FREETEL

フリーテルのスマートコミコミを徹底解説!SIM+かけ放題+端末をセット契約したい人はコレ!

更新日:

格安SIMに乗り換えるに当たって、考えなければいけないことは色々あります。

例えばSIMフリースマホを購入するかどうか、その端末に保証をつけるかどうか。そして格安SIMのプランはどれを選ぶか、かけ放題は必要かなど、問題は山積みです。

言ってしまえば色々選ぶのが面倒くさいので、「全部ワンセットで変える分かりやすいプランないの?」という希望の人もいるはず。

そんな人に今回紹介するのが、フリーテルのプラン「スマートコミコミ」です。

  • スマートフォン本体
  • 格安SIM
  • 5分かけ放題オプション

がワンセットになったプランであり、契約の面倒や手間を減らせるのが良いですね。さらにもう一つ、スマホの機種変更が非常に簡単にできるのがスマートコミコミの特徴です。

さらに今申し込めば、総額5000円還元されるキャンペーンも行われています。

この記事ではスマートコミコミとそのキャンペーンについて詳しく解説します。手っ取り早くセット契約で格安SIMに乗り換えたい人は必見ですよ。

公式サイト FREETEL

スポンサーリンク

いつも最新機種!スマートコミコミは機種変更の自由度が高いのがメリット

スマートコミコミは、もともと「かえホーダイ」という名前で提供が開始されました。「かえホーダイ」はその名の通り、スマホを無料で機種変更できるのが特徴でした。

今はそれが進化して「スマートコミコミ」に名称を変え、かえホーダイの内容が受け継がれつつ、一部サービス内容が変更されて再始動したものです。

スマートコミコミではスマートフォンを半年ごとに残金不要で機種変更できる

一般的な格安スマホは2年間は機種変更ができませんが、フリーテルの場合は半年で機種変更できます。

スマートコミコミで契約していれば、半年後に登場した新機種に乗り換えたい場合も、壊れていなければすぐに乗り換えられるのです。

半年使ったら端末を返却し、新しい端末を使い始められるスマートコミコミ。なかなかオリジナリティがあって面白いシステムですよね。

半年ごとに新しい機種に変更できるので、スマホ端末にこだわりのある人にはたまりません。

唯一の注意点としては、2年以内に機種変更する場合は、使っていた端末を返却する必要があることです。つまり、機種変更というより「交換」に近いイメージですね。この返却時の送料は自己負担となります。

もちろん半年以上使い続けることも可能で、2年間使えば新しい機種に乗り換えても端末を返却する必要はありません。

壊れたスマホは1年経てば残金不要で機種変更可能

スマートコミコミは、端末が壊れてしまっても機種変更できます。一般的には2年縛りですが、フリーテルに限っては1年経っていれば残金不要で変更可能です。

ただし購入から1年未満で壊れたものを機種変更する場合は、故障や水濡れ、紛失、全損、破損していた際に端末価格の2割ほどを支払わなければいけません。

紛失や盗難にあって機種変更する場合は、紛失届や盗難届を提出しなければいけないことにも注意しましょう。

スマートコミコミは2つのプランが選べる。かけ放題も適用

スマートコミコミでは、フリーテルSIMで提供されている「データ定額プラン」と「使った分だけ安心プラン」の両方を選べます。

端末代の関係で、スマートコミコミの月額料金は購入する端末ごとに変動します。今回は一例として「雷神」という人気端末をスマートコミコミで契約した場合の月額料金を例に解説します。

雷神についてはこちらフリーテル雷神はDSDS搭載で超大容量の高スペック!メリットを徹底解説

データ定額プランはキャンペーンでデータ量が増量中!

データ定額プランでは現在データ増量キャンペーンが行われていて、各プランの通信量が1年間増量されます。

以下の表は、契約月の翌月から1年間のデータ容量と月額料金です。

2GB(1GB) 5GB(3GB) 7GB(5GB) 11GB(8GB) 13GB(10GB) 24GB(20GB)
2990円 3390円 3990円 4590円 4890円 7290円

