iPhone8/X特集

SIMフリーiPhone7と格安SIMでのLINEアカウント引き継ぎ方法と注意点

更新日:

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

iPhone 7は、キャリアでの販売だけでなく「SIMフリーモデル」も販売されており、AppleStoreで購入することができます。格安SIMでiPhone7を使いたい人はSIMフリーを購入する予定の人も多いと思います。

無事にiPhone7を手にしたらアプリなど環境を整えると思いますが、今やほとんどの人が欠かせないアプリが「LINE」です。

LINEを今まで通りに使うにはアカウントの引き継ぎなどちょっとした手間が要るので、今回はその辺りをサクッと解説していきます。

スポンサーリンク




別のスマホからiPhone 7にLINEアカウントを移すまでの手順!

携帯

今までiPhoneやAndroid端末でLINEを使ってきた場合、iPhone7にアカウントを移す際はあらかじめ設定をしておく必要があります。

LINEの設定項目には、アカウント引き継ぎ設定という項目があります。ここで引き継ぎを行う設定にしてから、引き継ぎを行います。

もしも引き継ぎ設定をせずに端末を処分してしまうと、あとから認証コードを使っての手続きが必要になるため注意しましょう。

アカウント引き継ぎをオンにしたら、iPhone 7にLINEのアプリを入れて起動し、ログインをして引き継ぎを行います。途中でSMSを受信する必要があるので、格安SIMを音声通話プランで契約している場合はその電話番号を入力しましょう。

もし、格安SIMをデータSIMで契約していてSMSを受信できない場合は、そのままでは設定ができません。(ガラケーが別にあり、音声通話SIMを契約しているのであれば、ガラケーを使ってSMSを受信することができます)

SMSを受信できる環境がない場合は、基本的にはLINEの登録ができません。

ただし、今までFacebookのアカウントを使ってログイン(Facebookとの連携)をしていた場合は、Facebookのアカウントを使えば登録を続行できますのでご安心を

認証を終えれば、今まで使ってきたLINEアカウントを使って、今まで通りにLINEを行うことができます。友だち情報などもデータはそのまま残っています。

iPhone 7にAndroidからアカウントを引き継ぐときの注意点

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

iPhoneとAndroid間でアカウントを移行する場合は、一部のデータは引き継げません。

トーク履歴

通知音の設定

トークの背景に画像

LINE電話のクレジット

LINEコインの残高

LINE関連のゲームのクレジット

これらのデータは引き継げませんので、注意しましょう。

LINEポイントは引き継げます。

格安SIMでLINEを使う時の注意点は?

壁紙5 子供

LINEを使う場合、格安SIMではできないことがあります。それは、ID検索です。

LINEでは、未成年はID検索で友達を登録することができません。大人の場合はキャリアの契約を使うことで、この制限を解除することができます。

格安SIMはキャリアの回線を借りて運営していますが、年齢認証はできません

ただし、例外が二つあります。

ソフトバンク系列のY!mobileなら年齢認証できる

ワイモバイル

一つ目の例外は、Y!mobileです。Y!mobileの場合は問題なく年齢認証を行うことができます。

ソフトバンク直属の格安SIMである関係もあってか、Y!mobileでは年齢認証が可能です。考えてみれば、Y!mobileはスマホを自社で販売していますし、年齢認証ができて当たり前ではあります。

Y!mobileは格安SIMと言うよりは「安いキャリア」に近いSIMブランドなので、他の格安SIMに比べてやや高いですが、通信速度やスペックでは格安SIMより頭一つ抜けています。

LINEを含め、キャリアスマホ時代となるべく同じように使いつつスマホ代を抑えたい場合は、Y!mobileがおすすめですね。

>>Y!mobileオンライン公式サイト

LINEモバイルなら当然年齢認証OK

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

二つ目は、LINEモバイルを契約することです。

LINEモバイルはLINEの格安SIMであり、こちらはデータSIMでも問題なく年齢認証ができます。

他の格安SIMはどうすれば?

他の格安SIMを使っている場合は、年齢認証ができません。しかし、対応策はあります。

LINEはID検索以外に、QRコードを発行して相手に読み込んでもらうことでも友だちを追加することができます。

メールなどが使えるのであれば、相手にQRコードの画像を送ってもらったり、反対にこちらのQRコードの画像を相手に送ったりしてみてはいかがでしょうか。ちょっと手間ですが致し方ありません。

LINEの新規登録は格安SIMでもできるの?

LINE

今までLINEを使ってこなかったけれど、iPhone7への乗り換えを機にLINEの新規登録を考えている方もいるでしょう。ただ既に格安SIMに乗り換えてしまっていて、このまま新規登録をすることができるのか不安です。

しかし、ご安心ください。LINEは格安SIMでも新規登録ができます。

必要なものは、

  • SMS受信が可能な環境か、
  • Facebookのアカウント

このどちらかがあればOKです。

新規登録は数分で行うことができます。大多数の人がメールからLINEに乗り換えたように、非常に便利なアプリなので、まだ使ってない人はぜひ導入してみましょう。

まとめ

SIMフリーのiPhone7でも、LINEは問題なく使うことができます。ただし、ID検索ができないのが大きな問題です。

しかし、ID検索は実際のところ使っていない人もたくさんいます。docomoなどのキャリアであっても、docomoIDの設定など事前に済ませておくべき手続きがあるのでそもそも面倒なんですよね。ID検索は誰もがすぐに利用できるわけではありません。

さらに、いざとなればQRコードや対面での友だち登録など、友だちを追加する方法は他にいくらでもあるので安心しましょう。

なので、ID検索を可能にするためにわざわざLINEモバイルを契約する必要はまったくありません。

ただ一点。キャリアから格安SIMへ乗り換える場合、多くの人は音声通話SIMを選ぶと思われますが、データSIMを選ぶと登録に手間がかかります。その点は予め知っておきましょう。

LINEがあれば友だちとのコミュニケーションはもちろん、通話も無料で行えるのでなにかと便利です。SIMフリーiPhone7を手にしたら、真っ先にLINEの環境を整えておきましょう。









-iPhone8/X特集

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.