Y!mobile

ワイモバイルの通信速度は本当にキャリア並に速い?ドコモと比較してみた

投稿日:

ソフトバンクが直々に展開しているサブブランドのワイモバイルでは、「サービスや通信速度がキャリア並」という評判をよく目にします。

実際にワイモバイルのスピードテスト結果を掲載しているサイトや雑誌もたくさんありますが、「直接キャリアとワイモバイルを比較した」データはそれほど多く見受けられません。

私は現在、ワイモバイルとドコモの両方を契約しています。今回はこれら2つの回線でスピードテストを行い、本当にワイモバイルが「キャリア並」の格安SIMなのか検証してみました。

先に言ってしまうと、ワイモバイルは、たしかにスピードテストにおいてキャリアに劣りません。それどころか、今回の調査結果だとドコモより速度が速かったです。

実際のスピードテスト結果をスクリーンショットを交えつつ解説するので、今後の契約の参考にしてみてください。

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク

ワイモバイルとドコモのスピードテスト比較

今回スピードテストに使用した端末は下記の通り。

  • ドコモ:iPhone X
  • ワイモバイル:iPhone 8

どちらも最新のiPhoneで計測場所も同じなので、端末の仕様や場所による速度の差はほぼないと考えて良いでしょう。

それでは早速、スピードテストの結果をチェックしていきます。

朝:ダウンロード速度はワイモバイルの方が速かった

朝のスピードテスト結果は、以下のとおりです。

 

(左ドコモ/右ワイモバイル)

ダウンロード速度はドコモが52.4Mbps、ワイモバイルは84.9Mbpsと、格安SIMであるはずのワイモバイルの方が高速となりました。

実際の体感速度はどちらもそれほど変わりませんでしたが、数値上はワイモバイルの方が有利です。

アップロード速度については、ドコモのほうが少し高速な結果が出ています。こちらも体感速度の差は特にありません。

朝の時点でワイモバイルの方が速く、驚かされました。これではキャリア並どころか、キャリア以上ですよね。

昼:なんとワイモバイルの方が、下り・上り共に圧倒的爆速

今回特に驚かされたのが、昼のスピードテストです。Ping数値こそドコモの方が好成績ですが、下り・上り共にワイモバイルの方が速度は出ていました。

 

(左ドコモ/右ワイモバイル)

ドコモを使っていて最近感じているのですが、ドコモはキャリアであるにも関わらずお昼は読み込みがちょっと長いです。

ドコモは格安SIMに比べて圧倒的に広い回線帯域を持つキャリアですが、それでもスマホユーザーが多いために回線は混み合い、速度も低下してしまうのでしょう。

ワイモバイルはソフトバンクが展開していて自分で回線を所有する「MNO」。他社の格安SIMと違い広い回線帯域を持っているので速度が出やすいのですが、まさかドコモ以上の結果が朝と昼の連続で出るとは思いませんでした。

朝は体感速度にそれほど差を感じられませんでしたが、昼については動画再生やブラウザ閲覧などの体感速度もワイモバイルの方が快適でした。

夕方:朝・昼に続きワイモバイルは好成績

夕方のスピードテスト結果は、以下のとおりです。

 

(左ドコモ/右ワイモバイル)

朝も昼もダウンロード速度はワイモバイルが有利でしたが、夕方も圧倒的にワイモバイルの方が高速でした。アップロード速度もワイモバイルの方が2倍近く出ています。

体感速度もやはりワイモバイルの方が高速で、驚きを隠せません。

契約している容量が違うとはいえワイモバイルの3倍以上の月額料金がかかっているのに、ここまでドコモが負けるとは…。衝撃的です。

 

夜:この日は最後までワイモバイルが圧勝だった

最後に、夜8時台のスピードテスト結果をご覧ください。

 

(左ドコモ/右ワイモバイル)

