格安SIMの比較・選び方 通話がおトク

【2017年版】格安SIMのかけ放題比較!プラン・月額料金まとめました

投稿日:

2016年から格安SIMでも続々とかけ放題サービスが生まれはじめ、2017年になった段階では人気どころの大手MVNOのほとんどがかけ放題などの通話サービスを提供するようになりました。

かけ放題を各社が用意してくれるのはありがたいことですが、あまりに増えすぎたせいでどこがどんなかけ放題サービスを持っているのか一覧で比較しないととても覚えられない状況です。

そこでこの記事では、2017年時点の人気MVNO各社のかけ放題状況をまとめてみます。

しむまる
通話しないという人でも、いざ必要になる時がくるかもしれないので、かけ放題オプションを持っている格安SIMにしておいた方が何かと良いのは確実ですよ。

スポンサーリンク

音質の心配なし!人気格安SIMのかけ放題オプションまとめ

まずは通常の音声通話のかけ放題オプションを一覧で紹介していきます。ほとんどのかけ放題は「○分以内の通話がかけ放題」という制限付きなので、分数ごとに分けて紹介していきます。

しむまる
……とその前に、かけ放題で気になる通話品質について先にちょっと説明しておきます。

最低限知っておきたい、かけ放題サービスの品質とプレフィックス方式について

格安SIMではIP電話サービスを用いて通話料を節約する方法がありますが、IP電話はネット回線を使った通話方式なので通話品質が悪いのがデメリットです。声が聞こえにくかったり音がズレたり遅れたり、回線が繋がりにくかったりと……ややストレス。

かけ放題でもそんな通話品質が気になるところですが、結論から言うとほとんどのかけ放題は通常の音声回線を使うために通話品質は良いです。ご安心ください、ネット回線ではなくきちんと音声回線を使っています。

なのになぜ格安SIMでかけ放題が提供できるのかというと、ほとんどのかけ放題で「プレフィックス方式」という専用の音声回線を用いた方法が採用されているからです。

専門的なことは知らなくても良いので、とにかく音声回線は音声回線でもその中の「専用道路」を使っているとイメージしておけば良いでしょう。

ただ一つ大事なのは、そのプレフィックス回線(専用道路)を使ってかけ放題電話をかけるには、専用アプリを使うか、相手の電話番号の頭に指定の「プレフィックス番号」を付けて発信する必要があります。

「プレフィックス番号」とは専用回線を使うパスワードのようなもので、080や090の前に指定の番号を付け足して発信することでかけ放題(専用回線)が使えるようになります。

かけ放題の電話(プレフィックス方式)をかける条件

  • 専用アプリから発信する
  • 相手の電話番号の頭に指定の「プレフィックス番号」を付けて発信する

この「専用アプリ」と「プレフィックス番号」は、各社ごとに独自のものを提供していますので、かけ放題を契約したらアプリをダウンロードしておくか、プレフィックス番号をチェックしておきましょう。

しむまる
というわけで、各社のかけ放題をまとめていきます。

3分かけ放題

3分というと短いように思えるかもしれませんが、日本人の通話時間は平均3分程度と言われているので、実は多くの人にとって一番ちょうど良いのが3分かけ放題です。

3分かけ放題が提供されている格安SIMはあまり多くありません。

月額料金
IIJmio (家族と10分、誰とでも3分) 600円
BIGLOBE SIM 650円
U-mobile (MAX)(1日50回まで) 500円

BIGLOBE SIMがシンプルな3分かけ放題で一番安いですね。普通に3分かけ放題だけ目当てならBIGLOBE SIMで良いでしょう。

IIJmioは50円高いですが、IIJmioを使う家族同士なら10分かけ放題というお得ボーナスがあります。家族で乗り換えたりする場合はIIJmioが最も良いのは間違いありません。

ユーモバイルMAXの3分かけ放題は安いものの、25GBプラン(MAX)のみで展開されているため元々の月額料金が高額(音声SIMで月額2880円)です。大容量プランなので大衆向けではありませんね。

1日50回までという制限もありますが、1日50回かける人も珍しいでしょうからココは問題ないでしょう。

5分かけ放題

最も多く提供されているのが「5分かけ放題」です。先に言ってしまうと、5分かけ放題はどこも似た様な内容が多く各社とも差がありません。

下記表を見ても、月額850円のものが中心です。

月額料金
楽天モバイル 850円
mineo 850円
DMMモバイル 850円
FREETEL 840円
UQモバイル (おしゃべりプランに標準搭載) 1年目:1980〜4980円
2年目〜:2980〜5980円

