どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiでニンテンドースイッチのポケモン(ソード)は快適に遊べる?オンライン対戦まで検証してみた

2019年11月24日

どんなときもWiFiポケモン_アイキャッチ

「通信制限一切なし!」という今までのモバイルWi-Fiの常識を覆したことで人気の「 どんなときもWiFi 」。3日10GB制限もないので、動画もゲームも通信量を気にせず遊び放題です。

とはいえ、速度的に言うと光回線よりは遅くなるので、オンラインゲームサクサクプレイできるかどうかが懸念点ではあります。

そこでこの記事では、実際に現在どんなときもWiFiを使っている私が、ニンテンドースイッチの人気ゲーム「ポケットモンスターソード」を快適にプレイできるかどうかを実際に検証してみました!

結論的にははっきりした結果が出たので先に書いておきますが、

 

どんなときもWiFiの回線でSwitchのポケモンは至って快適にプレイ可能でした。

 

どんなときもWiFiでポケモンが遊べるか心配な人もまずは安心しましょう。下記で詳しく書いていきます!

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

どんなときもWiFiの通信速度はどれくらい?1日かけてスピードテストしてみた

どんなときもWiFiフォートナイト_ルーター本体

まずは、どんなときもWiFiの通信速度って実際どんなものなの?という点を確認しておきます。

どんなときもWiFiは商品設計上の最大速度が下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsと、実はそこまで高速ではありません。下記の通り、同じモバイルWiFiサービスの「WiMAX」と比べると下り最大速度は約10分の1、上り速度も少し遅いです。

どんなときもWiFi WiMAX(W06の場合)
下り最大速度 150Mbps 1.2Gbps
上り最大速度 50Mbps 75Mbps

この点がどんなときもWiFiのデメリットとして語られることがありますが、この「最大速度」というのは理論値であって実際には出ない数字なので比較してもさほど意味がありません。

大事なのは、実際に出る速度です。

どんなときもWiFiの実際の速度

どんなときもWiFiの速度を、朝から晩まで4時間帯で測ってみました。

<朝8時>どんなときもWiFiフォートナイト_速度朝

<昼12時>どんなときもWiFiフォートナイト_速度昼

<夕方17時>どんなときもWiFiフォートナイト_速度夕方

<夜20時>どんなときもWiFiフォートナイト_速度夜

  • 【朝8時】下り40.9Mbps/上り11.8Mbps/Ping32ms
  • 【昼12時】下り30.6Mbps/上り13.8Mbps/Ping27ms
  • 【夕方5時】下り25.2Mbps/上り3.32Mbps/Ping36ms
  • 【夜8時】下り27.3Mbps/上り11.8Mbps/Ping27.3ms

速度テストの数値は日によって変動しますが、この日は下り20〜40Mbps程度で安定していました。大体いつもこれくらいの速度が安定して出せる印象ですね。

動画視聴やゲームも含めネットを快適に使える目安速度が下り20Mbpsほどと言われているので、数値で見れば、どんなときもWiFiは動画・ゲームに関しても必要十分な速度は出せていると言えます。

どんなときもWiFiにようなモバイル回線のWi-Fiサービスは利用者が増えやすい夜間に速度低下しやすいものですが、どんなときもWiFiは夜間でも速度がほとんど落ちないのが凄いですね。

オンラインゲームプレイでは「Ping(応答速度)」が大事!50ms以内ならOK

またオンラインゲームの快適性は、下り速度だけでなく「Ping」という数値が非常に重要になります。Pingは応答速度を意味する数値で、要するに操作の「サクサク感」に影響するものです。

Pingの数値は、小さければ小さいほどサクサク動きます主観ですが、おおよそPing値の目安は以下の通り。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ゲームの快適プレイは不可能
  • Ping50〜100:動きがもたつき厳しい
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

モバイル回線サービスの場合、快適にオンラインゲームをするなら50ms以内であることが望ましいところ。どんなときもWiFiは20〜40msなので及第点ですね。

どんなときもWiFiの速度制限はほぼ心配なし!

どんなときもWi-Fi_通信制限なし

どんなときもWiFiは「通信制限一切なし!」が最大のウリなので、基本的にはいくら使っても速度制限がかかる心配はありません。

ただし、速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」ってどのくらいなのか? どんなときもWiFiの運営会社の人に聞いてみたところ、”人間が普通に使っている分にはあり得ないレベル”だそうです。

要するに、システムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

しむまる
実際に私も1日に10GBや20GBといった大容量通信をして検証したことがありますが、一度も速度制限にかかったことはありません。

ひとまず、どんなときもWiFiで通信量や速度制限を心配する必要はなさそうです。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

より詳しい速度検証記事

速度検証
【検証】どんなときもWiFiの通信速度は遅い?速い?|速度制限の重さまで実測公開

「通信制限(3日10GB制限)一切なし!」という圧倒的なメリットを打ち出して今年登場した新たなモバイルWiFiサービス「」。テレビCMの効果もあって知名度が上がってきましたね。 しむまる私も早速どんな ...

