FREETEL 端末・新機種

台数限定!フリーテルがスマホ割引アウトレットセール開催!オススメの端末も紹介

投稿日:

SIMフリースマホをなるべく安く購入したい人に朗報です。

2017年1月現在、人気MVNOのFREETEL(フリーテル)が、自社のSIMフリースマホの格安アウトレットセールを開催中です。

割引率は最大40%!

台数限定の特価市です!!

SIMフリースマホは一括購入が基本ですから、割引セールのチャンスは逃してはなりません。

下記では、フリーテルスマホのアウトレットセール内容と、セール販売中のおすすめ端末についても詳しく解説します。

新しいSIMフリースマホの購入を検討している方はぜひご覧ください。

公式サイト FREETEL

スポンサーリンク

フリーテルアウトレットセール特価市は台数限定!

現在フリーテルではアウトレットセールが開催中であり、様々なSIMフリースマホが最大40%の割引価格で販売されています

アウトレットセールは在庫がなくなり次第終了するのが基本なので、欲しい端末があったら早めに購入するのがおすすめです。

アウトレットセールは新古品が販売されている

「アウトレットセール」というと新品販売ではないわけですが、新品とどのくらい品質が異なるのか気になりますよね。

フリーテルのアウトレットセールで販売されているのは、外箱汚れ品を再生した新古品となっており、本体はほぼ新品のようなものです。

販売業社も大変で、外箱にちょっと傷がついただけで「新品」としては販売できなくなるんですよね。

消費者からすればむしろ嬉しいことで、アウトレット品と言えど商品の状態については心配することはないでしょう。

新品に限りなく近いアウトレット品が格安で購入できると考えれば、利用しない手はありません。

端末のみでも購入可能!

MVNOで端末を購入する場合、SIMカードをセットで購入しなければいけないことが多いですよね。

しかしフリーテルのアウトレットセールは、SIMカードの契約は必須ではありません。必要なければ、スマホ単体での購入も可能ですよ。

※記事執筆時点ですでに売り切れた端末もあります!急げ!

アウトレットセールで販売中のおすすめ端末は?

アウトレットセールで2017年1月現在販売されている端末について解説します。どの端末を買うべきか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

Priori3S LTE

17,800円 ⇨ 12800円!

フリーテル端末の中でも独特なのが「Priori3 LTE」ですね。この端末はPriori3 LTEのバージョンアップ版的存在ですが、内容は大きく異なっています。

バッテリー容量が4000mAhもあるため、充電がかなり長持ちするのが大きなメリット。ヘビーユーザーにもライトユーザーにも便利なのがPriori3S LTEの魅力でしょう。

通常販売価格は17800円ですが、アウトレットセールでは12800円です。この価格で4000mAhのバッテリーが搭載された端末を購入できるのはなかなか嬉しいです。

バッテリー以外の性能は、5インチのHD液晶に2GBメモリ、ストレージ容量は16GBです。

ただし、1点ほど気になるポイントがあります。それは、Android 5.1搭載でちょっとOSが古いことです。

フリーテルはKIWAMIなどをOSアップデートしていますが、Priori3S LTEはどうなるかわかりません。

Android6.0で大きく変わるのはアプリごとにスマホの機能へアクセスする権限を設定できることくらいなので、Android 5.1でもほとんどAndroid 6.0とほぼ同じように使えますが、気持ちの問題でOSはなるべく新しい方が良いのであれば他の端末を選んだ方が良いでしょう。

MIYABI(雅)

17,800円 ⇨ 12800円!

OSはAndroid 5.1でバッテリー容量は2200mAh、画面は5インチのHD液晶と、やや古めの普通のSIMフリースマホといった感じなのがMIYABIです。

メリットと言える特徴としては、MIYABIはストレージ容量が32GBあります。1万円台前半でここまで大容量なストレージ容量が搭載されているのは珍しいです。

MIYABIは端末のデザインにもやや高級感があります。定価の19800円でも十分コスパの高い端末でしたが、アウトレットセールで値引きされた今はよりコスパの高い端末ですね。

Priori3 LTE

17,800円 ⇨ 12800円!