※赤字はキャンペーン期間のデータ容量
※表は「雷神」を購入した場合の例

スマートコミコミでは、基本的に2年目の料金が1000円上がります。

雷神購入時の2年目の月額料金は以下の表の通りです。

1GB 3GB 5GB 8GB 10GB 20GB
3990円 4390円 4990円 5590円 5890円 8290円

ちなみにデータ定額の3GB(キャンペーン中は5GB)以上のプランを選ぶと、

  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • ポケモンGO

などの人気アプリがカウントフリー(通信量無料)となり使い放題です。スマホはSNSばっかりやってる人には超嬉しいプランですね。

使った分だけ安心プランは従量課金制

もう一方の「使った分だけ安心プラン」は、自分の使ったデータ容量に応じて料金が変わるシステムです。

1年目の月額料金は以下の通りです▼▼

〜100MB 〜1GB 〜3GB 〜5GB 〜8GB 〜10GB 〜15GB 〜20GB
2790円 2990円 3390円 3990円 4590円 4890円 6090円 7290円

続いて2年目からはこうなります▼▼

〜100MB 〜1GB 〜3GB 〜5GB 〜8GB 〜10GB 〜15GB 〜20GB
3790円 3990円 4390円 4990円 5590円 5890円 7090円 8290円

注意点として、20GB使うと速度は200kbpsに固定されます。なので実質的に上限20GBと捉えて良いでしょう。

使った分だけ請求されるので使いすぎに注意が必要ですが、「使った分だけ」というのはスマホでありがちな無駄払いを防げるのがメリットです。毎月の通信量が安定していない人なんかにおすすめですね。

スマートコミコミでは「5分かけ放題」が標準搭載

以前のかえホーダイでは無料通話が用意されていましたが、スマートコミコミでは5分かけ放題が使えます。

「FREETELでんわ」アプリから発信することで、5分以内の通話はかけ放題になります。細かい電話が多い人にはこの上ないサービスですよ。

5分を超えた分の通話料はかかりますが、それでも通常の半額(30秒につき10円)です。

格安SIMはどんどん”条件付き”のかけ放題が主流になってきていますが、フリーテルもしっかり最先端を走っています。

5000円還元キャンペーンは、月額料金から差し引かれるシステム

現在行われている5000円還元キャンペーンは、2017年7月〜11月の請求金額から毎月1000円差し引くことによる還元方法です。

2月6日21時までが期限なので、スマートコミコミをこれから契約したい人は今のうちに申し込んでおいた方が良いでしょう。

スマートコミコミのデメリットはある?

スマートコミコミは、SIMプランと端末とかけ放題がセットになっているので契約は手軽ですが、機種変更のサービスが色々付いているのでちょっと分かりづらいプランでもあります。

デメリットとは言わずとも、スマートコミコミの不安な点を確認しておきます。

2年目は1000円上がるシステムに注意。毎年機種変更しなければ勿体無い

スマートコミコミは、2年目に月額料金が1000円上がります。この点の公式サイトでの記載がちょっと小さいので、気づかぬまま契約してしまう人もいるかもしれません。

1年経ったら別の最新端末に交換できるため、フリーテルとしては毎年機種変更してもらいたいために2年目の月額料金を上げているのでしょう。

この点は予めチェックしておいた上で契約しましょう。

解約・MNP時の残債について

通常のフリーテルSIMは縛りなしであり、スマートコミコミについても縛りはありません。

しかしスマートコミコミは端末の分割購入(ただし残金を一括で後から支払うことは可能)によるプランなので、解約・MNP時に残債が残っていたらそれを支払う必要があります。

縛りなしとは言いつつ、実質的には分割代の残高という縛りがある点も予め了承しておきましょう。

まとめ

フリーテルのスマートコミコミは、端末の分割購入と格安SIM、かけ放題、そして端末の交換がセットになったプランです。

必要な機能や契約がワンセットになっているので、格安SIM初心者や契約の手間が面倒な人にはおすすめしたいプランです。

月額料金が購入端末によって変動することや、また同じ端末を使い続ける際に2年目は月額料金が1000円上がることには注意しておきましょう。

フリーテルは次々に魅力的な新スマホを生み出しているので、「常に最新の端末を使っていたい!」という人には機種変更が容易なスマートコミコミがぴったりですね。

お得なキャンペーンをチェック!

mineoが1年間×900円引き!

いまmineoの音声SIMに乗り換えれば、1年間ずーーっと月額900円引き!
申し込み締切は11月09日まで!お得な乗り換え時期をお見逃しなく!

>> 詳細をmineo公式サイトでチェック!



-FREETEL

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 All Rights Reserved.