夜についても、下り・上りともにワイモバイルの圧勝でした。

結局ドコモのほうが速かったのは朝の上り速度だけで、あとはワイモバイルの方が高速だったことになりますね。

スピードテストはワイモバイルの圧勝

今回記事の執筆を考える前は、「だいたい同じかドコモの方がやや高速くらいの値になる」と想定していました。

ところが実際に書くにあたって調査してみると、ほとんどの時間帯でワイモバイルの方が上り・下り共に高速となったのです。

格安SIMというと、「安い代わりにデメリットもある」「速度ではキャリアに負ける」というイメージが強い方も多いでしょう。

しかし通信速度については、今回の検証結果をもとに考えると「キャリアより速いこともある」とまで言えます。

ワイモバイルへの乗り換えなら、通信速度について心配することはありません。

スポンサーリンク

ドコモ(キャリア)とワイモバイルの共通点

今回の調査で、ワイモバイルとキャリア(ドコモ)には速度面での差はほぼないことがわかりました。

速度以外にも、ワイモバイルにはキャリア並みに優れているポイントがいくつもあります。キャリアと共通するメリットを4つ、チェックしていきましょう。

日本全国にサポートを受けられる店舗がある

格安SIMの多くは月額料金を抑えるために店舗を極力出店せず、ネットでの手続きを中心として展開しています。

受付カウンターや店舗がある格安SIMもいくつかありますが、契約できてもサポートは受けられないものがほとんどです。

しかしワイモバイルなら、店舗で契約どころか機種変更やプラン変更、さらに端末の修理受付までできます。店舗数も、格安SIMの中ではおそらくトップクラスでしょう。

地方の住宅地などでも、ワイモバイルショップを見かけることが増えてきました。

何かトラブルがあったら店舗で対応してくれるので、スマホの各種手続きに明るくない初心者の方はワイモバイルショップがあるワイモバイルを選んでおけば安心ですね。

ただし店舗については注意したいこともあるので、合わせて「相違点」の項目もご覧ください。

キャリア決済が使える

私の周りのスマホユーザーには、スマホ代と合わせてネットショッピングなどの代金を支払える「キャリア決済」サービスを使っている人が多いです。

格安SIMでは基本的にキャリア決済ができません。それを理由に、格安SIMへの乗り換えを躊躇している人もいますね。

ワイモバイルでは「ワイモバイルまとめて支払い」でアプリや通販サイトなどの支払いを行えます。

クレジットカードを持っていないなどの理由でキャリア決済を活用している人も、ワイモバイルなら引き続きキャリア決済ができますよ。

キャリアメールが使える

ワイモバイルでは、無料でキャリアメールを使えます。UQモバイルでも使えますが有料(月額200円)なので、ワイモバイルはより有利ですね。

特定のサイトへの会員登録やガラケーユーザーなどとの連絡で、まだまだキャリアメールを使う人もいるでしょう。ワイモバイルへの乗り換えなら、引き続きキャリアメールが使えますよ。

LINEのID検索に対応する

ワイモバイルは、LINEのID検索に対応しています。ID検索はIDで友達を追加できる便利な機能ですが、年齢認証を行わなければ使えないため格安SIMのほとんどでは利用できません。

ワイモバイルなら、ワイモバイルを展開しているソフトバンクの年齢認証サービスを使って年齢認証後にID検索ができます。

LINEでID検索を使っている方は、ワイモバイルへ乗り換えるのが良いでしょう。

 

ドコモ(キャリア)とワイモバイルの相違点

通信速度の傾向や各種サービスに共通点が多いキャリアとワイモバイルですが、当然ながら異なっている点もいくつかあります。

月額料金はワイモバイルの方が圧倒的に安い

当然ですが、月額料金はキャリアより格安SIMであるワイモバイルの方が圧倒的に安上がりです。

公式サイト ワイモバイル

私の場合ワイモバイルは2GB使えて月額1980円(2年目からは2980円)、ドコモで同容量を契約すると5500円となります。

スマホ代を節約するなら、Y!mobileを選んだほうが圧倒的にお得ですね。

店舗の”規模”はキャリアの方が大きい

ワイモバイルには、たしかに店舗があります。しかし実は、店舗について一つだけ注意して置かなければいけないデメリットがあるのです。

ワイモバイルショップを見かけたら、ソフトバンクショップなどとのある違いに気づくのではないでしょうか。

それは店舗の規模です。ワイモバイルショップは、多くの場合キャリアのショップの半分~4分の1くらいの広さしかありません。

結果的に、訪れる人が多い休日などはお店が混み合ってしまいなかなか契約ができないこともあるのです。

ネット契約ならいつでもどこでもすぐに行えるので、ワイモバイルへ乗り換える時はネットを利用し、店舗に訪れるのはサポートを受けたい時に絞ったほうが良いでしょう。

扱っている端末に違いがある、最新iPhoneをセット購入できるのはキャリア

ワイモバイルでは、主にワイモバイル専売の「Android One端末」や1~2世代前のiPhoneが販売されています。

最新のiPhoneやGalaxyなどの端末は、キャリアでしかセット購入できないので注意しましょう。

私はワイモバイルで使う用のiPhone 8を、SIMフリーモデルでAppleStoreから単体購入しました。

ワイモバイルで最新iPhoneを使いたいなら、AppleStoreでSIMフリーモデルを買うのがおすすめです。

 

まとめ

ワイモバイルとdocomoのスピードテスト結果を比較すると、なんとワイモバイルの方が高速でした。

常に今回と同じ結果が出るとは限りませんが、ワイモバイルを契約する場合通信速度について心配する必要はないと考えて良いでしょう。









-Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.