Y!mobile

ワイモバイルのPocket Wi-Fi603HWはWiMAX以上の通信速度!下り最大612Mbpsの圧倒的高速です

更新日:

外出中にどこでも通信ができるポケットWi-Fi。外出時はもちろん、自宅で固定回線の代わりとしても使えるので、一人暮らしの学生や長期出張のサラリーマンには役立つアイテムですよね。

ポケットWi-Fiを購入する時は、何を重視しますか?

バッテリーの持ちや月額料金の安さなどいろいろなポイントがありますが、通信速度の速さも非常に重要ですよね。

そこで今回紹介するのは、ワイモバイルの「Pocket Wi-Fi」です。ポケットWi-Fiと呼ばれているモバイルルーターの中でも本家というべき存在がワイモバイルですね。

ワイモバイルで2017年2月より発売のPocket Wi-Fi603HWは、通信速度の速さが魅力です。なんとWiMAX以上の高速通信ができるとされます。

この記事では、Pocket Wi-Fi603HWの魅力に迫ります。
どのルーターを契約するか迷っている方、そしてWiMAXとPocket Wi-Fiで迷っている方もぜひ参考にしてみてください。

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク

Pocket Wi-Fi603HWのスペックは?

まずはPocket Wi-Fi603HWのスペックから解説します。スペック一覧を見てみましょう。

サイズ 109.9×65.1×15.5mm
重さ 135g
バッテリー容量 2400mAh
連続待機時間 850時間
連続通信時間 キャリアアグリゲーション非適用時で6〜8.5時間
通信速度 下り612Mbps
同時接続台数 14台

公式サイト ワイモバイル

下り最大612Mbpsで通信できるのは魅力的

Pocket Wi-Fi603HWでは、下り最大612Mbpsで通信することができます。

これはポケットWi-Fiの中でも最高速度と言えるでしょう。WiMAXにも、ここまでの速さが出せるルーターはありません。

ただし、これはあくまで理論値としての最高速度です。実際にこのMAXスピードが出ることは100%ないと断言できます。

とはいえ最高速度がここまで速いとなると、相関的に通常時の速度も他のルーターよりは速いことが考えられますね。

バッテリー持ちが短いのはデメリット

Pocket Wi-Fi603HWはメリットばかりではありません。デメリットについても紹介します。

バッテリーの持ちは最大でも8.5時間と、かなり短いですね。例えば504HWというワイモバイルのルーターなら9時間持ちますし、502HWなら10時間持ちます。

参考 ワイモバイル

最大で8.5時間だと、一日中外出する場合は最後までバッテリーが持たない可能性があるため、モバイルバッテリーなどを用意しないといけなくなるかもしれません。

ポケットWi-Fiはノマドワーカーやフリーランスなど、カフェやファミレスで長時間仕事をする人に人気ですが、最大8.5時間だとちょっと心もとないですね。常にフル充電しておかないと不安です。

正直、バッテリーはもう少し長持ちして欲しかったですね。

ちなみに8.5時間持つのは省電力設定をオンにした時で、オフだと最大でも6時間です。長時間、外で使う場合はモバイルバッテリー必須となるでしょう。

接続端子がUSB Type-Cになった

Pocket Wi-Fi603HWは、充電時に使う接続端子がUSB Type-Cになりました。これはメリットともデメリットともいえますね。

使っているスマホやパソコンがUSB Type-Cの物であれば、外出時などに持ち歩くケーブルを減らせて便利でしょう。

しかし、USB Type-Cはまだそこまで世間に浸透しているわけではないなので、余計に持ち歩くケーブルが増えたり予備のケーブルを探しづらかったりと、面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

