格安SIMの比較・選び方 通話がおトク

電話もしたい!無料通話付き格安SIMのおすすめMVNOトップ3!

投稿日:2016年6月17日 更新日:

格安SIMはスマホ代を半分以下に抑えることも可能な点が最大の魅力ですが、逆に通話代が別料金かつ割高(20円/30秒)というデメリットが際立ちます。

基本的には”通話をしない人ほど安くなる”のが格安SIMの特徴ですが、とはいえ通話を捨てられない人もいますよね?

とくに家族間やビジネスシーンで利用したい場合は、細かい電話連絡が必要不可欠です。しかし、そんな1分やそこらの電話にさえ、

(1分1秒でも早く切らないと通話代がどんどん増えちゃう……っ!)

と、常に通話料を気にしながら電話しなきゃいけないのはイヤですよね。

「ちょっとした電話くらい、通話料を気にせず自由に喋りたい!」

そんな、通話も重視したい人におすすめなのが、無料通話サービスなどを含んだ通話型SIMです。

時間や回数に制限はあるものの、無料通話のオプションを提供しているMVNOは意外と少なく、通話を重視したい人にとっては貴重な存在です。

ここでは通話型SIMの簡単な特徴とおすすめのMVNOトップ3を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

無料通話オプション付き格安SIMのメリットとデメリット

無料通話オプションのメリット

通常、格安SIMは20円/30秒の通話代が”基本料金とは別に”かかってきます。キャリアスマホのようにかけ放題ではないので、ある程度頻繁に電話をする人は、格安SIMに乗り換えることで逆に損をしてしまう可能性もあります。

ただ、電話自体を全くしない人なんていませんよね? 家族だったり友人だったり仕事の人だったり、あるいは生活上でかけなきゃいけない電話など、ちょこちょこ数分程度の電話は誰でもする機会があると思います。

格安SIMの通話代は高い(20円/30秒)ため、そういった電話でも1秒でも早く切りたいのが格安SIMユーザーの使命なのですが、そこまでケチケチ気にしながら電話するのもイヤ……。

そんな人のための、無料通話オプションです。

無料通話オプションは通話の時間や回数などに制限があるものが多いですが、それでも数分程度のちょっとした電話なら通話代を気にしなくていいというのはストレスフリーです。

無料通話オプションのデメリット

無料通話オプションのデメリットは以下3つ。

  1. ほぼ全て有料オプションである
  2. 時間や回数に制限がある
  3. 無料通話のあるMVNOが少ない

詳しい料金などは以下に紹介するおすすめMVNOで確認できますが、ほぼ有料です。当然その分だけスマホ代は高くなります。

また、通話時間の制限(5分以内の通話無料など)や回数制限(月◯回まで無料)もあるので、そこも含めながら、自分の通話状況を鑑みて天秤にかけなければなりません。

そして、無料通話オプションを提供しているMVNOは現時点(2016.6)では非常に少ないので、無料通話をマストにすると選択の余地が狭まってしまうのもデメリットですね。

ということで、貴重な無料通話オプションを提供しているおすすめのMVNOトップ3を紹介していきます。

無料通話が魅力のおすすめMVNOトップ3

第3位:NifMo(NifMoでんわ:月額1300円)

NifMo▷▷NifMo

NifMo(ニフモ)が提供するIP電話アプリ「NifMoでんわ」は、アプリで通話することで国内通話が無制限かけ放題になります。

月額オプション料は1300円(税抜き)

仮に1ヶ月で60分通話したとすると、通常の通話代(約20円/30秒)だと月2600円程度なので、月60分の通話だけで約1200円も通話代が安くなります。

  • 通常の通話代:約2600円(月60分)
  • NifMoでんわ:1300円(月60分)

国内通話のみですが、無制限かけ放題になるというのは非常に魅力です。回数制限、時間制限も全く気にする必要がありません。

上記の価格差を見ると、月に30分以上の通話をする人はNifMoでんわの方が安くなると言えそうです。

ただデメリットとしては、あくまでIP電話アプリなので、通常の電話番号とは別にIP電話用の「050」番号での電話になること。また、IP電話なので、通常の電話回線に比べると音質が悪かったり不安定だったりという弱点もつきものです。

【NifMoの主な料金プラン】

基本データ容量 月額料金
3GBプラン 1600円
5GBプラン 2300円
10GBプラン 3500円

※音声通話プラン(2016年6月時点)

料金プランはごくごく普通です。安くも高くもない。

ただ、NifMoにはネットショッピングと連携した割引プログラムがあり、Yahoo!ショッピングやマルイなどNifMoと提携しているショッピングサイトで買い物をすると0.9%〜10%ほどの割引を受けられるという独自サービスがあります。

SIMのスペックとしては特に秀でた特徴はなく普通ですが、NifMoでんわや割引プログラムなど独自サービスが充実している点が強みです。

電話だけでなく、ネットショッピングをよくする人にはピッタリのMVNOだと言えます。

▷▷NifMo(公式サイト)

【詳しい記事】割引還元に国内通話無料!NifMoの格安SIMは独自サービスに強みあり

第2位:楽天モバイル(楽天でんわ:月額850円)

