au回線が使える 格安SIMの比較・選び方

au回線のおすすめMVNO|auスマホがそのまま格安SIMで使えます

更新日:

この記事では、au回線を使っている格安SIM(MVNO)について紹介していきます。au回線を提供している格安SIMは2017年時点でもとても少なく、選択肢が限られているのが現状です。

キャリアのau、あるいはau回線の格安SIMから新しい格安SIMに乗り換える場合、費用を抑えるためにはできれば今利用している端末をそのまま使いたいですよね。

auスマホは、au回線で利用するのが基本です。
auスマホで別キャリア回線の格安SIMを使うにはSIMロック解除が必要ですが、SIMロック解除ができるのは2015年5月以降に発売された端末に限られます。

手軽に乗り換えるなら、やはりau回線の格安SIMにそのままMNPするのが手っ取り早いですね。

au回線の格安SIMは、現時点(2017年時点)で3社あります。それぞれ特徴を紹介しますので、auユーザーの方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

1番人気のUQモバイル

UQモバイルは、au回線の格安SIMの中でも現在最も人気が高いと言っても過言ではありません。

というのも運営会社のUQコミュニケーションズはKDDIの子会社なので、実質的にはauのサブブランドにあたります。

そのためか、他のau回線の格安SIMと比較しても頭一つ抜けて通信速度が早いのが特徴ですね。体感的にはLINEモバイルとワイモバイルに次いで3番目に速い格安SIMだと感じています。

参考UQモバイルの通信速度

(左:朝8時/右:昼12時)

(左:夕方17時/右:夜20時)

一般的な格安SIMに比べると断然速いです。

通信速度は大体4Mbps出ていれば問題ないとされているので、10Mbpsも出ればそれ以上は体感的には変わりません。UQモバイルも基本的に1日中ストレスなく使えました。

UQモバイルは、格安SIMで唯一キャリアメールを提供

月額料金が200円かかりますが、@uqmobile.jpというメールアドレスを利用して、ガラケーなど、PCメールを受信拒否している相手にも簡単に連絡を取ることができます。

UQモバイルを利用せずにキャリアメールを使いたい場合は、docomoなど各社でガラケーを契約するのが最も維持費を安く済ませられる方法です。

しかし、それでもなお月に最低1000円程度かかってしまいます。これならUQモバイルで、キャリアメールを契約した方が安上がりですし、端末も1台にまとまって便利ですよね。

 

UQモバイルの料金プラン

通常プラン

プラン(音声SIM) 通信量 月額料金
3GBプラン 3GB 1680円
無制限プラン 無制限(速度上限500kbps) 2680円
  • 通常の定額プランは3GBのみ
  • 料金的にも悪くないので、3GBでいい人はこちらがおすすめ。
  • 最低利用期間は1年

おしゃべり/ぴったりプラン

 ぴったり/おしゃべり 通信量 音声SIM
プランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
プランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
プランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円
  • UQモバイルの主力プラン
  • データ容量 + かけ放題/無料通話 + アプリ10種のセットプラン
  • 5分かけ放題なら「おしゃべりプラン」/無料通話なら「ぴったりプラン」
  • 「おしゃべり」と「ぴったり」は途中で変更も可能
  • 最低利用期間は2年

UQモバイルのおすすめまとめ

  • 通信速度が非常に速い
  • 5分かけ放題もあり
  • キャリアメールは月額200円で使える
  • auのサブブランドなので安心
しむまる
UQモバイルの最大の魅力は何と言っても通信速度の早さです。格安SIMで速度が遅すぎるストレスに疲弊したくないならUQモバイル一択です。

 

