Y!mobile スマホ

【Y!mobile】Android One「X2」「X3」「S3」「S4」登場!前モデルからの改善点はメモリやストレージ

更新日:

ワイモバイルでは今までAndroid Oneシリーズが展開されていましたが、全体的にスペックが一昔前の仕様で使い勝手がイマイチであり、あえて選ぶ理由が薄いのが難点でした。

そこへ、今回登場したのが2018年最新のAndroid One端末「X2」「X3」「S3」「S4」。4機種ともスペックが大幅に改善され、万人におすすめできる端末となりました。

今回は、ワイモバイルの最新Android One端末4機種を前モデルと比較しながら紹介します。ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

公式HP ワイモバイル

スポンサーリンク

ワイモバイルにAndroid Oneの新機種「X2」「X3」「S3」「S4」登場!

ワイモバイルで展開されているAndroid Oneは、発売から24ヶ月の間に最低1回のOSアップデートが保証されていることが特徴です。

キャリアのスマホやSIMフリースマホ各種の中には、OSがアップデートされずすぐにスペックとして古くなってしまう機種も多いもの。Android Oneならその心配はありません。

またAndroid One端末は、キャリア製の余計なアプリがたくさん入っていないためシンプルなことも魅力です。

そんなAndroid Oneにこの度、

  • X2
  • X3
  • S3
  • S4

以上4機種が新登場しました。

まずは簡単にそれぞれの特徴を紹介していきましょう。

X2はAndorid One初のHTC製で音楽再生に強い

公式 ワイモバイル

X2は、これまでに登場したAndroid One端末の中で一番スペックが高いスマートフォンです。

CPU、メモリ、ストレージ容量のいずれも最高スペックで、とくに4GBのメモリや64GBのストレージ容量は、2017年に登場したXperiaやGalaxyと同程度のスペックとなっています。

HTCはこのX2でワイモバイルのAndroid Oneに初参入。そんなこともあってか、非常に気合いが入っていることが伺えますね。

スペックに加えて機能面での特徴に挙げられるのが、ハイレゾ音源の再生に対応していてハイレゾ対応のイヤホンまで付いてくることです。

別途オーディオプレーヤーやハイレゾ対応イヤホンを用意しなくても購入後すぐにハイレゾ音源を楽しめるのは、X2の大きなメリットでしょう。

私が今回の4端末を見て、最も興味を持ったのがX2です。Android Oneというとスペックはそこまで重視していない印象を持っていましたが、X2は例外ですね。

 

X3は京セラ製で、頑丈さが魅力

公式 ワイモバイル

Android OneのX3は京セラ製。京セラは頑丈さをウリとしたスマートフォンを展開しています。

防水防塵はもちろん、耐衝撃性能も高いのでアウトドアスマホにぴったりですね。

X3はCPUを「Snapdragon 630」に設定するなどスペックを他の京セラ製Android One端末よりも高めに設定しつつ「割れにくいハイブリッドシールドディスプレー」を搭載。

頑丈でありながら性能も高めで、少なくとも2年間は快適に使える端末がX3です。頑丈さと機能性の両方を重視する人は、X3を検討する余地があるでしょう。

S3、S4は事実上のS1、S2後継機

S3

S4

公式 ワイモバイル

Android Oneでは廉価モデルとして、元々S1とS2が展開されていました。

メモリ2GB、ストレージ容量16GB、CPUも性能は低めのものが搭載されていて、その代わりに安いのがこれらの特徴でした。

今回登場したS3とS4は、事実上それぞれS1、S2の後継機です。スペックの比較は次項で行いますが、手堅くスペックアップを行っている印象を受けました。

 

Android Oneの最新機種を、前モデルと比較してみる

続いてここまで紹介した最新Android One端末各種を、それぞれの前モデルと呼べる端末と比較してみましょう。

ひとまず言えることは、いずれの端末も前機種からのスペックアップを実感できること間違いなしです。

X2、X3とX1の機能・スペックを比較!

名前の頭にXがつくAndroid Oneはおサイフケータイに対応していたり、防水・防塵に対応していたりするのが特徴。

キャリアからの乗り換えなら、機能が豊富なXシリーズがおすすめです。今回のX2やX3はスペックも上がって、よりキャリアのハイスペック端末から乗り換えたときの違和感は薄くなったと考えられますね。

X2、X3とX1のスペックを表にまとめました。

※スマホは横スクロール可能です。

X2 X3 X1
税抜価格 62900円 未定 65300円
初期OS Android 8.0 Android 8.0 Android 7.1
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 630 Snapdragon 435
メモリ 4GB 3GB 3GB
ストレージ容量 64GB 32GB 32GB
画面 5.2インチ、フルHD 5.2インチ、フルHD 5.3インチ、フルHD
カメラ アウト:1600万画素
イン:1600万画素
アウト:1300万画素
イン:800万画素
アウト:1640万画素
イン:800万画素
重さ 142g 150g 169g
バッテリー容量 2600mAh 2800mAh 3900mAh
ワンセグ対応 ×

