格安SIMの比較・選び方

ストレスなし!3日間制限や数日単位の通信制限がない格安SIMはどれ?

更新日:

格安SIMに限らず、スマートフォンという機器はあまりに便利すぎるため、相応の制限があるのは当然です。中でも、誰でも一度は頭を悩ませるのが通信制限でしょう。1ヶ月○GBや、3日間で○GBなどがオーソドックスな通信制限です。

しかし中には、無制限通信が可能なSIMや、3日制限がない格安SIMも少なからず存在します。通信制限がない、もしくはゆるい格安SIMを選べば、ストレスなく通信を楽しむことができますよね。

この記事では、通信制限のゆるい格安SIMを紹介していきたいと思います。反対に、制限が多いため契約に注意が必要な格安SIMも紹介しますので、格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひ「通信制限」の視点もチェックしておきましょう。

スポンサーリンク




格安SIMの3日制限とは?

3日間制限には2種類ある

まずは、格安SIMの3日制限について簡単に解説しておきます。

3日制限とは、直近3日間における通信量の制限のことです。「3日間で○GB以上使ったら速度に制限をかけますよ」という規制ですね。

そんな3日制限の中には、

  • 高速通信の3日制限
  • 低速通信の3日制限

の2種類があります。この中でも多くの格安SIMが採用しているのは低速通信の3日制限です。とはいえ、どちらも区別なく「3日間で使用できる合計通信量に制限がある」ということを認識しておきましょう。

ただ、低速通信プランは元々速度が遅いため、速度制限を受けてしまったところでそこまで大きな問題じゃないかもしれません。

しかし、高速通信プランで3日制限を受けると被害は甚大です。せっかく相応のお金を払って3GBや5GBといった通信量を契約しているのに、ひとたび3日制限を受けてしまうと全く使い物にならなくなるからです。

3日制限の最悪な点は、即座に解除する手段がないこと

3日間制限が通常の1ヶ月制限に比べて厳しいところは、一度なってしまうと即座に解除する方法が基本的にないことです。

例えば1ヶ月の通信量をオーバーしてしまった場合は、容量を追加チャージすることで元に戻せますよね。追加チャージにお金はかかってしまいますが、"いざとなればお金で解決できる"という点で救いがあります。

ただし3日制限の場合は、直近3日間の合計が制限容量を下回るまでは制限解除できません。追加チャージも関係なく、制限を受けてしまったら終わりです。お金で解決できないので、一度ペナルティをうけると数日は強制的に我慢を強いられる点で非常に厳しい制限なのです。

「直近3日間」の意味に注意!

そして「直近3日間の合計」というのが解釈の難しい点です。
例えば3日間で500MBが制限だった場合、1日で500MB使ってしまえばそこから3日間は延々と速度制限が続くことになります。

1日の使用量が170MBだったとしても、3日間で510MBとなるので、最低1日は速度制限がかかってしまいますね。

つまり3日間の制限量(500MB)を超えてしまった時点から、直近3日間の合計通信量が制限量(500MB)を下回るまで速度制限はかかり続けます。

もし1日で500MBを使い切ってしまった場合には、そこから3日間の合計通信量が500MBを下回るまで地獄の制限期間が続くわけですね。そんな場合は毎日通信量をチェックしながら直近3日間の合計を確認していく必要があり、手間がかかります。

(※3日間500MBは例えです。実際の制限量は格安SIMによって異なります)

高速通信プランに制限がある要注意の格安SIM

高速通信の3日間制限がある格安SIMは少ないので、予め知識として覚えておきましょう。

高速通信プランで3日制限がある格安SIM

  • 楽天モバイル
  • NifMo
  • OCNモバイルONE(一部のコースのみ)

以上の3つは、高速通信に制限をかけています。

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイル

例として楽天モバイルの3日制限は、以下の表の通りです。

プラン 3.1GB 5GB 10GB
3日制限 540MB 1GB 1.7GB

特に3.1GBプランの3日で540MBという制限は、1日の使用量がちょっと多い日が続いただけでも簡単に引っかかってしまう恐れがあり、十分な注意しなければなりません。

楽天モバイルは翌月に余ったデータ通信量を繰り越すことができますが、翌々月に繰り越すことはできません。そのため、もしも先月分が月末まで残っていて使ってしまおうとすると、3日制限にかかってしまうことがありますので気をつけましょう。