続きを見る

 

ニンテンドースイッチ「ポケットモンスターソード」をどんなときもWiFiでオンラインプレイしてみた

どんなときもWiFiポケモン_タイトル

ポケットモンスターは、幼い頃に初代を遊んでからずっとシリーズを追い続けている大好きなゲームです。

RPGというと一人で遊ぶ印象が強いですが、ポケモンはインターネットを使って他のプレイヤーと対戦したり、ポケモンを交換できます。

そもそもポケモンはゲームとして、処理数の多いFPSゲームや、スマブラのようなアクションゲームでもないため、そこまでハイスペ要求されるゲームではありません。

なので冒頭でも結論書きましたが、モバイルWi-FiであるどんなときもWiFiでも動作はサクサクでした。

どんなときもWiFiポケモン_ローカル通信

なおオンラインプレイをするにはYボタンを押して通信メニューを開き、「+」ボタンを押せばOKですよ。

 

通常のゲームプレイはサクサク・快適動作

どんなときもWiFiポケモン_移動中

ひとまず普通のゲームプレイで一通り遊んでみましたが、ラグやフリーズは発生しませんでした。

移動もサクサクで、これといって回線の遅さを感じるシーンはありません。

どんなときもWiFiポケモン_ロード中

マップを移動する際はロードが発生しますが、読み込み時間もスムーズ。

 

どんなときもWiFiポケモン_戦闘中

野生のポケモンとの戦闘も、コマンドを選択したりポケモンが画面内で攻撃したりといった動作はサクサクです。

体感として、光回線で遊んでいるときとなんら変わらないレベルです。

しむまる
余談ですが、前作は戦闘画面が普段からけっこうもっさりしていました。

3DSからニンテンドースイッチに機種が変更されたことで、ゲーム自体の動作はかなり快適になった印象。

どんなときもWiFiポケモン_ジムバトル

ポケモンといえば全国各地にいる「ジムリーダー」を倒して、バッジを集めていくのがゲーム内の目標の一つ。

ちょうどジムリーダー戦をするところだったので、そのまま進めてみました。

どんなときもWiFiポケモン_ジムギミック

ジム内のギミックを操作しつつ、敵を倒していきます。

どんなときもWiFiポケモン_ジムリーダー戦

ジムリーダー戦ではポケモン同士が巨大化して戦う「ダイマックス」が発動、白熱した対戦ができました。

オンライン対戦でももたつきは感じられず・海外プレイヤーともサクサク戦える

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル

続いて、オンラインプレイの検証をしてみました。

まずは1対1で戦う「シングルバトル」。

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル開始

バトル開始ボタンを押すと対戦相手が検索され、見つかると即座に対戦がスタートします。

 

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル対戦

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトルルール

対戦相手とルール確認ののち、対戦がスタート。

 

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル中

ポケモンは元々アクションゲームのようにリアルタイム操作で戦うゲームでなく、行動を選択して順番に攻撃するRPG。

よほど接続自体が不安定でない限りは、快適に対戦できます。

どんなときもWiFiはPingこそ光回線と比べると若干高めですが、ポケモンくらいのゲームならなんの問題もありません。

実際に対戦してみても、ラグが発生したり接続が切断されたりすることはありませんでした。

 

ダブルバトルでもスムーズに遊べた

どんなときもWiFiポケモン_ダブルバトル中

シングルバトルでなく、2対2で対戦するダブルバトルでも遊んでみました。

ダブルバトルでもとくにシングルバトルとの変化なし、快適に対戦を進められましたよ。

ちなみにまだあまりゲームを進められていないので、今回の対戦は全敗北でした…。

 

他のプレイヤーの情報がリアルタイムでどんどん表示される

どんなときもWiFiポケモン_オンライン状況

オンライン対戦では、通信画面やフィールドに常時他のプレイヤーの動向が表示されます。

全体的に表示はスムーズで、途中で途切れたり遅れたりすることはありません。快適そのものです。

どんなときもWiFiポケモン_カード交換完了

通信画面の「カード交換」を選ぶと、他のプレイヤーのリーグカード(自分でカスタマイズできるプロフィール画像)を手に入れられます。

カードが届くと、画面に表示が。

どんなときもWiFiポケモン_カード情報

他のプレイヤーのリーグカード受信も、動作のもたつきはなくサクサクでした。

 