公式詳細 ワイモバイル

まず目を引くのが、X1からCPUが変更されたことでしょう。

X1に搭載されていたSnapdragon 435はお世辞にも性能が高いものではありませんでしたが、X2やX3のSnapdragon 630はいわゆるミドルハイスペック。つまり性能が高めです。

X2やX3ではCPUの強化により、ゲームアプリなどCPU性能を必要とするアプリをサクサク動かせるようになったと考えられますね。

メモリ・ストレージ容量はX3だとX1と共通ですが、X2はどちらもパワーアップ。キャリア端末並です。

X1が勝っているのはわずかな違いですが画面サイズと、バッテリー容量ですね。大容量バッテリーを重視するならX1ですが、そうでなければX2かX3を選んだ方が良いでしょう。

なおX2は、3機種の中で唯一ワンセグに対応していません。ワンセグを見たい場合は、X3かX1を選ぶのがおすすめですよ。

 

S3の機能・スペックをS1と比較!

続いて、S3とS1のスペックを比較してみましょう。これらはどちらもシャープ製です。表にスペックをまとめました。

※スマホは横スクロール

S3 S1
税抜き価格 未定 30000円
CPU Snapdragon 430 Snapdragon 430
メモリ 3GB 2GB
ストレージ容量 32GB 16GB
カメラ メイン:1310万画素
サブ:500万画素
メイン:1310万画素
サブ:800万画素
重さ 143g 134g
画面 5インチ、フルHD 5インチ、フルHD
バッテリー容量 2700mAh 2530mAh

S1からS3で大きく変わったところは、メモリとストレージ容量ですね。

S1のメモリ2GB・ストレージ容量16GBというスペックは正直発売時点でも古臭かったですが、S3では2017年秋以降の平均的なスペックに底上げされました。

アプリや画像、音楽などのデータを保存するなら、S1よりS3の方が圧倒的に余裕があります。私としては、今から買うなら迷わずS3を選ぶべきだと思います。

ただし自撮りに使えるサブカメラの画素数が落ちているので、自撮り写真の綺麗さ重視の人はS1も検討してみると良いでしょう。

S4の機能・スペックをS2と比べてみた

S4とS2は京セラ製のAndroid One端末。こちらもスペックをそれぞれ表にまとめたので、ご覧ください。

※スマホは横スクロール

S4 S2
税抜き価格 未定 30000円
CPU Snapdragon 430 Snapdragon 425
メモリ 3GB 2GB
ストレージ容量 32GB 16GB
カメラ メイン:1300万画素
サブ:500万画素
メイン:1300万画素
サブ:200万画素
重さ 130g 142g
画面 5インチ、フルHD 5インチ、HD
バッテリー容量 2600mAh 2300mAh

S2はなぜかCPUがSnapdragon 425という430より古いものを採用していましたが、今回のS4ではSnapdragon 430になっています。

メモリ・ストレージ容量はS3と同じく向上していて、スペック的には今からS2を選ぶ理由はないと私は考えています。

S2のサブカメラは200万画素と極端に画素数が少ないものでしたが、S4ではここも500万画素にパワーアップしています。きれいな自撮り画像を撮影できますね。

画面もHDからフルHDになっていて、より綺麗な動画・写真を楽しめるようになりました。ただし画面サイズが5インチと元々そこまで大きくないので、あまり画質の向上は体感できないかもしれません。

京セラ端末はとにかく頑丈なのがウリでしたが、S2は頑丈なのはともかくデザインがツヤツヤで古臭く、スペックも全体的に一昔前のレベルだったため正直私は眼中にありませんでした。

しかし今回のS4はスペックが全体的に底上げされていますし、デザインも無骨さが薄れて万人向けになったように思えます。S4ならおすすめできますね。

私のおすすめはX2とS4

4機種も発売されたので、どれを買うべきなのか迷ってしまう方も多いでしょう。私がおすすめしたいのは、X2かS4のどちらかです。

X2は、スペックと機能重視の人におすすめ。CPU以外はキャリアのハイスペックと変わらない性能ですし、機能もおサイフ、防水に対応していてバッチリです。

S4は安価なモデルのS2の後継機的存在で、頑丈さに加えてスペックも「一通り快適に使える」くらいにまで上がっているのが嬉しいですね。

ちなみに今回登場した4機種はすべて子供に持たせるにあたってのフィルタリングアプリがインストール済みなので、とくにS4は頑丈で壊れにくいことと合わせて子供に持たせるスマホに最適でしょう。

 

まとめ

ついに登場したAndroid One4機種。ワイモバイルではiPhoneも販売されていますが、Androidの発売にも積極的です。

今回紹介した4機種はワイモバイル以外では買えないので希少性も高いですよ。









-Y!mobile, スマホ

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.