UQ-mobile スマホ

【UQモバイル】nova2スペック評価|!au購入とどちらがおすすめか比較してみる

投稿日:

2017年春に人気を博したスマートフォンであるnovaの後継機として、「nova2」が登場しました。今回一つ驚かされたのは、MVNOの UQモバイル だけでなく、その本家であるauでも販売されたことです。

ほぼ同じ仕様の端末が名前だけ変えてキャリアとMVNOで販売されることは今までもありましたが、最新端末がそのままMVNOとキャリアで同時登場するのは珍しいのではないでしょうか。

そこで今回は、nova2のスペック評価に加えて、UQモバイルとauのどちらで購入した方がお得なのかまで比較調査してみました。

ま、結論としては「nova2は、auよりもUQモバイルで購入したほうが安い」です。安くnova2を購入したいならUQモバイルですね。

下記で詳しく見ていきます。

公式HP UQモバイル

スポンサーリンク

nova2がついに発売!UQモバイルとauで料金を比較してみた

nova2は、auとUQモバイルで販売されているスマートフォンです。

キャリア端末というと5万円~10万円くらいの高額なものが目立ちますが、nova2はauでもUQモバイルでも3万円程度と安いことが特徴ですね。

まずは本体価格や月額料金を比べてみましょう。

本体価格はauの方が少し高い

auとUQモバイルにおける、nova2の月額料金は以下の表の通りです。

au UQモバイル
nova2本体価格 30000円 28900円

見ての通り、1100円ほどUQモバイルの方が安いですね。

そこまで大きな金額差ではありませんが、こういった安い端末を購入するからには1000円程度でも安い方が魅力的です。本体を安く購入したいならUQモバイル一択でしょう。

 

auとUQモバイル、それぞれにしかないカラーあり

カラーに関して、それぞれにしかないバリエーションがあります。

auモデルには「ローズゴールド」というカラー。

公式auスマートフォン

 

一方のUQモバイルには「プレステージゴールド」というカラーがあります。

公式HP UQモバイル

 

月額料金を比較!5分かけ放題+2GBならUQモバイルの方が安い

auでは、2017年より新プランとして、使った通信量の分だけ月額料金を支払う「ピタットプラン」が展開されています。

ちなみに私も現在auでピタットプラン(シンプル)を使っています。ピタットプランは通信量に注意する必要がありますが、使い方によっては料金を格安スマホ並みに抑えられるのが魅力ですよ。

月額料金を比較してみるため、今回は条件を以下に揃えます。

  1. どちらも5分かけ放題を適用
  2. 本体価格は分割払いを選択

表で比較してみると⬇︎

auピタットプラン
(スーパーカケホ)
UQモバイル
(おしゃべりプラン)
通信・通話月額料金 1年目:3480円
2年目~:4480円
1年目:1980円
2年目~:2980円
nova2分割代金 1250円 500円(1ヶ月目のみ600円)
合計 4730~5730円 2480~3480円

※1番安い月2GBのプランで比較した場合

見ての通り、UQモバイルの方が圧倒的に安上がりです。

UQモバイルには「おしゃべり/ぴったりプラン」を選んだ場合に、特定端末の代金が大幅割引になる「マンスリー割」というシステムがあります。nova2の場合これで毎月700円引きになるのが大きいですね。

上記の比較は月2GBのおしゃべりプランSですが、プランM、プランLだと下記の料金表です。

詳細はこちら UQモバイル

 

店頭サポートとキャリアメールはauの方が手厚い

料金が安いのはauよりもUQモバイルですが、サービス面ではさすがにキャリアの方が一枚上手です。

キャリアスマホを使っていれば全国どこにでもあるauショップにお世話になったことがある人がほとんどですが、UQモバイルのショップはそれほど店舗数も多くなく、またサポート内容も新規受付と修理程度です。キャリアのように店頭に行けばなんでもしてくれるわけではありません。

 

またもう一点、UQモバイルはキャリアメールの利用に月額200円かかります。

どうしてもキャリアメールが必要な人でなければ、もったいないのでGmailなどフリーメールをメインにした方がいいでしょう。

ただ、フリーメールではauやドコモなどのキャリアメールアドレスにメール送信してもフィルタリング設定に引っかかって届かないことがあります。事前にキャリアメールを使っている相手に受信許可設定をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