楽天モバイル

▷▷楽天モバイル

楽天モバイルが提供する「楽天でんわ」は、5分以内の通話なら回数無制限でかけ放題になります。

月額オプション料は850円(税抜き)。

5分以内という時間制限がありますが、月額850円で回数無制限でかけ放題になるのは魅力。ちょっとした電話なら通話代を気にする心配は無用になります。

さらに、楽天でんわオプションを付けていれば、5分以降も10円/30秒と約半額の通話料で電話できます。もし時間オーバーしてしまってもダメージは最小限に抑えられます。

「5分はちょっと短い……」と感じる人もいるかもしれませんが、コスパでいえば良サービスかと思います。

【楽天モバイルの主な料金プラン】

プラン データ容量 速度(最大/制限) 月額料金
ベーシック 無制限 200Kbps(制限なし) 1,250円
3.1GBパック 3.1G 150Mbps/200Kbps 1,600円
5GBパック 5GB 2,150円
10GBパック 10GB 2,960円

※音声通話プラン(2016年6月時点)

各プランとも料金は安めであり、通信速度も平日休日問わず速いので、スペック的にもおすすめのMVNOです。データ容量無制限プランがあるのも特徴ですが、最大速度が遅すぎるのであまりおすすめはできません……。

楽天モバイルは、月額料金の支払いなどで楽天ポイントが貯まるメリットもあり、楽天ユーザーほどおトクに使うことができます。

データ容量の繰り越しサービスもしっかり完備しているので、デメリットというデメリットはありませんが、強いて挙げるなら3.1GB以下のプランがないので、月1~2GBあれば充分という人には向いていないと言えます。

▷▷楽天モバイル

【詳しい記事】楽天モバイルの特徴まとめ。5分かけ放題の楽天でんわなどオプションが充実!

第1位:Y!mobile(10分以内、月300回まで無料)

Yモバイル

▷▷ワイモバイル公式サイト

CMでもお馴染みのY!mobile(以下ワイモバイル)は、厳密には格安SIM(MVNO)ではありませんが、料金体系が格安SIMに近いことから同列に比較されることが多く、ここでも格安SIMの1つとして紹介します。

ワイモバイルでは、オプションではなく最初から、10分以内の通話が月に300回まで無料になります。かなりスゴい(!)。

月に300回以上通話をする人は少ないと思うので、回数は無制限と捉えていいでしょう。時間が10分以内と制限付きですが、楽天モバイルと比べて2倍、10分もあればほとんどの電話はカバーできるのではないでしょうか?

もし、「10分でも足りない!」という人は、月額1080円の「スーパーだれとでもかけ放題」オプションを付けることで、時間も回数も無制限の完全なるかけ放題にすることも可能です。

ただし、ワイモバイルは通話面に非常に優れている反面、もちろんデメリットもあります。それが以下↓↓

【ワイモバイルの主な料金プラン】

データ通信量 月額料金(2年縛り) 月額料金(縛りなし)
プランS 1GB 2980円 5480円
プランM 3GB 3980円 6480円
プランL 7GB 5980円  8480円

※音声通話プラン(2016年6月時点)

見ての通り、月額料金が全体的に高いというネックが……。

ワイモバイルは、キャリアスマホと格安SIM(MVNO)の中間に位置するブランドなので、料金的にもちょうど間くらい。キャリアスマホよりは安いけど、格安SIMとしたら高い……という特徴があります。

ただ、通話面の心配もカバーされているので、”キャリアスマホと同じように使いつつ、データ容量を下げる分だけキャリアスマホより安くしたい”という人には、ワイモバイルが最もおすすめです。

▷▷ワイモバイル公式サイトを見てみる

【詳しい記事】通話し放題もあり!ワイモバイルなら基本10分以内の通話が無料に

まとめ

キャリアのかけ放題に慣れてしまっていると、いざ格安SIMに移行した際に意外と通話代がかかってしまいます。

格安SIMに移行する際は、自分が月に何分ほど通話をするのか平均的な時間をしっかり把握しておき、無料通話オプションを付けた方が良いのかどうなのか、総合的にみて判断することが大切です。

ただ1つ言えることは、目安で月に120分以上通話をする人は、かけ放題のキャリアスマホの方が安くなる可能性が高いのでよく考えた方がいいでしょう。

キャンペーンを見逃すな!

1
【3月31日まで!】LINEモバイルが3ヶ月データ増量キャンペーン中!契約するなら今が大チャンス!

LINE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムーーこれら人気SNSが使い放題という大きな強みを持っているLINEモバイル。 まだサービス開始したばかりとあって通信速度も非常に早く、わずか数ヶ月で ...

2
月額3ヶ月が実質無料!?いま楽天モバイルの通話SIM5分かけ放題に申込めば5000ポイント貰える!

楽天モバイルで通話SIMを検討中の方に、ビッグなキャンペーン情報です。 その名も「Apple社 新iPhone発売記念 5,000ポイントプレゼントキャンペーン」。 いま音声通話SIMと5分かけ放題オ ...

3
月額700円割引き!OCNモバイルONE 2016-17冬春キャンペーン特典がすごい!

各MVNOでは、格安SIMを申し込んだ際に特典を受けられるキャンペーンが行われています。キャンペーン中に契約するとお得な特典をゲットできるので必見です。 今回紹介するのは、シェアNo1を誇るOCNモバ ...

-格安SIMの比較・選び方, 通話がおトク

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.