mineo

速度検証!mineo(Dプラン)でYoutubeやNetflixは本当に見れないのか試した結果

投稿日:

格安SIMでも動画が観たい! という人は多いと思います。私も格安SIMで動画をよく観ていますが、ストレスフリーで視聴するにはある程度”通信速度が速い格安SIM”でないとダメです。

前回の記事では、私がメインで使っているワイモバイルで動画視聴が可能か検証(→記事)しました。続いて今回は、サブで今使っている mineo で動画サービスが快適に視聴できるか検証してみます。

言わずもがな、mineoはテレビCMをガンガン流すほど人気の格安SIMです。au回線(Aプラン)とdocomo回線(Dプラン)が選べるのが特徴で、今回はdocomo回線のDプランを使います。

検証する動画サービスは以下3つ。

  • YouTube
  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ

私が普段から利用している動画サービスです。

忙しい人のために先に結論をチラっというと、”mineoで動画鑑賞はなかなか厳しい”という感じでした。

詳しく結果を見ていきましょう。

公式サイト mineo

スポンサーリンク

mineo(Dプラン)の通信速度をスピードテストしてみた

まずは、mineoの格安SIMの通信速度がどの程度出るのか、朝〜夜と時間帯別にスピードテストしてみます。

快適な動画視聴に必要な目安速度は?

と、その前に、動画視聴に必要な通信速度の目安をチェックしておきます。

動画サービスで必要目安となる通信速度は、画質によって異なります。当然ながら高画質モードを選ぶほど通信量が多くなり、通信速度が必要になります。

目安となる速度は動画サービスによっても違うのですが、最高レベルに高品質なNetflixを基準にすると、公式に以下の通信速度が推奨されています。

速度 対応画質
3Mbps SD
毎秒5Mbps HD
毎秒25Mbps UHD(HD以上の高画質)

公式詳細推奨されるインターネット接続速度|Netflix

スマホで動画を見るなら少なくとも3Mbps、大画面のタブレットやパソコンなら5Mbps以上の速度が目安といったところでしょうか。Netflixが快適に観れる速度なら、ほかのどんな動画サービスも問題ないかと思われます。

では、mineoの速度を測ってみましょう。

朝8時の速度テスト結果は遅くて残念…

朝の8時〜9時は、通勤通学ラッシュでみんな電車でスマホいじっているので回線が混雑しやすい(=速度低下しやすい)時間帯です。

なのでやはり、mineoでもかなり厳しい結果が出ました。

下り1.23Mbpsとかなり遅いです。

参考までに1Mbpsというと、WiMAXでは「YouTubeの標準画質(480p)が再生できる程度」とされています。

NetflixではSD画質でも3Mbpsの速度が必要とされているので映画鑑賞はかなり厳しい。Youtube動画がなんとか観れる程度の水準ですね。

最も混雑する昼12時は絶望的な遅さ

昼12時〜13時は格安SIMが最も速度低下する時間帯です。これは世間が昼休みに入って一斉にスマホを触りだすため、回線が一気にパンクしやすくなるからです。

案の定、mineoでも絶望的な結果になりました……。

なんと1Mbpsすら切るという……。

この速度だと、NetflixやAmazonプライムビデオはおろか、YouTubeの標準画質でさえ再生は厳しいです。というか、1Mbps以下は普通にネットサーフィンするのも遅く感じるでしょう。

夕方6時は若干速度が回復するも、高速とは言えないレベル

夕方17時〜18時は比較的速度が出る時間帯です。mineoでもさすがに昼よりマシな速度になりましたが……

うーむ……。

下り1.74MbpsだとNetflixにおけるSD動画再生にも届かないので、まだまだ厳しい結果ですね。

夜は通信速度がかなり回復

夜間20〜21時は仕事や学校が終わってプライベート時間に入るので、お昼時に続いて回線が混雑する時間帯です。

……が、ここでmineoは意外なほど頑張ってくれました。

下り3Mbps以上出ており、1日で最も好成績をマークしてくれました。これでようやくNetflixでSD画質の動画を問題なく再生できるとされる目安速度を出してくれました。

