SoftBank Air 光回線

SoftBank Airはレンタルか購入のどっちがお得か?比較して解説!

更新日:

据え置き型の自宅向けWi-Fiとして人気を誇るソフトバンクAirですが、契約時にルーター(Airターミナル)を「レンタル」するか「購入」するかを選ぶ必要があります。

レンタルの場合は解約時に返却する手間がありますが、購入の場合は解約後もAirターミナルが手元にずっと残るという煩わしさがあります。

月額料金を見ると、一見すれば購入した方が月額料金が安くなるのでお得そうですが、実は一概にそうとも言えません。むしろ個人的にはレンタルの方がいいとも思っています。

この記事では、ソフトバンクAirはレンタルするべきか購入するべきか、メリットデメリットを比較しながら決めていきたいと思います。

レンタルと購入で月額料金(1~2年目)を比較

まずはAirターミナルをレンタルした場合と購入した場合で、ソフトバンクAirの月額料金を比較してみましょう。

レンタル 購入
基本料金 4880円 4880円
レンタル料
割賦金
490円 1500円×36ヶ月
(月月割-1500×36ヶ月)
はじめようSoftBank Air割(24ヶ月間) -1080円 -1080円
月額料金合計 4290円 3800円
しむまる
こちらは基本的な月額料金です。スマホのセット割引「おうち割」が適用になると若干変動します。

参照 SoftBank Air

レンタルの場合は、レンタル料490円が毎月発生します。

購入の場合は、一括払いはできず分割払いのみになります。割賦金(分割代金)が毎月発生するものの、それと同額の月額割引(月月割)で相殺されるので実質0円です。

つまり月額料金では「購入」の方が安いことになります。

  • レンタルの場合:月額4290円
  • 購入の場合:月額3800円

しかし、安いというメリットの裏には必ずデメリットもあります。料金表を見てピンときた方もいるかもしれません。

購入を選んだ際のデメリット

しむまる
実は、購入を選んだ方がお得になる人はかなり限られてきます。というか、実質誰も得しないとも言えますね。

1:分割支払いが36ヶ月に及び、4年契約を続けないと無料で解約できない

まず注意したいのは、「購入」を選んだ場合は一括払いができないこと。そして分割購入の支払いは36ヶ月間となっていることです。

本来ソフトバンクAirの最低契約期間は2年間です。

ソフトバンクAirの契約は自動更新なので、2年経った段階で解約しなければ再び自動で2年契約がスタートします。

2年以内の解約による違約金は9500円なので、分割払いが終わる3年目に解約しようとすると違約金9500円がかかってしまうのです。

2年目で契約解除しようとした場合……

⇒割賦金の残債が残り12ヶ月分かかる(1500×12=18000円)

3年目で契約解除しようとした場合……

⇒2年契約が更新されているので、違約金9500円がかかる。

結局、すんなり契約解除できるのは4年かかる!

こういうことですね。

購入を選んだ場合は2年目も3年目も、解約すると高額なお金がかかってしまうわけです。Airターミナル代を払い終えて、かつ違約金もなしに契約解除できるのは早くて4年目です。

ちなみに4年経った段階で解約するのを忘れると、また2年間は解約に9500円の違約金がかかります。絶対に忘れられませんね。

2:契約終了したらAirターミナルがゴミと化す(Wi-Fiルーターにも使えない)

分割で購入した場合、ソフトバンクAirを解約してもAirターミナルが手元に残ります。そしてAirターミナルは何の役にも立ちません。解約したら当然通信はできませんので、ただの置物です。

ポケットWi-Fiなら端末によってはSIMカードを入れ替えて設定すれば通信したりできることがありますが、Airターミナルではそういったこともできずルーターとしても使えません。

何もできないので中古ショップなどで売却しようとしてもまったく価値はつかないでしょう。売却もできなかったら自分で処分するしかないですね。

しむまる
実質ゴミが残るだけ……という。

3:3年目からは「はじめようSoftBank Air割」がなくなる

ソフトバンクAirは現在新規契約キャンペーン「はじめようSoftBank Air割」を開催中で、いまソフトバンクAirを契約すると、レンタルでも購入でも2年間は月額1080円引きになります。

