年1度のAmazon特大セール!

タイムセール日程↓
開催中!〜7月17日(23時59分)

格安SIMの比較・選び方

遅いの勘弁!通信速度が早い格安SIM(MVNO)なら比較検討すべき3社

投稿日:

実際に格安SIMを使っていて、一番ネックになるところって皆さんどこでしょう?

私は圧倒的に通信速度です。
月額料金でも機能でもサポートでもなく、通信速度が遅いときが一番ストレスになります。

”格安”なんだから当たり前だろ」という指摘は確かにその通りでもあるのですが、格安SIM(MVNO)の中でもピンキリがあるわけで。

私は今まで15社近い、ある程度人気のある格安SIMはほとんど使ってきましたが、その中で通信速度においてストレスをほぼ感じなかったMVNOはたった3社だけでした。

先に名前を挙げてしまうと、

この3社だけです。
他の格安SIMは全て、時間帯によって使い物にならないくらい速度低下するか、あるいは慢性的に遅いかのどちらかでした。

なので「格安SIMにしたいけど通信速度が遅いのは勘弁」という人は、必然的にこの3社から選ぶしかありません。

幸いにも、というか”さすが”というべきか、この3社は通信速度のメリットを抜きにしてもトップクラスに優秀な格安SIMです。選んで後悔することは少ないでしょう。

この記事では、「LINEモバイル」「ワイモバイル」「UQモバイル」の3社の特徴を簡単にまとめてみました。
格安SIMは通信速度を最優先にしたい人は、ぜひ参考にしてください。

しむまる
私はもう、通信速度が遅すぎるイライラとはオサラバしましたよ。

スポンサーリンク

ドコモ回線代表の「LINEモバイル」

私がこの記事を書いている現在メインSIMに使っているのが LINEモバイル 。iPhone7 Plusに入れて使っていますが、キャリアとほとんど変わらない使い心地です。

言わずもがな、通信速度は爆速です。

1日スマホを使っていて速度にストレスを感じることはまずないですし、私は外出先でよく仕事をするためテザリングを多用するのですが、いたって快適です。ドコモ回線なので通信もしっかり安定。

なぜLINEモバイルが高速かというと、2016年に誕生したばかりでまだ回線が混雑していないことと、IT企業の超大手LINE社の力量によるところでしょう。

サービス開始直後こそ「速いのもどうせ今のうちだけだろ」と言われていたのですが、ユーザー数が爆発的に増えている2017年5月時点でも通信速度が遅れだす気配は全くありません。

しむまる
やはり運営会社のタフネスが半端じゃなさそうです。

LINEモバイルの通信速度をスピードテスト

実際にLINEモバイルの通信速度をスピードテストで計測してみた結果がこちら。

(左:朝8時/右:昼12時)

格安SIMが最も混雑する昼12時〜13時の時間帯でもスーパー速いです。ここまで速いとキャリアとなんら変わりありません。

ネットサーフィンはもちろん動画再生も余裕で快適です。

(左:夕方17時/右:夜20時)

夕方から夜にかけても文句なしの速度。

しむまる
ドコモ回線で通信速度を重視するならLINEモバイル一択ですね。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは3タイプあります。

LINEフリープラン

データSIM 音声SIM
1GB 500円 1200円
  • LINEのみカウントフリー
  • 1GBしかないので、本当にタダの連絡用くらいにしか使えない

コミュニケーションフリープラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円
  • LINEモバイルの主力プラン
  • LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムの4大SNSがカウントフリー
  • 通信量も3GB〜10GBまでと幅広い

MUSIC+プラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
  •  SNSに加え、音楽アプリ「LINE MUSIC」もカウントフリー(ただし通信量がかからないだけでアプリの月額料金はかかる)
  • LINE MUSICのヘビーユーザーでなければコミュニケーションフリープランでOK。

LINEモバイルのおすすめポイントまとめ

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

  • 通信速度が非常に速い
  • 安定のドコモ回線
  • LINE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムと人気SNSの通信量がかからないカウントフリー機能(プランによる)
しむまる
ドコモ回線の格安SIMの中では頭一つ抜けそうな勢いがありますね。今後も人気は爆発的に伸びていくでしょう。私もかなり満足しています。

 

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」

テレビCMでお馴染みですが、 ワイモバイル はソフトバンクの格安ブランドですね。正式には格安SIMではなく、格安SIMとキャリアの中間に入るブランドであり「第4のキャリア」とも呼ばれます。

他の格安SIMがみなドコモやauから回線を借りているなか、ワイモバイルだけはソフトバンク社の自社回線を使っているので当然、通信速度はキャリア並みに速いです。

さらに、

  • 10分以内の通話は標準でかけ放題
  • 月額1000円で完全かけ放題も可能
  • キャリアメールも使える
  • 実店舗を構え、サポートも充実

と格安SIMの弱点を完璧に補っており、最もキャリアに近い存在です。

ワイモバイルの通信速度をスピードテスト

ワイモバイルも実際に通信速度を計測してみました。

(左:朝8時/右:昼12時)