マジカル交換も問題なし・次々にポケモン交換を進められた

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換

ポケモンソード・シールドは「マジカル交換」に対応していて、いつでも自動的にポケモンを交換できるのが特徴。

お互い何を送ったかはわからず、交換完了時に確認できるしくみです。

どんなときもWiFiポケモン_交換ポケモン選択

とりあえずいらないポケモンを選んで、マジカル交換を試してみました。

(何がもらえるかわからない関係上、必然的にお気に入りではないポケモンを送ることになります)

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換中

マジカル交換を開始すると、画面左下に「探しています」の表示が。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換完了

交換は30秒程度で完了し、画面に「交換完了!」の文字が表示されました。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換元

自分のポケモンが送られていきます。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換先

相手からも、ポケモンが送られてきました。

どんなときもWiFiポケモン_ポケモン図鑑登録

持っていないポケモンだったので、図鑑に登録されました!(ポケモン図鑑を完成させるのも、ゲームの目標です)

 

しむまる
以上のように、どんなときもWiFiの回線でもポケモンは全く問題なく快適に遊べることがわかりました。

通常プレイでもオンライン対戦でも重さを感じるシーンは一つもなく、常にサクサク快適にプレイできました

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

【補足情報】どんなときもWiFiは有線接続には非対応

モバイルルーターやホームルーターはLANケーブルをつないで優先接続できるものもありますが、どんなときもWiFiは有線LANでのインターネット接続に対応していません。

無線接続しかできないので、ルーターから離れた場所(例えば違う部屋や1階/2階など)で通信すると壁や天井が障害物となって電波が弱まる可能性があります。

そのため、基本的にどんなときもWiFiは一人で使うネット回線(一人暮らし含む)としておすすめです。戸建で家族みんなで使う目的としては正直おすすめしません。

しむまる
また、どんなときもWiFiでは最大5台まで同時接続ができますが、複数台を同時に繋げるとそれぞれの速度は下がります。

なので、なるべく快適にゲームを遊びたい場合は、他の機器と同時接続はしないでおく方がいいでしょう。

参考記事【工事不要】一人暮らしのマンション・アパートは工事なしWi-Fiもおすすめ!

 

【申し込み前に】どんなときもWiFiの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたい「どんなときもWiFi」の基本事項をまとめておきます

どんなときもWiFiの月額料金プランは1つのみ

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

※契約期間は2年

※初期手数料3000円が別途かかります

端末は一種類のみ。カラーはグレーとゴールドの二色

公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの端末は、現時点では「D1」の1種類のみ。カラーは「ゴールド」と「グレー」の二色です。

WiMAXなんかは端末の種類が色々ありますが、逆に1種類のみというのも悩む必要がなくシンプルで良いのではないでしょうか(今後に増えていく可能性はあります)。

しむまる
私はゴールドを選んでみました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

 

【契約は2年間】解約時はルーターの返却が必要。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

どんなときもWiFiはルーターをレンタルするので、解約時にルーターの返却が必要になります。付属品一式はしっかり保管しておきましょう。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター一式

ルーター/ストラップ/ケーブル

また、どんなときもWiFiは2年契約/自動更新のサービスです。

25ヶ月目の契約更新月以外は以下の通りの契約解除料がかかることにご注意ください。

契約期間 契約解除料
~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~(更新月を除く) 9500円

【最後に】申し込みはネットの公式サイトから。申し込み手順はこちらを参照

どんなときもWiFiの申し込みは基本的にネットの公式サイトから行います。

申し込み どんなときもWiFi 公式サイト

申し込みは10分もあれば終わる程度で簡単ですが、手順を見ながら申し込みたい方は、下記記事に申し込み手順から配送・初期設定まで基本的なことを全てまとめましたので参照してください。

申し込み手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

本音レビュー
どんなときもWiFiNetflix_D1
【口コミ感想】評判高いどんなときもWiFiのメリット・デメリット・使用感の本音レビュー!

「通信制限一切なし」という、今までのモバイルWiFiの常識を覆して新たに登場した「」。テレビCMやネットCMもバンバン流れて瞬く間に人気のWi-Fiサービスになりました。 このどんなときもWi-Fiが ...

続きを見る

いまオススメのWi-Fi

開通工事は不要!

コンセントに挿すだけでネットが使える!

”置くだけWi-Fi”として人気の「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」。

新生活が始まるこの時期、

  • もっとも簡単に
  • もっとも早く

自宅でインターネットを使い始めたい人にオススメのWi-Fiです。

コンセントに挿して、電源を入れる。これだけ。

いますぐお家でネットが使えます!

auやドコモ利用者も契約可能です!

CHECK!SoftBank Air 公式サイトを見てみる≫

-どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2020 All Rights Reserved.