格安SIMの基礎知識

格安SIMでYouTubeとニコニコ動画を視聴する注意点と通信量の目安

更新日:

geralt / Pixabay

YouTubeとニコニコ動画は、基本料金がかからない動画配信サイトの中では最も人気があります。特に現在はYouTubeが、老若男女誰にでも親しまれています。

動画の視聴形態は人によって様々ですよね。
例えば、以下のような視聴形態が考えられます。

  • 通勤や通学の電車やバスの中で毎日YouTubeを見る
  • 自宅で夜、自由な時間にYouTubeを視聴する

こういった動画視聴の際に気になるのが「通信量」です。
キャリア・格安SIMを問わず、通信量があまりに多いとやがて速度制限がかかってしまいますよね。通信量については、把握しておきたいものです。

スポンサーリンク

YouTubeは画質を手動で変更し、通信量を制限できる

以下の表は、YouTubeを1時間視聴した際の通信量と1分単位で行われる通信量を、画質ごとにまとめたものです。

画質 通信量
144p 120MB(2MB/分)
240p 180MB(3MB/分)
360p 240MB(4MB/分)
480p 420MB(7MB/分)
720p 720MB(12MB/分)
1080p 1260MB(21MB/分)

YouTubeは、Android端末やパソコンにおいて手動で画質を変更できるという特徴を持っているため、様々な環境での動画視聴に対応しているという点でも魅力的な動画配信サイトです。

画質は、144pから1080pまでの6種類の中から好きなものを選ぶことができます。そして、画質の変更によって通信量は大きく変化することとなるのです。

YouTubeを3GBプランで見られる合計時間はそれほど長くない

続いて、格安SIMにおいて多くの方が選択する「3GB」プランでは、YouTubeの動画を何時間程度見られるのかを表にしてみます。

画質 3GBの視聴時間
144p 25時間
240p 16時間
360p 12.5時間
480p 7時間
720p 4時間
1080p 2時間

この通り、3GBでは特に480p(標準画質)以上の動画を長時間見ることは困難です。
もちろんこれは、動画視聴以外の通信については一切考慮していない状態でのデータですので、実際はさらに見られる時間が短くなるでしょう。

Wi-FiではなくSIMカードによるデータ通信で動画を見る場合は、1日に視聴する時間を短めに設定することが大事となります。

動画は通信量を多く消費するため、データ通信での視聴に注意が必要

3GBプランの場合、1ヶ月を30日とすると1日に100MB程度まで通信可能ということになりますよね。

480p画質の通信量は1分につき7MBですので、100÷7はおよそ14、つまり14分の視聴が可能となります。

格安SIMを用いて毎日数十分~数時間YouTubeを視聴する場合は、契約する通信量を上げるか、画質を下げることが重要になりますね。

  • 3GBプランなら、1日に14分までならばYouTubeで動画を見ても問題ない
  • 画質を下げれば、それだけ動画を見られる時間は長くなる

YouTube視聴時の注意点

YouTube視聴時のその他の注意点は2点です。

  • 解像度には動画ごとに上限がある
  • 広告動画の画質は変えられない

YouTube動画は元のデータの解像度以上に上げることができない仕組みとなっていますので、動画によって上限が480pであったり、720pであったりとばらつきがあります。

そして、「動画の前に再生される無料広告動画は画質を変更することができない」という点にも注意が必要です。

広告によっては画質が高く、さらにスキップもできないなどの理由から、ここで大きく通信量を消費してしまうことがあります。

ニコニコ動画は画質・通信量が抑えめだが、ニコ生は通信量が多い

ニコニコ動画

ニコニコ動画は、YouTubeほど高画質な映像にはまだ対応していません。そのため、多くの動画は、1分間に1MB程度の通信量となっています。

ただし、ニコニコ生放送はその限りではありません。
生放送はリアルタイムで常に通信をし続けますので、比較的通信量が多くなります。

大体、1時間で200MB程度の通信量です。多くの生放送は1回30分で終了しますので、生放送を始めから終わりまで見ると100MB通信が行われると考えて良いでしょう。

  • ニコニコ動画の通信量は1分間に1MB
  • ニコニコ生放送の通信量は、30分(1回分)で100MB

音声のみの動画は通信量が少ない

HugoAtaide / Pixabay

YouTube・ニコニコ動画の両方とも、映像は1枚の画像が表示されるだけで、音楽が流れるだけというタイプの動画がありますよね。

このような動きの少ない動画は、通信量がかなり少ない傾向にあります。
よほど高音質でない限りは、1分1~3MB程度で済むでしょう。

動画は動きが激しいほどデータ容量が大きくなるため、通信量も多くなります。例えば、スポーツ中継の動画やアイドルのプロモーションビデオのような映像は短くても通信量が多くなりがちです。

  • 音楽が流れるだけの動画は通信量が少ない
  • 動きが激しい動画は通信量が多くなりやすい

音楽を聴きたい場合は、CDからスマホに音楽を取り込んだり、iTunesから曲を買ったりして本体に保存しておけば通信をする必要がありませんので、便利です。

まとめ

YouTubeは6つの画質の中から選択して、好み・用途に合った楽しみ方をすることができます。

ニコニコ動画の場合は画質を選択することは基本的にはできませんが、通信量はYouTubeほど圧迫されません。

できるだけ綺麗な画質で長時間YouTubeの動画を楽しみたい場合は、10GBや20GBといった大容量のプランを契約することをおすすめします。あるいは、Wi-Fiを利用すると良いでしょう。









-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.