格安SIMの基礎知識

格安電話とIP電話の違いは何?通話料抑えるならおすすめはどっち?

更新日:

格安SIMの最大のウィークポイントは「通話料の高さ」です。

基本的に20円/30秒かかってくるので、月1時間通話してしまうと2400円も通話料がのしかかります。これじゃせっかく基本料金を月2000円程度に抑えても、合わせて月々5000円近くになってしまうので「格安」の恩恵が薄れてしまいます。

そこで利用したいのが、MVNOが提供する「格安でんわ」や「IPでんわ」といった通話オプションです。

簡単に言うと、どちらも20円/30秒という基本通話料を安くするためのオプションですが、両者には明確な違いがあります。格安SIMをメインスマホに使う場合は必ず知っておいたほうが良いでしょう。

  • 格安電話とIP電話の違い
  • どちらがおすすめなのか?
  • 提供しているMVNOは?

といった点について、わかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク




格安電話とIP電話は何が違う?

woman-791874_1280

格安電話とIP電話の主な違いは3つあります。

  1. 回線が違う
  2. 通話料が違う
  3. 電話番号が違う

それぞれについて、もう少し詳しく……。

1:回線が違う

格安電話とIP電話の最も根本的な違いは、使用する回線が違うことです。
格安電話は通常の「電話回線」を使う通話方法ですが、IP電話は「ネット回線」を使う通話方法です。

IP電話はネット回線を使って音声データを転送する仕組みなので、電話回線に比べて音質が悪いのが弱点です。LINE電話は代表的なIP電話で使ったことある人も多いと思いますが、やや音質が悪かったり回線が不安定になるなど感じたあるのではないでしょうか。

ノイズやハウリングは度々入ってしまうので、友人や家族との通話ならまだ良いですが、ビジネスの電話にはちょっと向かないですね。会話が聞き取れず、相手に失礼を与えてしまいます。

ただ、その分だけIP電話は通話料が安いという大きなメリットがあります。

2:通話料が違う

  • 格安電話:10円/30秒
  • IP電話:8円/30秒〜3分(IP電話同士は無料

それぞれ、上記のような通話料になります。
格安電話は通常の通話料の半額、IP電話に至っては比較にならないほど安くなります。料金/時間に幅があるのは、かける先が携帯か固定電話かで変わってくるから。固定電話への通話料のほうが安くなります。

IP電話はさらに、IP電話同士は通話無料になるのも嬉しいところ。通話料を最大限安くできるのがIP電話ですね。

3:電話番号が違う

格安電話は通常の電話回線を利用するので、自分の電話番号(090番号)を使うことができます。対してIP電話は090番号は使えず、新たに付与される050番号で相手に通知されるようになります。

IP電話でいきなり友人に通話すると050番号でかかってしまうので、相手が取ってくれるとは限りません。知らない番号の電話は取らない主義の人も実は多いのです。

なので、あらかじめ相手にIP電話番号を知らせておく必要があるのが手間です。ただLINE電話のようにIP電話同士でかける場合は友達情報で通知されるので心配要りません。

090(080)番号が使えないのは意外と大きなネックで、相手に伝わらない点はもちろん、110番などの緊急電話や0120のフリーダイヤルに電話をすることもできません。

通話料だけを考えればIP電話は格安なのですが……弱点も多々あるので一長一短ですね。

格安電話とIP電話はどちらがおすすめ?

格安電話 IP電話
メリット
  • 通話料が通常の半額
  • 自分の番号(090)が使える
  • 電話回線なので質が劣化しない
  • 通話料が最安
  • IP電話同士は無料
デメリット
  • IP電話よりはまだ高い
  • 無料通話はない
  • 自分の番号(090)が使えない
  • ネット回線なので音質が劣化
  • 110番やフリーダイヤルはかけられない
サービス例
  • 楽天でんわ
  • BIGLOBEでんわ
  • DMMトーク
  • みおふぉんダイヤル
  • 050Plus
  • IP-Phone SMART
  • LINEでんわ

格安電話とIP電話のメリットデメリットをまとめると上記のようになります。

結論から言うと、格安電話の方がおすすめですね。
IP電話はメリットに対して明確なデメリットがありますが、格安電話にはマイナス点となるデメリットがほぼありません。ほぼデメリットなしに通話料が半額にできるので、格安電話のあるナシはMVNO選びの大きな要素になります。

ただ、IP電話も弱点を十分に補える「安さ」があるので、とにかく通話料を抑えた人には有効な選択肢であることは間違いありません。

メジャーな格安電話|おすすめのMVNOはどこ?

楽天でんわ(楽天モバイル)

楽天モバイル

楽天モバイルが提供する「楽天でんわ」の通話料は10円/30秒で、月額利用料はゼロ円です。
さらに、月額850円を支払えば5分以内の国内通話がかけ放題になる「5分かけ放題オプション」をつけることもできます。月に43分以上通話をする人は確実におトクなオプションです。

5分かけ放題オプションをつけた場合、5分を過ぎた場合でも10円/30秒の通話料が適用されるので、通話が多い人には合わせ技で嬉しいですね。

その場合は通話料100円ごとに楽天ポイントが1Pつくので、楽天カードを使っている人や楽天ユーザーであればお得です。

▷▷楽天モバイル

楽天はポイントでユーザーを囲う戦略を徹底しているので、クレジットカードからスマホまで楽天で統一するほどポイントが貯まる仕組みです。楽天モバイルの支払い用に楽天カードを持っておいた方が良いですよ。年会費無料なのでコストはかかりません。

▷▷楽天カード

DMMトーク(DMMモバイル)

DMMトーク

DMMモバイルが提供する「DMMトーク」も無料で通話料半額にできる通話アプリです。アプリから発信するだけで通話代が半額になるので使わない手はありません。

格安電話なので090番号を使うこともでき、電話回線利用なので安定性も問題ナシ。DMMモバイルを契約したら必須の格安電話です。

DMMモバイルはSIM自体の基本料金も業界最安水準の安さが売りなので、通話料も安くできるとなると、こと「安さ」におけるDMMモバイルの強みはさらに頭一つ抜けてきますね。

みおふぉんダイヤル(IIJmio)

IIJmio かけ放題

みおふぉんダイヤルは、格安SIM最大手と言えるIIJmioが提供する通話アプリです。特徴などは他の格安電話と同じで、使用料無料で通話代を半額にできます。

大手の安心感もあり通話をよく利用する人に人気があったIIJmioですが、2016年夏より通話定額オプションもスタートしており、ますます通話に強いMVNOになりました。

通話定額オプションは、3分以内かけ放題か5分以内かけ放題のどちらかを選べるという珍しいスタイル。

  • 5分以内(家族は最大30分)のかけ放題:月額830円
  • 3分以内(家族は最大10分)のかけ放題:月額600円

こちらのオプションは別途利用料がかかるものの、3分以内なら600円と格安なのがスゴいです。。

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

まとめ

格安SIMブームがスタートした頃こそ、基本通話料の高さ(20円/30秒)が大きなウィークポイントでしたが、競争が激化していた現在は、どこのMVNOも続々と格安電話、IP電話など通話料を安くするサービスを打ち出しています。

人気どころのMVNOはだいたい格安電話・IP電話・かけ放題オプションのいずれかを用意しているので、メインスマホの格安SIM選びは基本料金以外にも通話のことを考えた方が良いでしょう。

格安でんわとIP電話の違い、メリットデメリットを考慮した上で、最適な通話環境を構築してみてください。









-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.