とはいえ、前回テストした ワイモバイル なんかは下り10〜50Mbpsくらい出ていたので、やはり最速クラスの格安SIMに比べるとだいぶ速度は物足りない結果ですね。

NetflixではHD画質の動画を見るために5Mbps必要とされていますが、mineo(Dプラン)は1度も条件を満たせていません。

【ちなみに】混雑していない昼過ぎの時間帯なら高速です

上記ではあえて、混雑しやすい時間帯を中心に速度テストしましたが、例えば深夜帯や昼過ぎなど多くの人が寝ていたり仕事をしていてスマホ回線が空いている時間帯も当然あります。

一例として、昼休みが終わってみんなが仕事に戻った昼14時ごろに速度テストすると、かなり速い速度が出ているのがわかります。

午後2時37分の通信速度ですが、なんと下り91.5Mbpsとキャリア並みに速い数値が出ています。

なので、1日通してずっと通信速度が遅いわけではないことを、ここに補足しておきます。

スポンサーリンク

mineo(Dプラン)で各種動画サービスを利用してみた感想

簡潔にいうと、はっきり言ってmineoで快適な動画視聴はなかなか厳しい結果でした。

NetflixやAmazonプライムビデオなど本格的な映像コンテンツを見るなら他の回線を用意した方がいいというレベル。隙間時間にYouTubeを見るくらいなら、画質にこだわらなければギリギリ楽しめる程度です。

一応、時間帯別に視聴感をテストしてみました。

朝の通勤・通学時はYouTubeならOK

朝に動画再生を検証した結果、まともに見られたのはYouTubeのみでした。

YouTubeでは360p画質での動画再生ができました。480p以上での動画再生は読み込みが長く、厳しい状況です。

Netflixは再生こそできるものの、YouTubeにおける144pと同程度の低画質。かろうじて動いている程度で、画面がぼやけてしまいドラマの夜のシーンとか何が起こっているのかわかりません。

Amazonプライムビデオはとにかく読み込み時間が長く、画質を中画質に落としてもなお再生中に止まってしまう始末。事実上視聴不可と残念な結果になりました。

(ずーっと読み込み中のAmazonプライムビデオ)

朝の動画再生は、YouTube以外はストレスフルで使えたものじゃないです。

昼12時台はYouTube以外は再生すら困難…

昼はスピードテストでも壊滅的でしたが、やはり実際の動画再生も絶望的……

まずYouTubeは、動画一覧におけるサムネイル画像(動画の一部を切り出した画像)がなかなか表示されません。動画の再生を始めるまでのストレスは大きいです。

(YouTubeの読み込みすら遅すぎる)

Youtubeの動画再生は144pという最低画質のぼやけた動画でかろうじて観れました。240p以上の画質で再生すると読み込み時間が長くなります。1分以上かかってもなお動画の読み込みが終わらず、検証を中止しました。

Netflixは朝と同様に映像がぼやけていて、さらに動画再生までの読み込みも30秒程度(通常なら2~4秒程度)とかなり長めでした。

特に問題なのはAmazonプライムビデオで、中画質に絞ってみたものの、読み込みが2分以上経っても終わりませんでした。朝に続き再生不可能です。

mineo(Dプラン)の回線を使って昼に動画を見るのは諦めましょう。

どうしてもmineo(Dプラン)をメイン回線にするなら、動画再生用に別途ポケットWi-Fiを契約するのがおすすめです(後述)

夕方はYouTubeなら高画質で再生可能、Amazonプライムビデオは不可

夕方は少々傾向が変わり、YouTubeではHDに相当する720pやフルHD相当の1080pでの動画再生ができました。とくに読み込み時間は長くなく、途中で再生が止まることもありません。

一方でNetflixは朝や昼と同じ程度の低い画質、読み込み時間も昼と同じく30秒程度かかってイライラさせられました。

Amazonプライムビデオは中画質に下げても途中で途切れてしまい再生不可能でした。

夜はYouTubeのみ高画質で再生できた

夜の動画再生は、夕方と同様にYouTubeでのみ1080pでの動画再生を行えました。

しかしNetflixは夕方までと同じ低画質&読み込みが10秒ほどと長めで、Amazonプライムビデオの場合は途中で動画が止まってしまいました。

 