ユーザー満足度が非常に高いmineo(Aプラン)

au回線とドコモ回線の両方が使えるマルチキャリア対応の mineo は、ユーザーからの評価が非常に高い格安SIMです。mineoファン多いですよね。

mineoは通信速度は早いわけではないのですが、独自サービスが充実しているのがユーザーから非常に評価されています。

例えば、mineoユーザーみんなで毎月余った通信量を「タンク」に貯蓄し、困ったときに毎月1GBまでなら無料で引き出せる「フリータンク」というサービス。

実質的に毎月1GBまでは無料チャージできるのと変わらないので、非常にお得感があります。「ユーザー同士で助け合う」というコンセプトはmineoの良いところですね。

また、mineoユーザー同士で情報交換したり相談しあったりできる会員コミュニティ「マイネ王」の存在も大きいです。

何か分からないことがあれば、マイネ王で質問すれば同じmineoユーザーから返答がもらえて非常に助かります。初心者にはこれ以上ない優しいMVNOですね。

mineo(Aプラン)の月額料金

mineoはDプラン(docomo回線)とAプラン(au回線)の2種類のプランがあります。auからそのまま乗り換える人はAプランを利用しましょう。

SMS対応SIM 音声SIM
500MB 700円 1310円
1GB 800円 1410円
3GB 900円 1510円
5GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円

mineoのおすすめポイント

  • ドコモ回線とau回線の両方使える
  • フリータンク機能やマイネ王コミュニティなど、独自サービスが素晴らしい
  • 5分かけ放題オプションあり
  • 速度や料金は並程度。大きなデメリットがないのも○
しむまる
速度が特別早かったり料金が非常に安かったりなど尖った特徴はないのですが、全てにおいて平均値より優秀であり、総合点が高いです。5段階評価でオール4の優等生という感じ

 

堅実な大手IIJmio(タイプA)

au回線というと長らくUQモバイルとmineoだけだったのですが、2016年になって新たにau回線プランを始めたのが老舗のネット企業IIJが運営する IIJmio です。

IIJmioは個人で利用する分には秀でた特徴がなく、やや堅実で当たり障りない格安SIMなのですが、家族で利用すると他にはないメリットが多いです。

IIJmioはシェアSIMが最大10枚追加できるほか、かけ放題が家族同士だと非常にお得になります。

  • 家族と10分、誰とでも3分かけ放題:月額600円
  • 家族と30分、誰とでも10分かけ放題:月額830円

家族とのかけ放題可能な時間が2倍・3倍になるので、家族みんなで乗り換えるのに最適ですね。

IIJmio(タイプA)の月額料金

auプランのタイプAと、ドコモプランのタイプDがあります。

下記はタイプA料金(スマホは横スクロール可能)

SMS対応SIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 3260円

IIJmioのタイプAは、VoLTE対応のauスマホやSIMフリースマホでなければ利用できません。

なぜかというと、UQモバイルやmineoと違って「標準SIM」が提供されていないために、VoLTE非対応のauスマホで通信する手段がないからです。

そのため契約までのハードルは、au回線の格安SIMの中でも一番高いですね。

IIJmioのおすすめポイント

  • シェアSIMが最大10枚も発行できる
  • 家族間のかけ放題が他社より圧倒的にお得
しむまる
なおIIJmioでは、タイプAに対応したSIMフリースマホが販売されています。端末が手元にない場合は、セット購入するのも良いですよ。

まとめ

2016年に新たにIIJmioがau回線を開始しましたが、今後もまたau回線が増えていくかもしれません。

ただ現状ではやはり、UQモバイルかmineoかの2択に近いシェア状況ですね。

UQモバイルはやはりau直系ブランドとあって、通信速度も頭一つ抜けて速いし、3姉妹のテレビCMもバンバン流して知名度拡大に成功しています。

なので個人的なおすすめ度は紹介した順に、

という感じです。

auスマホユーザーの方は参考にしてみてください。

 

お得なキャンペーンをチェック!

mineoが1年間×900円引き!

いまmineoの音声SIMに乗り換えれば、1年間ずーーっと月額900円引き!
申し込み締切は11月09日まで!お得な乗り換え時期をお見逃しなく!

>> 詳細をmineo公式サイトでチェック!



-au回線が使える, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 All Rights Reserved.