進化したのはどこ?nova2のスペックをnovaと比較

先代のnovaからどう進化したのか、スペックを比較してみました。

(※スマホは横スクロール可)

nova2 nova
税抜価格 28900円 37980円
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Kirin 659 Snapdragon 625
メモリ 4GB 3GB
ストレージ容量 64GB 32GB
画面 5インチ、フルHD 5インチ、フルHD
カメラ アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:2000万画素
アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
重さ 143g 146g
バッテリー容量 2950mAh 3020mAh

そこまで劇的に進化したわけではありませんが、すでにnovaを持っている人は機種変更する価値はあるでしょう。

端末価格はnova2の方が安い

UQモバイルでは、スペック向上したnova2の方が実は端末価格が安上がりとなっています。

この時点で、novaを今から購入する必要性は一切なくなったと言い切ってしまって良いかと。

ストレージ容量が倍増しているので、本体に保存できるデータ量が増えた

novaのストレージ容量は32GB。これでも「ボリュームは十分で、たくさんアプリをインストールしたり写真・音楽を保存したりできる」容量です。

nova2ではその2倍である64GBなので、今まで以上の大ボリュームですね。

nova2なら、microSDカードを別途購入しなければいけない人は少ないのではないでしょうか。よほどたくさん音楽や動画を端末内に保存するのでなければ、本体ストレージで十分でしょう。

 

メモリ容量が1GB増えたので、動作のサクサク度合いも上がっている

2017年はメモリ容量3GBの端末がたくさん登場し、Android端末の動作はとてもサクサクになりました。

nova2はそこからさらに一歩先を行く、4GBのメモリを搭載しています。

4GBあれば、3GB端末以上に動作がサクサク。大量アプリの同時起動にも耐えますし、作業途中で別のアプリに切り替えてから戻ってきて、中断していた作業が失われてしまうようなストレスも減ります。

 

インカメラの画素数が上がり、自撮り写真をさらにきれいに撮影できるようになった

novaではインカメラの画素数が800万画素でしたが、nova2では2000万画素と大幅に上がっています。

公式より UQモバイル

SNSの普及は日々進み、今やテレビやラジオで「インスタ」の名を聞かない日はなくなりました。自撮り写真を撮る人もそれだけ増えていると考えられます。

nova2なら、SNSに投稿する自撮り写真をよりきれいに撮影できます。顔をきれいに補正する機能やジェスチャーで写真を撮る機能もあり、自撮りにおいて最強の端末ですね。

バッテリー容量の低下とCPUには注意が必要

スペック上の注意したいポイントは「バッテリー容量」と「CPU性能」の2点です。

公式サイトでバッテリーは「2日間持つ」と謳われていますが、novaと比べるとわずかに容量少なくなっていることを覚えておきましょう。

そしてCPUは、Snapdragonというキャリア端末で幅広く使われているものから、ファーウェイ独自のKirinに変更されています。Snapdragonはハイスペックゲームにも強いCPUだったので、この変更は若干のスペック下落と言えます。

これにより、一部のSnapdragon向けに調整されているゲームアプリなどの中には快適に動作しないものも存在していると考えられます。ゲーマーの方はCPU性能にも注意したほうが良いでしょう。

店頭で触ってみると、iPhoneっぽさが上がったように思えた

私も実際に家電量販店でnova2を触ってみたのですが、novaに比べて端末デザインのiPhoneっぽさが上がっていましたね。

novaは背面がカーブしていて持ちやすい本体デザインでしたが、nova2は平ら。iPhoneでいうと6~7のような触り心地でした。

作りの粗さなどは特に感じられませんでしたが、人によっては遠目に見るとiPhoneと見間違えてしまうこの端末デザインが気になるように思えたので触れておきました。

まとめ

しむまる
今から先代のnovaを購入する意味はないでしょう。

スペックは上がり、価格は逆に安くなったので、かなりコスパの良いスマホに仕上がっている印象です。









-UQ-mobile, スマホ

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.