同時接続台数は十分多い

Pocket Wi-Fi603HWは14台で同時接続できます。同時接続台数については問題ないでしょう。

自宅で使う場合にも、パソコンやゲーム機、スマホ、タブレットなどをたくさん接続できます。

家族で使う場合はなおさら便利で、回線の奪い合いになる必要がなく、一つのポケットWi-Fiでみんなが同時接続して使うことができますよ。

その他、もっと詳細なスペックや数値に関しては公式サイトをご確認ください。

ワイモバイル「Pocket Wi-Fi603HW」とWiMAXルーター「WX03」を比較

WiMAXで現在発売中である新型ルーター「WX03」と、ワイモバイルのPocket Wi-Fi「603HW」を比較していきます。

Pocket Wi-FiとWiMAXの違いについても触れますので、どちらを契約するべきか迷っている方は参考にしてみてください。

Pocket Wi-Fi603HWの方が、WX03やその他のWiMAXルーターより高速通信可能

WiMAXといえば通信速度が圧倒的に速いイメージの人も多いでしょう。しかしPocket Wi-Fi603HWは、WiMAX以上の高速です。

WX03やこれから発売される予定のW04は、下り最大440Mbpsです。Pocket Wi-Fi603HWは612Mbpsで、圧倒的に後者の方が速いですよね。

ただし、「最高速度」に関してはあくまで理論値なので、実際の速度は環境やら何やらに大きく左右されます。MAX速度が速いからといって、常にPocket Wi-Fi603HWの方が高速になるとは限りません。

スペック上の話ではありますすが、WiMAX以上のスピードを出せるPocket Wi-Fi603HWは魅力的ですよね。

バッテリーの持続時間はWX03の方が長い

バッテリーが省電力オフの状態だと6時間しか持たないPocket Wi-Fi603HW。WX03ならハイパフォーマンスモードで7.3時間ほど連続通信が可能です。

どちらも省電力にすると、Pocket Wi-Fi603HWなら8.5時間、WX03なら12.3時間の連続通信ができます。省電力なら圧倒的にWX03の方が有利ですね。

バッテリー持ちを重視するなら、WX03の方が良いでしょう。

WiMAXなら2年契約だが、ワイモバイルのPocket Wi-Fiは3年契約

端末とは別に契約についても比較してみると、WiMAXは2年で契約満了です。しかしワイモバイルは3年契約です。

「縛り」の期間が1年違うので、その辺りも選択する際の判断材料にしましょう。

ワイモバイルのPocket Wi-FiはエリアがWiMAXより広い

WiMAXは専用の電波を使っていてエリアが狭めであり、なおかつ壁に囲まれていたり高いビルの上にいたりするとうまく通信できません。

ワイモバイルのPocket Wi-Fiはソフトバンクの回線が使われているため、WiMAXでは電波が届かない場所でも通信しやすいですね。

電波の安定度で言えばワイモバイルを選んでおいて間違いありません。

WiMAXを選びたい場合

WiMAX回線の本家はUQモバイルでお馴染みUQコミュニケーションズの UQ WiMAX ですが、同じWiMAX回線を販売するプロバイダはたくさんあります。

プロバイダによってキャッシュバックなど独自の特典を設けたりしていますが、基本的にはどのプロバイダでも性能は一緒です。不安なら本家のUQ WiMAXにしておいて間違いありません。

公式サイト UQ WiMAX

他のプロバイダについては下記記事参照。

WiMAXのおすすめプロバイダ4社!キャッシュバックキャンペーンに注目しよう!

「ギガ放題」のモバイルWi-Fiと言えば、WiMAXが人気です。WiMAXはLTE回線のワイモバイルと比べて通信制限がユルく、仮に速度制限をくらったとしても、まぁ普通にネットサーフィンはできるくらいの ...

続きを見る

まとめ

Pocket Wi-Fi603HWは、バッテリーの持ちがやや物足りない印象はあるものの、通信速度はWiMAXを超えるスピードで大きなメリットがあります。

大容量のデータをやり取りすることが多く、速度を重視したい人にオススメですよ。動画視聴にも最適ですし、自宅の固定回線代わりに使うのも良いですね。

速度の関係でワイモバイルのポケットWi-Fiを選び損ねていた人は、この機会にぜひPocket Wi-Fi603HWを使ってみてはいかがでしょうか。









-Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.