混雑時間帯もキャリア並みのスピードですね。
LINEモバイルすら上回っていますが、その辺は10Mbpsも超えると体感的には変わりません。

(左:夕方17時/右:夜20時)

1日通してキャリア並みかそれ以上の通信速度をマークしています。

しむまる
自社回線を持っているとやはり最強ですね。

ワイモバイルの料金プラン


※スマホは横スクロール

通信量 音声SIM
スマホプランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
スマホプランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
スマホプランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円
  • 2年契約
  • 2年目以降は料金が上がる
  • キャリアと比較すると安いが、格安SIMと比較すると高め

ワイモバイルのおすすめポイントまとめ

  • 通信速度はキャリアと同等の速さ
  • 月額料金がキャリアより安い
  • 通話は10分以内なら無料
  • 月額1000円の完全かけ放題オプションあり
  • キャリアメールも使える
しむまる
キャリアと同じ使い心地のまま、キャリアよりはスマホ代を安くしたい」という人はワイモバイルがベストですね。

 

au系列のサブブランド「UQモバイル」

こちらもテレビCMでお馴染みの UQモバイル au回線の格安SIMですが、運営会社のUQコミュニケーションズはKDDIの子会社なので、実質的にはauのサブブランドにあたります。

そのためか、他のau回線の格安SIMと比較しても頭一つ抜けて通信速度が早いのが特徴です。

通信速度が早い点や、料金プランが先述のワイモバイルと全く同じことから両者は比較されることが多く、実質的な「au VS ソフトバンク」の勝負みたいになっていますね。

UQモバイルの通信速度をスピードテスト

UQモバイルの通信速度も計測しました。

(左:朝8時/右:昼12時)

LINEモバイルやワイモバイルに比べると遅いように感じますが、通信速度は4Mbpsでれば十分なのでこの数値でも十分すぎるほど速いです。

しむまる
12時前後だとドコモ回線大手のOCNモバイルONEでさえ1Mbpsを切るレベルなので、UQモバイルがいかに速いか分かります。

(左:夕方17時/右:夜20時)

UQモバイルも1日通して非常に快適に使えました。

数値で比較すれば先述の2社には劣りますが、これくらい速度が出ればこれ以上は体感的にそう変わりません。

他の格安SIMが軒並み10Mbpsを下回るなか、やはりUQモバイルは頭一つ抜けています。

UQモバイルの料金プラン

通常プラン

プラン(音声SIM) 通信量 月額料金
3GBプラン 3GB 1680円
無制限プラン 無制限(速度上限500kbps) 2680円
  • 通常の定額プランは3GBのみ
  • 料金的にも悪くないので、3GBでいい人はこちらがおすすめ。
  • 最低利用期間は1年

おしゃべり/ぴったりプラン

 ぴったり/おしゃべり 通信量 音声SIM
プランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
プランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
プランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円
  • UQモバイルの主力プラン
  • データ容量 + かけ放題/無料通話 + アプリ10種のセットプラン
  • 5分かけ放題なら「おしゃべりプラン」/無料通話なら「ぴったりプラン」
  • 「おしゃべり」と「ぴったり」は途中で変更も可能
  • 最低利用期間は2年

UQモバイルのおすすめポイントまとめ

  • 通信速度が非常に速い
  • 5分かけ放題もあり
  • キャリアメールは月額200円で使える
  • auのサブブランドなので安心
しむまる
格安SIM関連の雑誌やメディアでは総合1位を飾ることが多い人気の格安SIMです。

まとめ

「格安SIMにするなら”遅い”のは我慢しなきゃいけない」と思っていた時期が私にもありました。しかし、そのイメージはもう完全に時代遅れです。

今回紹介した3社を選べば、快適なままスマホ代を格安にすることが可能でした。今まで色々な格安SIMを使ってきましたが、やはりこの3社はちょっと別格な印象です。

で、この3社をよくよく見てみると……。

しむまる
格安SIMもなんだか、3大キャリアの代理戦争みたいになっていますねぇ……。


年に1度のお祭りセールスタート!

Amazon最大のビッグセール「Prime day(プライムデー)が今年もやって来る

年に1度の祭典「Amazonプライムデー」では、パソコンからタブレットなどガジェット機器はもちろん、ゲームや本や家電や食料品に至るまで、Amazon内のあらゆる商品が20%〜50%オフという爆安価格でゴロゴロ出品されます。

タイムセール日程:
開催中!〜7月17日(23時59分)

1年で2日間(36時間)だけの特大ボーナスセールです。
このチャンスを逃さず、欲しかった商品を”最安”で爆買いしましょう!






-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.