UQ-mobile Y!mobile 格安SIMの比較・選び方

UQモバイルとワイモバイルの通信速度を比較!昼夜本当に速いのはどっち?

更新日:

格安SIMは、お昼時に通信速度が遅くなるということがもはや常識です。これはお昼休みになると誰もが一斉にスマホをいじりだすため、回線が一気に混雑してしまうからです。

学生や会社員など、お昼にこそスマホを使う人にとっては昼休みの速度低下は困りものですよね。

そんな中、唯一混雑時でも速度が落ちない高速格安SIMとして、 UQモバイル ワイモバイル が人気ツートップに立っています。

この2つのSIMは人気も料金プランも肩を並べているのですが、それもそのはずで、UQモバイルやauのサブブランド、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなんですね。どちらもキャリア直系の格安SIMで子会社SIMのようなものです。

というわけで、格安SIMで通信速度を重視するならUQモバイルかワイモバイルになるわけですが、

その2つだったらどっちが速度早いの?

っていうのが気になるところ。

なので今回は、UQモバイルとワイモバイルの通信速度を実際にスピードテストして比較してみました。

UQモバイルかワイモバイルで迷っている人は、ぜひ一つの判断材料にしてみて下さい。

公式サイト UQモバイル

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク

UQモバイル VS ワイモバイル!時間帯別に通信速度を比較してみた!

今回は、早朝〜昼/最も混雑する12〜13時/夕方〜夜の3時間帯で、UQモバイルとワイモバイルの通信速度を比較してみました。

スピードテストに使用したアプリは「Speedtest.net」、基本的にほぼ同時にテストを行っています。

また使用した端末はUQモバイルがP9lite PREMIUMワイモバイルがiPhoneSEです。

なお計測値は仙台市ですので、他の地域(とくに都心)の場合はやや結果が異なる可能性もあるのでご了承を。

【通常時(朝〜昼前)の通信速度】ワイモバイルの方が速い

【左UQ/右ワイモバ】

まず通常時、早朝7時くらいから昼12前までの段階を比較してみますと、これは一目で分かる通りワイモバイルの方が高速ですね。

UQモバイルは下り20Mbps以上になったタイミングが一度もありませんが、ワイモバイルなら常に30〜40Mbps程度の速度が計測されています。

上りの速度もワイモバイルの方がやや速いですが、こちらについてはそれほど差がないので、とくに問題ないでしょう。

ただし、この時間帯は回線もさほど混雑していないので、この程度の速度差であれば体感的にはどちらも十分高速です。

【正午・昼休みの通信速度】ワイモバイルの勝利。UQモバイルは明らかな速度低下

続いて、最も混雑する昼休み(1時前)の時間帯を見てみましょう。まずは上のスピードテストの一番上から2段が12時帯のスピードです。

格安SIMではだいたい12時から12時半にかけて一気に速度が低速化していくのですが、実際にUQモバイルは明らかに速度が落ちていますよね。

それまでは下り10Mbps以上の速度が出ていたUQモバイルも、お昼休みの時間帯については速度が10Mbpsを切り、下り8Mbps台になっています。

ワイモバイルは12時26分の段階で下り16.90Mbpsにまで下がっています。しかし12時18分の時点では35.92Mbps出ていますね。昼休みの時間帯は、UQモバイルだと明らかに速度が低下していますね。

昼1時前になっても圧倒的にワイモバイルが早い

昼時の速度は大事なので、翌日にもう一度、今度は12時51分に計測してみました。

【左UQ/右ワイモバ】

ワイモバイルだと下り48.64Mbps出ている一方で、UQモバイルは11.51Mbpsです。

最も回線が混む昼休みに関しても、確実にワイモバイルの方が通信速度は早いですね。

通信速度がトップの2つの比べているので、さも” UQモバイルが遅い”ように感じますが、全SIMで比較すればこれでもUQモバイルは早いことを忘れずに!

他のSIMはこれらと比較にならないくらい遅くなるものが多いです。

夕方〜夜も圧倒的にワイモバイルが高速

【左UQ/右ワイモバ】

最後に夕方〜夜の比較ですが、こちらも一貫してワイモバイルの方が圧倒的に高速です。

ワイモバイルはお昼までより夜にかけての方が高速になっていますが、UQモバイルは朝と同程度ですし、時間によって少し速度が下がっているところもありますね。

総合評価:通信速度は全時間通してワイモバイルの方が圧倒的に速い

比較してみた結果わかったことは、ワイモバイルの方が速度は圧倒的に速いことです。ワイモバイルの通信速度はキャリアと変わらないレベルです。

ほとんどの時間帯で下り30Mbps以上の速度が出ていますし、通常利用において速度の低下を感じる場面はほぼないのではないでしょうか。

しかし、負けたUQモバイルも相手がワイモバイルというだけで、格安SIMの中では全然速いですよ。

※ワイモバイルは正確には格安SIMではなく、「第四のキャリア」なので格安SIMより速いのは当然とも言えます。

2ちゃんやYouTubeなどはどちらでも問題なく24時間見られるので心配無用

スピードテスト結果を見ても、お昼休みのような回線が混雑しやすい時間帯であってもUQモバイル・ワイモバイルどちらも普通に使えることは間違いありません。

ネットサーフィンは画像や広告が多いサイトでもストレスなく開けますし、2ちゃんねるなど画像が少ない文字中心のサイトについては一瞬で読み込みが終わりますね。スマホは2ちゃんしか使わないような人でもストレスなしです。