レンタルの場合は2年でスッパリ解約すれば契約中はずっと割引料金で利用できますが、購入して3年以上使うとなると利用期間の途中から月額料金が上がります。

3年目以降の月額料金は、以下の通りです。

レンタル(3年目以降) 購入(3年目以降)
5370円 4880円

この金額になると結構な高額ですよね。できるなら1080円割引が適用される期間(2年)だけで使いたいものです。

「はじめようSoftBank Air割」は終了期間未定です。いつ終了するか分かりません。

参照 SoftBank Air

【結論】2年でスッパリ終了したいならレンタルでOK

36ヶ月契約なので、4年間契約を続けないと無料で解約できない

Airターミナルの使い道は一切ない

3年目からは月額料金が上がる

以上の理由を考慮すると、Airターミナルはレンタルで運用し、2年経った段階で解約するのがベストです。

2年/4年の総額で比較してみる

念のため、2年間ソフトバンクAirを契約して契約期間満了のタイミングで解約したときの総額(月額料金24ヶ月分+購入の場合はAirターミナルの残債12ヶ月分)を比べてみましょう。

レンタル 購入
102960円 110640円

この通り、「2年で解約」を前提とするとレンタルの方が安上がりとなりました。

どの程度使うかは人にもよりますが、そもそもソフトバンクAirは引っ越しなどの多い人に嬉しい「お手軽インターネット」なので、2年以内を目処にしている人が多いと思いますし。

ちなみに4年間契約した場合のトータルコストはこうなります▼

レンタル 購入
231840円 227760円

4年利用となると購入の方が4000円ほど安上がりになりますね。これ以降も契約を続けると、さらに差は広がっていきます。

つまり、長期契約をするなら購入も一応検討の余地はあります。

ただし……

新型ターミナルが登場する可能性も考慮しよう

Airターミナルは、定期的に性能が上がった新型が登場しています。現時点ですでにターミナル3まで出ているので、今後またさらに性能向上したターミナル4も出てくるでしょう。今のところ1年〜2年ごとに新型が出ています。

もし現在のターミナル3を長期利用前提で「購入」してしまい、その利用期間中に新型ターミナル4が出てしまうと悔しいですよね。解約してターミナル4に乗り換えたいでしょう。

そこまで考えると、長期間ソフトバンクAirを使う前提でも、レンタルで2年ごとに契約し直して、新型ターミナルが出れば都度乗り換える方が良いのではないでしょうか。

機器の寿命もある

何年も同じ機器を使っていると、機器の寿命で故障してしまう可能性も高くなってきます。端末保証オプションに加入すれば対応してもらえますが、それも手間ですし可能なら常に新しい状態で使いたいです。

しむまる
そんなこんな、諸々の点を総合的に踏まえると、やはりソフトバンクAirは利用期間に限らずレンタルでの契約をおすすめしておきます。

>> SoftBank Air公式サイト

 

レンタルの際の注意点・返却方法など

レンタルの方法ですが、ソフトバンクAirを契約すると「Airターミナル」が郵送されてくるので、それを箱から出してコンセントに繋ぐだけで早速使い始めることができます。