Priori3 LTEは、激安の代わりに性能がかなり抑えられた端末です。元々の価格も12800円と安価でしたが、アウトレットセールでは9980円と1万円を切っていますね。

Priori3 LTEはメモリ1GB、ストレージ容量8GBで、Android 5.1搭載です。

画面サイズは4.5インチで解像度が854×480。HDではありません。

画面サイズ自体も小さいため数字のわりには綺麗に見えますが、気になる方は家電量販店で現物を確認した方が良いでしょう。

今回のアウトレットセールでは他の端末も価格が1万円台前半にまで抑えられているので、他端末に比べるとちょっと見劣りしているように感じられます。

ただしPriori3 LTEは他2機種と違って画面サイズが4.5インチで本体も小さめであるため、コンパクトなスマホが欲しい人にはおすすめできます。

人気筆頭のREI(麗)はすでに売り切れ

フリーテルが販売しているスマホの中でもかなり新しい機種なのにアウトレット販売されていたREIですが、こちらはさすがに速攻で完売してしまいました……。残念!

現時点で最もおすすめなのはMIYABI

現在販売されている端末の中で、最もおすすめなのは「MIAYBI」ですね。

MIYABIはメモリ、ストレージ容量、端末デザインなど全体として申し分なく、多くの人が満足して使える端末です。

フリーテル製スマホの中でも人気は高く、OSがAndroid 5.1でアップデート予定も特にないことは欠点ですが、1~2年は問題なく利用できるかと思います。

価格も手頃ですしね。というか一般的なSIMフリースマホに比べればかなり安いですよ。

フリーテルのスマホはアウトレット販売を待った方が良いの?

今回のアウトレットセールで個人的に思ったのは、新端末の「REI」が発売からわずか1ヶ月ちょっとでアウトレット販売を開始されたことです。

「これ、今後新しいスマホ発売されても1ヶ月くらい待てば割引価格(アウトレットセール)で買えるんじゃない?」

こう考えると、フリーテルのスマホは発売直後に購入せず、アウトレット販売を待った方が良いと感じてしまうのも自然です。

さすがにREIのケースはイレギュラーなものだとしても、フリーテルのスマホは多くがアウトレット販売されています。

過去にはKIWAMIやKATANA等もアウトレット販売されていました。つまりフリーテルで販売されるスマホは、ほぼ確実にアウトレットセールが行われると言えます。

なのでフリーテルでなるべく安くスマホを購入したい人は、アウトレット販売が開始されるのを待った方が良いでしょう。

しかし、アウトレット販売を待っている間により魅力的な新端末が登場して、今度はその端末のアウトレット販売を待つ……というように、いつまで経っても新しい機種に乗り換える機会が訪れなくなる可能性もあるので注意ですね。

まとめ

フリーテルでは、自社製SIMフリースマホのアウトレット販売が行われています。最大40%引きとかなり安く購入できるので、新しいスマホを購入予定の人はぜひアウトレットセールを活用しましょう。

アウトレットセールのラインナップは常に入れ替わっていて、最新の端末がアウトレットセール対象になることもあります。定期的に公式サイトをチェックしておくと良いですよ。

そして、アウトレットセールは完売次第終了していきます。

すでに完売したスマホもありますし、カラーによっては既に在庫切れになっていることもあります。欲しい端末があったら在庫が切れる前にお早めに購入しておきましょう!

お得なキャンペーンをチェック!

LINEモバイルが2ヶ月 × 3GB増量!

いまLINEモバイルに乗り換えれば、翌月から2ヶ月間はデータ容量3GBプレゼントされます。
申し込み締切は8月31日まで!お得な乗り換え時期をお見逃しなく!

>> 詳細をLINEモバイル公式サイトでチェック!



-FREETEL, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 All Rights Reserved.