※UQモバイルは「おしゃべりプラン」というセットプランの中にかけ放題料も含まれています。

見ての通り、5分かけ放題に関してはどこも同じなので選び方がありません。なので、ここから選ぶ場合はかけ放題以外のオススメポイントを見た方がいいですね。

それぞれのオススメポイントをざっくりまとめてみると、

  • 楽天ユーザーなら楽天モバイル
  • au回線を利用し、月額料金を抑えたいならmineo
  • SIMカードの月額料金の安さ重視ならDMMモバイル
  • フリーテルの独自プランなどに魅力を感じるならフリーテル
  • 通信速度の速さやキャリアメール利用を重視するならUQモバイル

と言った感じですね。好きなものを選べばOKです。

なお、UQモバイルは専用アプリなども必要なく、プレフィックス方式ではない5分かけ放題です。

しむまる
通信速度も非常に早く、auのサブブランドとあって回線も安定しているので、個人的にはUQモバイルがイチオシですね。

10分かけ放題

最近増えてきているのが「10分かけ放題」です。恋人や親しい友人など、比較的長電話をする特定の人がいる場合は10分にしておくと安心ですね。

月額料金
OCNモバイルONE 850円
IIJmio (家族と30分、誰とでも10分) 830円
ワイモバイル (プランに標準搭載) 1年目:1980〜4980円
2年目〜:2980〜5980円
FREETEL 1499円

ワイモバイルは最初から無条件で10分以内かけ放題が使えるようになっています。ソフトバンクのサブブランドとあって通信速度も爆速ですし、プレフィックス方式ではないキャリアと同じかけ放題なのも特報です。

OCNモバイルONEとIIJmioは、10分かけ放題では優劣つきにくいですね。家族でIIJmioを使うのであれば30分かけ放題になるIIJmio一択ですが、そうでなければ月額も20円の差なので大差ありません。

しむまる
フリーテルはちょっとあかん……ですね。

 

制限なし!完全なかけ放題

時間制限も回数制限もない、キャリアと同じ完全なかけ放題ができるのは、今のところ2社しかありません。

月額料金
楽天モバイル 2380円
ワイモバイル 1000円

ワイモバイルは通常10分かけ放題ですが、月額1000円の「スーパーだれとでも定額」をプラスすれば完全なかけ放題にできます。

ワイモバイルは正式には格安SIMではありませんので、格安SIMで唯一完全かけ放題ができるようになったのが楽天モバイルですね。かけ放題だけ見ると安いわけではありませんが、トータルのスマホ代で比較すればかけ放題キャリアよりもかなり安く収まります。

楽天モバイルがどこよりも先駆けて完全かけ放題をスタートしたので、2017年後半から他のMVNOもあとを追って続々と完全かけ放題を出してくると思います。

無料で使えるIP電話まとめ

音質が悪いけどIP電話なら無料

最後に、通話品質にそこまでこだわらに人向けの「IP電話」も紹介しておきます。

IP電話とは、通常の音声回線ではなくネット回線を用いた通話方式です。ネット回線を使うため格安あるいは無料で通話できる代わりに、回線が不安定で通話品質が悪いというデメリットを抱えます。

私も何度か利用したことがありますが、音声が乱れたり声が遅れて聞こえたりすることがしばしばありました。

ビジネスシーンのような重要な電話にはちょっと使えないかな……と思いましたが、家族や友人同士での通話ならIP電話で間に合う人も多いでしょう。

いくつかまとめて紹介します。

IP電話サービスまとめ

こちらにIP電話が使えるMVNOとサービス名をまとめました。

使えるMVNO サービス名
OCNモバイルONE (音声SIM) 050Plus
楽天モバイル (050データSIM) Viber
mineo LaLaCAll(月額100円、無料通話100円)
TONEモバイル -

これらはいずれも月額料金無料で(LaLaCallは実質無料)利用可能なIP電話サービスです。通常の通話なら格安料金になるほか、同じアプリ同士なら無料で通話できるのが大きなメリットです。

例えば家族みんなで格安SIMに乗り換えたら、みんなでIP電話を使うことで家族間の通話は完全無料でかけ放題にできます。スマホ代を大幅に浮かせられるのでおすすめですよ。

まとめ

今回は2017年時点でのかけ放題サービスについてまとめました。楽天モバイルが完全かけ放題をスタートしたことにより、2017年は完全かけ放題を出してくる格安SIMが何社かは出てくる気がします。

「通話に弱い格安SIM」というイメージはもはや時代遅れで、今はもう格安SIMでもかけ放題が当たり前になっています。

これからメインスマホを格安SIMに乗り換える人は、なるべくかけ放題が使えるMVNOにすることをおすすめします。

 






-格安SIMの比較・選び方, 通話がおトク

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.