YouTubeも、再生ボタンを押せば普通に綺麗な映像で再生されます。ちなみに、UQモバイル側でYouTubeを1080pの高画質に設定して再生してみましたが、普通に止まらずに再生できていました

体感速度ではそれほどの差はない

今回、UQモバイルとワイモバイルのスピードテストで数字上は大きな差がでましたが、通常利用の範囲では体感速度にぶっちゃけ差はほぼありません。

ただしあくまでも「ほぼ」であり、通信速度を必要とする例えば大容量アプリのダウンロードなどについては、ワイモバイルの方が確実に速く終わります。

普通に速い格安SIMでよければUQモバイルを選んでOKですが、キャリアレベルの水準を求めるならワイモバイルを選ぶのが良いでしょう。

公式サイト UQモバイル

公式サイト ワイモバイル

繰り返しますが、通信速度というのは場所や環境によってテストするたびに変化するものです。今回のテストはあくまで一例にすぎませんのであしからず。

UQモバイルとワイモバイル、料金プランやサービス内容も比較してみた

速度比較だけで終わるのもアレなので、最後にUQモバイルとワイモバイルの料金プランやサービス内容も簡単に比較紹介しておきます。

速度についてはワイモバイルの方が有利ですが、サービスなどについてはどうでしょうか。

【月額料金プラン】1年目1980円、2年目2980円のプランは同じ

UQモバイル (おしゃべりプランS) ワイモバイル (スマホプランS)
1年目 1980円 1980円
2年目以降 2980円 2980円

※通信量はどちらも2年間は月2GB、3年目から月1GB
※このプラン条件は新規契約者のみ

UQモバイルでは、2017年2月22日よりおしゃべりプランが登場します。S・M・Lの3種類があり、プランSだと通信量が1GB(2年間は2GB)で1年目は1980円、2年目は2980円という仕様です。

ワイモバイルでも同様の、スマホプランS・M・Lが存在します。月額料金や通信量の内容は全く同じです。

ここまで同じプラン内容になるとは、さすがau(UQモバイル)とソフトバンク(ワイモバイル)の横並びと同じですね……(笑)

【通話サービス】UQモバイルのかけ放題は5分、ワイモバイルは10分

photo credit: On the Mobile via photopin (license)

通話サービスについても、UQモバイル(おしゃべりプラン)とワイモバイル(スマホプラン)のどちらにもかけ放題が付いています。

ただし、かけ放題内容に下記の違いがあります。

  • UQモバイル:5分以内の通話がかけ放題
  • ワイモバイル:10分以内の通話が月300回かけ放題(月1000円で完全かけ放題も可)

ワイモバイルは月300回までに限られますが、UQモバイルの2倍にあたる「10分以内の通話」が全てかけ放題になります。月300回も通話する人は少数派ですから、実質無制限かけ放題のようなものです。

さらにワイモバイルには、月1000円で完全なかけ放題にすることも可能です。というわけで、通話サービスに関してはワイモバイルが有利ですね。

詳細 ワイモバイル

【キャリアメール】ワイモバイルは無料、UQモバイルは月額200円

ガラケーやキャリアのスマホで使えるキャリアメール。契約した際にもらえるメールアドレスのことですが、まだキャリアメール使っている人けっこういますよね?

GmailやYahooメールからキャリアメール宛にメールを送ると、フィルタリング機能によってブロックされてしまうことがありますし、キャリアメールはまだまだ必要になる場合も多いです。

格安SIMでは普通キャリアメールをもらえないのですが、UQモバイルとワイモバイルではキャリアメールを使えます。

ワイモバイルなら無料ですが、UQモバイルだと月額200円の有料オプションです。

この点でも、ワイモバイルの方が有利になりますね。

UQモバイルは基本的な3GBのデータ高速プランもある

データ高速プラン(SMS対応SIM) データ高速プラン+音声通話プラン
980円 1680円

ワイモバイルはスマホプランSMLの3種類のみですが、UQモバイルはおしゃべりプランSMLだけでなく、一般的なプランと同じ「3GBプラン」を選ぶこともできます。

これはかけ放題などは付属せず、普通の格安SIMプランと同じ月3GBまで通信できるプランです。

月額料金は音声SIMで1680円と、他社の多くの3GBプランより80円ほど高いだけですね。

かけ放題を必要とせず月3GBで足りる人は、おしゃべりプランよりも普通の3GBプランを選んだ方が安上がりですね。

公式サイト UQモバイル

まとめ

今回は通信速度でトップを競うUQモバイルとワイモバイルを比較してみましたが、結果はワイモバイルの方が高速でした。

そして言ってしまうと、サービス内容を含めて全体的にワイモバイルの方が上を行っているとみて良いでしょう。

もし特別な事情なくUQモバイルかワイモバイルで悩んでいるなら、ワイモバイルにしておいて間違いありません。

逆にUQモバイルを検討したい人は、

  • auからそのまま(SIMロック解除なしで)格安SIMに移行したい。
  • かけ放題いらないし3GBで十分だから安く抑えたい

こんな事情がある人です。UQモバイルは貴重なau回線の格安SIMなので、auスマホユーザーはそのまま乗り換え可能です(ワイモバイルはSIMロック解除が必要)。

どちらも十分に高速かつプランやサービス内容もそっくりなので、自分がピンと来た方を選んでみて下さい。

公式サイト UQモバイル

公式サイト ワイモバイル

 









-UQ-mobile, Y!mobile, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.