忘れずに注意したいのは、返却です。

ソフトバンクAirをレンタルした場合は、解約した月の翌月20日までにAirターミナルを返却しなければいけません。

Airターミナルの返却先は下記の通り。

〒277-0804

SoftBank モデム係 宛

お問い合わせ電話番号/伝票記載電話番号:0800-1111-820

返送にかかる送料は自分で支払わなければいけませんが、配送方法は自分で好きなものを選んでOKです。

【申し込み手順】ソフトバンクAirを契約しよう

メリットをおさらい

ソフトバンクAirのメリットをザッとまとめておくと、

工事不要、コンセントに繋ぐだけでネット環境が完成する

引っ越し時も、Airターミナルを持ち運ぶだけですぐ使える

配線はコンセントに接続するケーブル1本なので、部屋もごちゃごちゃしない

AirターミナルにWi-Fi機能が内蔵されているので、Wi-Fiルーターの購入も不要

AirターミナルにはLANケーブルを接続できるので、有線でのインターネットも可能

通信量の上限無し

ソフトバンクのエリア内ならどこでも利用可能

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを契約しているなら、スマホ代が割引になる

などなど、たくさんあります。

あくまでソフトバンクAirはモバイル回線(スマホやWiMAXと同じ回線)を利用したサービスなので、光回線と比べると通信品質は劣りますが、それ以上にこの「手軽さ」が大きな魅力です。

引っ越しが多い人や独り暮らしの人にピッタリのネット回線ですね。

そのほか、もっと詳しく知りたい人は下記関連記事もチェックしてみてください。

とくに、他社からソフトバンクAirに乗り換える場合は、今の回線の違約金や撤去工事費などに応じてソフトバンクAirから同額程度のキャッシュバックをもらうことができます。

つまり、違約金などはソフトバンクAirが負担してくれるので、安心して今乗り換えてしまってOKです。

キャッシュバックを受け取るには、

  • 今の回線を解約する前に、ソフトバンクAirに申し込むこと
  • 違約金や工事撤去費を証明できる書類(請求書)のコピーを用意すること

などいくつか条件があります。

キャッシュバックについて詳しくは下記記事にまとめているのでお読みください。

参考ソフトバンクAir乗り換えのキャッシュバック金額と受け取り手順【要チェック】

 

ソフトバンクAirの申し込み手順

最後に、ネットからの申し込み手順も載せておきます。

現在、新規申込キャンペーン中なので、いまSoftBank Airに申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなります。

キャンペーンはいつ突然終了するか分からないので、お早めに申し込んでおきましょう。

下記公式サイトから申し込みを行います。

公式サイト SoftBank Air

トップページど真ん中の「インターネットからお申し込み」

すると、簡単な選択ボタンが現れます。

  1. 「Yahoo!BBを利用しているか否か?」
  2. ソフトバンクのスマホを使っているか否か

こちら、「はい」か「いいえ」を選んで先を進みます。

なお、今回はYahoo!BBは利用していない前提で、ソフトバンクユーザーの場合とそうでない場合に分けて手順をおさらいします。

ソフトバンクのiPhoneやケータイ利用者ではない人

「ソフトバンクのiPhone、スマートフォン、3G携帯をお使いですか?」に”いいえ”で答えます。

すると個人情報登録の画面になるので、必要事項を入力していきましょう。

住所などを入力して下にスクロールすると、

  • 「現在ご利用中のインターネット回線」
  • 「希望の料金プラン」

を選択します。

オプション加入を希望の場合は「申し込む」にチェックを入れておきましょう。オプション要らない人は飛ばしてOKです。

最下部までスクロールして、

「同意してお申し込み内容の確認へ」をクリック。

入力内容の確認画面になるので、問題なければ「申し込む」で確定。

これで完了です。簡単ですね。

※詳細は必ず公式サイトでご確認ください。

 

ソフトバンクのスマホを利用中の人

「ソフトバンクのiPhone、スマートフォン、3G携帯をお使いですか?」に「はい」を選択して次へ。

ソフトバンク会員ページであるMy SoftBankのログイン画面になります。

「携帯番号とパスワード」を入力し、図形パズルを動かしてからログインしましょう。

いま現在のネット利用状況の選択画面になるので、今の自分の状況を選択してください。

チェックを入れたら「次へ」

確認画面になるので、「登録する」をクリックすれば受付完了です。

登録後、My SoftBankに登録してある電話番号宛に、ソフトバンクから電話かSMSにて案内が来ますので、それを待ちましょう。

 









-SoftBank Air, 光回線

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.