン、12ギガプラン) 200円 320円 900円

こちらが、それぞれの格安SIMでシェアSIM1枚を追加する場合の月額料金です。1枚ごとの月額料金が特に安いのは、BIGLOBE SIMですね。

ただし、BIGLOBE SIMはライトSプラン(6GB)か12ギガプラン(12GB)でしかシェアSIMを追加できないのが難点ですね。基本は家族向けのサービスなので仕方ありません。

そのため家族での利用ならば問題ありませんが、1人でタブレット用にシェアSIMを追加したい場合にはあまりおすすめできないケースもあります。大容量使う人なら問題ないですけどね。

3枚セットのMVNO

そして、3枚単位で月額料金が設定されている格安SIMもあります。それらは以下の通りです。

DMM mobileとエキサイトモバイルは1枚ごとの月額料金が決まっておらず、通信量単位で3枚セットの月額料金が設定されています。

Y!mobileの場合は、シェアSIMの月額料金が設定されています。1枚から3枚まで何枚のシェアSIMを追加しても月額料金は変わりません

プラン名 月額料金
スマホプランS(1GB) 980円
スマホプランM(3GB) 490円
スマホプランL(7GB) 0円

スマホプランLを選べば、3枚のシェアSIMを追加できるうえに月額料金は0円。月額料金そのものでいえばこれが最安になります。

しかし、スマホプランLは月額5980円のプランです。元々の月額料金が格安SIM相場に比べて高額であるため、最安としてはおすすめしにくいですね。

公式サイトY!mobile

 

枚数で比較!SIMカードを使用できる枚数が多い格安SIMは?

SIM

続いて、シェアSIMを使用できる枚数で比較していきたいと思います。

メイン回線込みでの最大枚数を、以下の表にまとめました。

格安SIM名 SIMカードの最大枚数
IIJmio(ファミリーシェアプラン) 10枚
BIGLOBE SIM(12ギガプラン) 5枚
OCNモバイルONE 5枚
DMM mobile 3枚
エキサイトモバイル 3枚
Y!mobile 3枚

枚数が最大なのは、IIJmioのファミリーシェアプランですね。

これは10GBのプランなのですが、合計10枚のSIMカードを使用することができます。

3枚目(データ通信用のシェアSIM2枚の追加)までは基本料金に含まれているので、10枚使用する場合は7枚分の月額料金が必要です。

もし10人全て音声通話プランなら、

1100×7(音声通話7人分)+700×2(無料のシェアSIM2枚に音声通話機能を追加)

9100円

これにファミリーシェアプランの音声通話プラン(月額料金3260円)を追加して、総合計は月額12360円になります。

おそらく10人で使用する人なんてそういないと思われますが、一人あたり1236円で1GB使えると考えると妥当な金額ですね。

5人家族なら、3260+700×2+1100×2=6860円。10GBなので、5人でそれぞれ2GB使用できます。月額料金は一人あたり1372円ですので、こちらも妥当な金額と言えるでしょう。

なお、3GBのミニマムスタートプランや6GBのライトスタートプランではシェアSIMは1枚しか追加できませんので、ご注意ください。

 

圧倒的な使用可能枚数のIIJmioを除くと、BIGLOBE SIMとOCNモバイルONEがそれぞれ最大4枚使用可能です。

ただしBIGLOBE SIMでは12ギガプランでのみ4枚追加することができ、6GBのライトSプランでは最大2枚の追加に限られます。

OCN モバイル ONEでは、とくにプランの制限がありません。3GB/月コースや110MB/日コースであっても、4枚まで追加可能です。

 

DMMモバイル エキサイトモバイルY!mobileは、3枚単位となっているのが個人利用にも家族での利用にもちょっと使いどころが難しい印象がありますね。

スマホとタブレットで利用するなら2枚あれば十分ですし、4人以上の家族の場合は1人以上あぶれることになってしまいます。3枚をうまく使いこなせる場合に検討したい選択肢でしょう。

【総評】シェアプランの利用におすすめの格安SIMベスト3!

第1位:IIJmio

IIJmio データシェア

何よりも使える枚数が多く、さらに3GBのミニマムスタートプランであってもシェアSIMを利用できることがIIJmioの魅力です。

シェアSIMの月額料金自体も手頃で、別に格安SIMを契約するよりも良いでしょう。

公式サイトIIJmio

第2位:BIGLOBE SIM

BIGLOBE

BIGLOBE SIMは、家族での利用におすすめです。

12ギガプランを5人でメイン回線として音声通話SIMで使用した場合、月額3400円にシェアSIM4枚で900×4=3600円を加えて合計7000円になります。

一人あたり2.4GB使えますので、これはなかなか便利ですよね。

公式サイトBIGLOBE SIM

第3位:OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのメリットは、どのコースを選んでもシェアSIMを使えることです。

ただしその代わりにシェアSIMの月額料金はあまり安くありませんし、110MB/日コースや3GBコースを5人で使うのは無理があります。使い方が難しいので、今回は3位に選びました。

公式サイトOCN モバイル ONE

まとめ

シェアプランが使える格安SIMは限られていますが、その中でも枚数が最も多いのは10枚SIMカードを使えるIIJmioです。10枚も使えたら、SIMの利用用途は無限に広がりますよね。

そしてIIJmioは、1人でも家族単位でもシェアSIMを活用できるのが魅力です。家族みんなで分け合いつつ、愛用のタブレットやノートパソコンにだって使えます。なにせ10枚も発行できるのですからね。

シェアSIMを使って月額料金を抑えたいと考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイトIIJmio









-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.