【結論】mineo(Dプラン)での動画再生は厳しい…

総評として、暇つぶしにYoutubeを見る程度なら(時間帯によっては多少の我慢が必要なものの)かろうじて視聴できます。ただ、NetflixやAmazonプライムビデオなど本格的な映像コンテンツを見るのは無理と思っておいていいです。

ガッツリ映画や番組コンテンツをスマホで観たいなら、mineoの通信ではなく別にWi-Fiなどを用意した方がいいです。

例えばポケットWi-Fiを利用したり、ホーム型の無線Wi-Fiで工事不要で簡単設置できる SoftBank Air などで代替するなど。下記記事を参考にしてください。

あるいは、家に光回線を引いている人は、別途Wi-Fiルーターを購入すれば家中にWi-Fiとして飛ばせます。

そのWi-Fi電波にスマホから接続すれば、Wi-Fiの速度で観れますしmineoの通信量も消費しません。Wi-Fiルーターについては下記記事を参考に。

 

mineoの基本情報をチェック!

最後に、mineoの基本情報をまとめておきます。

動画コンテンツが快適に観れるほど通信速度は速くないmineoですが、総合的には非常に人気のある格安SIMです。

スマホで動画をそこまで観ない、あるいは動画を観るときは別のWi-Fiなどがある人にはおすすめできます。

mineoは音声通話SIMでも契約期間なし

格安SIMには1~2年の契約期間が設定されているものがたくさんあります。

しかしmineoは音声通話SIMのデュアルタイプ、データ通信用のシングルタイプ共に最低利用期間がありません。これはmineoの大きなメリットです。

もし乗り換えてからサービス内容に満足できなくても、無料なので気軽に解約できるのがmineoの強みです。

ただし電話番号をそのままで他社に乗り換えるMNPを利用する場合は例外で、契約翌月から12ヶ月以内だと11500円の手数料がかかってしまうので注意しましょう。

mineoの料金プラン

mineoは、docomo回線を使ったDプランと、au回線を使ったAプランがあります。このマルチ回線もmineoの特徴ですね。

Dプランの料金

データSIM 音声SIM
500MB 700円 1400円
1GB 800円 1500円
3GB 900円 1600円
6GB 1580円 2280円
10GB 2520円 3220円
20GB 3980円 4680円
30GB 5900円 6600円

詳細 mineo

なおデータSIMにSMS機能を付ける場合は、それぞれ+120円です。

 

Aプランの料金

SMS対応SIM 音声SIM
500MB 700円 1310円
1GB 800円 1410円
3GB 900円 1510円
6GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

詳細 mineo

AプランならSMS対応SIMがDプランのデータ通信専用SIMと同じ料金で、音声SIMはDプランより90円安価に設定されています。

より安く利用したいならAプランのほうがおすすめですが、対応する端末の種類がことなるので注意しましょう。

mineo公式サイトに端末の動作確認済みリストがあるので、Dプラン・AプランそれぞれSIMカードを入れて使う予定の端末で通信・通話できるかどうかしっかり確認してから契約しましょう。

公式HP mineo

mineoにはフリータンクがある

mineoには、独自のサービス「フリータンク」があります。

フリータンクは他のユーザーとパケットを共有できる独自のサービスで、余ったパケットを入れたり、反対に引き出したりできます。

ただし引き出せるのは月に1000MBまで、引き出しに対応するのは21日~末前日(31日までの月なら30日まで)に限られるので注意しましょう。

ちなみに今までにパケットを引き出した容量は全ユーザーが確認できるしくみで、余ったパケットを入れず引き出してばかりだと他のユーザーにあまり良い思いはされません。

フリータンクはあくまで非常用として使う、使ったら後日に引き出した容量と同じパケットを入れるなど、他のユーザーの気持ちも考えて運用することが大事です。

しむまる
このほかにも、mineoは独自のサービスやユーザー同士のコミュニティが人気を集めています。より詳しいサービス内容は公式サイトをチェックしてみてください。









-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.