格安SIMの比較・選び方

通勤・通学時にスマホで漫画アプリを読みたい人はこの格安SIM!

更新日:

通勤中にスマホですることといえば、ネットサーフィンや音楽のストリーミング再生、動画視聴などが鉄板ですが、漫画を読む方も多いのではないでしょうか。もうすっかりWebやアプリで漫画を読める時代ですからね。

漫画は自分のペースで読めるので暇つぶしには最適です。漫画は画像データの読み込みなので、通信量もそこまで多くありません。また、1ページごとに1枚の画像の読み込むので、キャリアに比べて速度が遅い格安SIMでも快適に読むことができます。

ということでこの記事では、通勤や通学時に毎日スマホで漫画を読む人のために、おすすめの格安SIMを紹介したいと思います。キャリアからの乗り換えを前提としていますので、格安SIMの月額料金はいずれも音声通話SIMのものです。

スポンサーリンク




漫画アプリの通信量はどのくらい?

まずは漫画の通信量について知っておくことが重要です。メジャーな漫画アプリを3つ取り上げて、通信量を説明したいと思います。

アプリ名 通信量
Kindle(巨人の星 1巻 219ページ) 44.9MB
マンガワン(モブサイコ100 約50ページ+闇金ウシジマくん 約20ページ) 24MB
少年ジャンプ+(とんかつDJアゲ太郎 約50ページ+ワンピース 約20ページ) 43.8MB

Kindleは、あらかじめデータをダウンロードしておく必要があります。

自宅に固定回線があれば、ダウンロードしてから通勤・通学をすればいいのでしょう。一方で固定回線のない人は通信量を気にしなくてはなりません。

今回実際にダウンロードしたのは「巨人の星」の1巻です。通信量はおよそ45MBとなりました。219ページの単行本なので、それを踏まえて考えると通信量はあまり多くありません。

ただしKindleの漫画は作品ごとに画質がかなり異なってくるので、高解像度な作品の場合は100MBを超えることもありえます。

マンガワンや少年ジャンプ+は、読み始める際にデータがダウンロードされるアプリです。この他にも「ポイントを消費して1話ごとに漫画を読めるアプリ」のほとんどが、同じ仕組みとなっています。

少年ジャンプ+とマンガワンでは倍近い通信量の差がありますし、これらとKindleを比較するとさらに差があるように感じられますよね。

 

Kindleがここまで通信量の少ないのは、広告が一切ないことも理由の一つ。無料で漫画を読めるアプリの場合、広告や派手な装飾が多いので、それだけ通信量が多く消費されます。

とはいえマンガワンと少年ジャンプ+の平均を考えると、無料の漫画アプリは70ページ読んで34MB程度。無料アプリでも、通信量はやはりあまり多くならないでしょう。

帰宅時にも読むとして、1日に68MB。5日で340MBです。1ヶ月4週間として1.36GBですね。つまり、2GB以上のプランを契約していれば安心です。

低速回線に切り替ると、漫画アプリは快適に読めない

スマホ

格安SIMには低速回線に切り替え可能なものもありますが、漫画アプリは低速回線では満足に利用できません。

画像データの読み込みは、低速回線だと昔のパソコンのように1枚ごとの読み込みに時間がかかってしまうためです。そのため、高速通信での利用が必須となります。

ただし、高速回線といっても10Mbps以上の高速回線が必ず必要にはなりません。2Mbps~5Mbps程度であっても十分、漫画ならば高速で読み込めます。

スマホで漫画を読む人におすすめの格安SIM

SIMカード

スマホで漫画を読みたい人におすすめの格安SIMは、こちらです。

格安SIM名 容量(プラン) 月額料金
mineo 3GB 1600円(au回線は1510円)
DMMモバイル 2GB 1380円
3GB 1500円
楽天モバイル 3.1GB 1600円
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 1600円

漫画以外に通信量が必要ばアプリをあまり使わない方には、DMM mobileがおすすめです。

DMM mobileには3GBプランだけでなく2GBプランもありますので、月額料金を節約することができます。どのプランも業界最安値水準なので、安さを取るならDMM mobileで間違いありません。

>> DMMモバイル

動画や音楽もたまに楽しむので最低3GBは欲しい場合は、mineoや楽天モバイルも候補に入ります。

mineoの3GBプランではフリータンク(1GB無料チャージ)を使って最高4GB使うことができますし、楽天モバイルは「3.1GB」なので100MB程度多く使えるのがメリットです。

>>mineo

>>楽天モバイル

OCNモバイルONEは、1日の通信量が決まっている人におすすめのプランです。

学生や会社員は一日の生活の流れが決まっていることが多いですよね。平日は毎日漫画を行き帰りの電車で読むのであれば、110MB/日コースや170MB/日コースがおすすめです。

OCNモバイルONEはWi-Fiスポットが無料で利用できるので、Kindleのように事前にデータをダウンロードするアプリを使用するなら、Wi-Fiスポットでダウンロードすることをおすすめします。

>>OCN モバイル ONE

まとめ

無料の漫画アプリの通信量はそれほど多くありません。そのため、2GB以上のプランを契約していれば、基本的には通信量を月の半ばで使い切ってしまうピンチは起こらないでしょう。

2GBプランというのはあまりありませんが、3GBプランならば多くのMVNOが提供しています。

漫画の読み込みは音楽や動画に比べると通信量が少ないので、速度にもそこまでこだわる必要はありません。漫画アプリがメイン利用であれば、多少速度が遅くても月額料金が安い格安SIMがおすすめです。









-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.