格安SIMの比較・選び方

通勤電車は動画鑑賞に最適!おすすめ動画サービスと格安SIMはどれ?

更新日:

毎朝会社や学校に向かうとき、電車通勤の数十分〜1時間程度は退屈なものですよね。睡眠時間に充てている人も多いですが、ちらっと周囲を見渡せば、多くの人がスマホを見ていますよね。

そこで今回ご提案したいおすすめの暇つぶしは、動画を鑑賞することです。

今の動画サービスはなかなかハイクオリティですし、朝の時間帯は昼や夕方に比べて回線が混雑していないので、通信速度的にも快適に,動画を見ることができるんです。

この記事では、通勤中の数十分見るのにおすすめの動画サービスと、動画視聴におすすめの格安SIMを紹介していきたいと思います。なお、スマホでの視聴を想定していますので、月額料金はいずれも音声通話プランのものです。

スポンサーリンク

数十分で見終えられる動画サービスは?

日本では現在、たくさんの動画サービスが展開されています。
大まかに説明すると、個人が動画を配信するサイトと、テレビ番組や映画を配信するサイトの二つに分かれています。

通勤電車で動画を見る場合、あまり長い動画だと途中で着いてしまいますよね。そのため、長くても数十分、だいたい30分程度で終わる短編〜中編の作品がたくさん配信されているサービスがおすすめかと。

また、スマホでの視聴が快適なアプリであることも重要です。
これらの条件を踏まえて考えると、おすすめの動画サービスは以下のものになります。

  • YouTube
  • Hulu
  • dTV、dアニメストア

それぞれのサービスについて、ざっくり特徴を見ていきましょう。

YouTube

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

誰もがお馴染みですね。YouTubeを通勤電車で見るメリットは、

  • 無料なので気軽に視聴できる
  • Androidなら画質を手動で選択できる
  • YouTuberなど個人が動画をたくさん配信していて、短い動画が豊富
  • 音楽系の動画もたくさん配信されている

といったあたり。なんといっても無料であることがメリットです。Androidならばアプリも最初から入っていることがほとんどなので、ダウンロードしたりインストールする手間もなく即視聴開始できます。

標準の状態では、動画は480pの画質で再生されます。しかし、再生画面から設定を変更すれば最低144p、対応していれば最大1080pでも再生可能です。

個人が配信している動画が多いので短い視聴時間の動画が豊富となっており、ちょっとした隙間時間にでも動画を楽しめるのがYouTubeの魅力です。短い動画なら途中で中断せざるを得ないなんてこともないでしょう。ちょっとした暇つぶしに最適です。

また、音楽系の会社がアーティストのプロモーションビデオを無料で公開してたりするので、音楽好きな方にもYouTubeはおすすめですよ。

Hulu

出典:http://www.hulu.jp

出典:http://www.hulu.jp

日本では動画配信サービスの先駆けとなったHulu(フールー)。月額たった933円という安さが魅力で、すでにお試しで契約した方も多いと思います。

通勤電車の暇つぶしにHuluが最適な理由は、

  • 最新のテレビ番組がたくさん見られる
  • 古い番組も多数配信されている
  • 一旦停止してもその続きから再生可能なので安心

Huluは日本テレビが運営を行っているため、日本の民放各局の番組を見ることができます。

先週放送されたけれど、見逃してしまった番組が配信されている可能性もありますので、テレビ好きな方には特におすすめです。

新しい番組もたくさん配信されていますが、古いドラマやアニメなども配信されていますので、幅広い層のユーザーが楽しめるのもHuluの魅力です。

ドラマなどの一時間番組も多めに配信されていますので、見たい動画を見ている途中で目的地に着いてしまうこともあるかもしれませんが、停止したその場所からすぐに視聴を再開することができますので、安心です。

dTV&dアニメストア

dtv

dTVやdアニメストアはdocomoの動画サービスですが、格安SIMでも問題なく契約可能です。

契約するメリットは、

  • 月額料金が安い
  • あらかじめ動画をダウンロードしておくことも可能
  • dアニメストアはアニメに特化している

dTVは月額500円、dアニメストアは月額400円です。安いですよね。

そして、あらかじめ自宅で動画をダウンロードしておくことができるという点がメリット。あらかじめWi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、通信量を節約することもできますよね。

ラインナップは映画が中心で、いくつかテレビ番組やアニメも配信されています。

dアニメストアは、アニメだけを大量に配信しています。昭和のアニメから今放送されているアニメまでがラインナップされており、アニメファンにおすすめです。

アニメはほとんどが1話24分程度ですので、通勤電車でも気軽に見られますね。

各動画サービスの画質ごとの通信量は?