>>楽天モバイル

NifMoの通信制限

NifMo

Nifmoの場合、以前は3日制限が設定されていましたが、2016年の9月中に次のように変更されます。

プラン 3GB 5GB 10GB
1日制限 650MB 1100MB 2200MB

NifMoは1日制限なので、これらのデータ量を使い切るとその日に速度制限がかかりますが、翌日には制限が解除されます。スパンが短いのは解除が早いという点でメリットですが、1日ごとに制限がかかりやすいというデメリットも併せ持ちます。

3日制限が1日に緩和されたため、好意的に見れば「MVNO側で1日に使いすぎてしまうことを制限してくれている」とも言える状態になりますね。

以前は同じ通信量で3日制限だったため、運用上難しいところがありましたが、これからは少なくとも楽天モバイルよりは問題なく利用できるようになるのではないでしょうか。

しかし、制限があることに変わりはないのでNifMoを契約する場合はこの点にも気を配っておく必要があります。

>>NifMo

OCNモバイルONEの通信制限

OCNモバイル

OCNモバイルONEの場合、次の二つのコースでは1日ごとの通信量が決められています。

  • 110MB/日コース
  • 170MB/日コース

これらのコースは、月額料金が若干安めかつ、1ヶ月間の合計の通信量が若干多めなのでメリットがあります。1日の通信量が110MBや170MBに抑えられる方にはおすすめですね。

>>OCN モバイル ONE

ちなみに、BIGLOBE SIMでも以前は3日制限が行われていました。しかし、現在は廃止されています。

低速通信プランに3日制限がある格安SIMは?

低速通信に3日制限を設けている格安SIMは、次の3つです。

  • IIJmio
  • DMM mobile
  • エキサイトモバイル

これらはいずれも、3日で366MBまでの低速通信ができる設定となっています。頻繁に速度を切り替える方は、この通信量制限をオーバーしてしまわないように注意しましょう。

通信制限のゆるいおすすめ格安SIMはどれ?

「3日間制限が大嫌いだ!」

「3日制限のことなんていちいち考えながら使いたくない!」

そんな人のために、3日制限が存在しないおすすめの格安SIMを紹介していきたいと思います。

ただ一つ注意なのは、あくまで3日間の通信制限がないだけで、プランで決められた月ごとの通信量をオーバーしたらちゃんと制限がかかるのであしからず。

オールラウンドに最強のmineo

mineo

mineoは、高速プランに3日間制限はなく、低速プランは使い放題の格安SIMです。月ごとの容量内なら好きなように使うことができます。

さらにmineoには「フリータンク」という独自のシステムがあり、毎月1GBまで無料チャージすることが可能です。つまり実質はプランの通信容量+1GBを使うことができるので、コスパも非常に高いです。

このような強みを持つmineoは、人気・実力ともに完璧な格安SIMと言えます。

>>mineo

格安SIMの上位版にあたるY!mobile

ワイモバイル

CMで人気沸騰中のY!mobileにも3日制限がありません。通信量を気にせず使いたい人にはもってこいのSIMだと言えます。

Y!mobileは格安SIMと3キャリアの中間に位置するブランドなので、格安SIMに比べると月額料金がやや高めなのがデメリットですが、代わりに高速通信が非常に安定している点で大きな強みがあります。

  • できるだけスマホを快適に使いたい
  • でも3キャリアはちょっと高すぎる

そんな人にこそ第一候補になるのがY!mobileでしょう。キャリアに近い性能を、格安SIMに近い低価格で使うことができます。

>>Y!mobile公式サイト

まとめ

3日間制限じたいはキャリアにもあるので、ほとんどの人は多少なりとも気にしているでしょう。キャリアの場合は「3日で1GB」が基本なので、そこまで通信を使わない人には縁のない話かもしれませんが・・・。

ただ、わかる人にはわかると思いますが、3日制限は本当に地獄です。なってしまった時の絶望感は、月の容量オーバーのときの比ではありません。数日の間はスマホが使えないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

自分の1日のスマホ利用量を把握しておき、3日制限にひっかかる可能性があるなら、そもそも3日制限がないMVNOにしておいた方が賢明です。

月額料金の安い格安SIMの中では、3日制限がなくオールラウンドに高評価なmineoが最も魅力的な候補ですね。

>>mineo









-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.