Tablet

おすすめの格安SIMを選ぶにあたり、まずは動画の通信量を確認しておきましょう。

YouTubeの通信量

こちらはYouTubeにおける画質ごとの通信量です。
あくまでもこれは一例であり、実際はもっと多くなることも、少なくなることもありますのでご注意ください。

画質 通信量(1分あたり)
144p 2MB
240p 3MB
360p 4MB
480p(標準画質) 7MB
720p 12MB
1080p 21MB

標準画質は480pですので、1分間に7MB。通勤時間が30分であれば、およそ210MBの通信量となりますね。

月曜日から金曜日まで毎日だと合計1050MB。およそ1.05GBです。一ヶ月ざっくり4週間続けるとすると、4.2GBに達します。

つまりYouTubeを通勤電車で毎日見るのであれば、5GB以上のプランを選ぶことが必須となるでしょう。

Huluの通信量

Huluは、通信状況によって自動で画質が変わるタイプの動画サービス。そのためかなりばらつきがありますが、朝の比較的安定した通信速度であれば、30分で150~200MB程度となります。

こちらもYouTubeと同様に、通勤電車で毎日見る場合は5GB以上のプランが必須となりますね。

dTV&dアニメストア

dTVやdアニメストアでは画質があらかじめ選択できます。画質ごとの通信量が表示されますので、事前に通信量を把握できるのは嬉しいポイントです。

低画質の場合、2時間の映画で400MB程度ですので、30分100MBと考えてよいでしょう。1日30分の視聴ならば5日で500MB、4週間で2000MB。つまり2GB程度ですね。

他にあまり通信をしないのであれば、3GB以上のプランを契約すれば基本的に問題ないでしょう。

各動画サービスに最も適した格安SIMは?

各動画サービスの特徴と通信量の目安が分かったところで、それぞれに最も適した格安SIMを挙げてみます。

自分がよく使うサービスに適した格安SIMをご検討ください。

YouTube視聴におすすめの格安SIM

YouTubeを見る際におすすめとなる格安SIMは、mineoIIJmioです。

格安SIM プラン名(容量) 月額料金(音声通話SIM)
mineo 5GB 2280円(au回線は2190円)
IIJmio ライトスタートプラン(6GB) 2220円

IIJmioは、6GBの月額料金がmineoの5GBよりも安いのがメリットです(ドコモ回線の場合)。

しかしmineoもフリータンクを使ってもう1GB無料でチャージすることができますし、低速回線が使い放題な点が強いです。

YouTubeの標準画質は480pですが、それ以下の画質も選べます。低速回線は200kbpsなので、144pや240p程度であればそれほどストレスなく再生することができるでしょう。

画質は落ちても良いのでたくさん動画を見たい、あるいは通勤時間が30分では済まない場合はmineoがおすすめですね。

格安スマホmineo

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

Hulu視聴におすすめの格安SIM

Huluを見る際におすすめとなる格安SIMは、IIJmioとDMM mobileです。

格安SIM プラン名(容量) 月額料金(音声通話SIM)
DMMモバイル 5GB 1910円
IIJmio ライトスタートプラン(6GB) 2220円

IIJmioは6GBあるので、多少通信量がかさんでも問題ありません。
DMM mobileは、5GBの通信量で音声通話プランでも2000円を切っている安さが魅力的であるため、おすすめです。

Huluは常時通信をしてデータを読み込みますので、回線速度はある程度速くなければいけません。

DMM mobileとIIJmioは、共にIIJがMVNEであるため、早朝の回線速度が安定しています。快適にHuluの動画を視聴できるのではないでしょうか。

DMMモバイル

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

dTV、dアニメストア視聴におすすめの格安SIM

docomoが運営するこれらのサービスを利用する場合におすすめの格安SIMは、以下の通りです。

格安SIM プラン名(容量) 月額料金(音声通話SIM)
OCN モバイル ONE 170MB/日コース 2080円
5GB/月コース 2150円
IIJmio ミニマムスタートプラン(3GB) 1600円

dTVは通信量が若干少ないことが予想されるため、3GBプランも視野に入ってきます。

IIJmioのミニマムスタートプランは、3GBで十分であれば最もおすすめの選択肢ですね。

OCNモバイルONEの170MB/日コースは、1日30分動画を見るなら十分のコース。110MB/日コースだと動画以外に使用できる通信量がほとんど残らないので厳しいですが、こちらであれば問題ないでしょう。

1日ごとの通信量に制限があると厳しいのであれば、5GB/月コースがおすすめです。

そしてもう一つ、OCNモバイルONEには嬉しいポイントがあります。それは、Wi-Fiスポットが無料で使えることです。

Do SPOTのWi-Fiスポットに行き、あらかじめ見たい動画をダウンロードしておけば通信量を消費せずに済むので、110MB/日コースでも十分快適に利用できる可能性があります。

OCN モバイル ONE

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

まとめ

YouTubeやHuluの場合は、あらかじめ動画をダウンロードしておくことができません。そのため、通信速度がある程度安定していて、5GB以上のプランが選べる格安SIMの契約がおすすめです。

dTV、dアニメストアなら、あらかじめ動画をダウンロードしておくことができます。OCNモバイルONEなどWi-Fiスポットが利用できる格安SIMならば、カフェやレストランで昼食を食べながら動画をダウンロードしておくことができて便利ですね。

動画は通信量が多く、快適な通信が行えることが大事なサービスです。格安SIMを契約する場合は、速度面での評判が悪くないものを選びましょう。






-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.