FREETEL 端末・新機種

フリーテルREI(麗)をスペック評価!カメラ性能から操作性まで徹底解説

投稿日:

格安SIMに乗り換えるにあたって、新しいスマホをセットで購入する場合も多いですよね。iPhoneユーザーの場合、この機会にAndroid端末に乗り換えることも多いでしょう。

今回紹介するフリーテルのSIMフリースマホ「REI(麗)」は、2016年に登場した端末です。発売からしばらく経ちましたが、まだまだ主力商品としてラインナップされている人気スマホです。

その魅力はまず「安さ」。
販売価格が発売開始当初より1万円程度下がっており、現在(2017.1月)は20520円と安価で販売されています。

約2万円という安価な端末でありながら、

  • メタル製の高級感があるボディ
  • 価格と比較してのカメラ性能の高さ
  • 特別なUIによる使いやすさ

などなど、多数のウリもしっかり持っています。

この記事では、フリーテルのREIについて詳しく解説します。ちょうど手頃な値段になっているREIに興味のある方はご覧ください。

公式サイトFREETEL

スポンサーリンク

フリーテルREI(麗)に搭載されている機能は?

多機能なホームボタン「FREETELボタン」

FREETELボタンは、REIの前面に搭載されているボタンです。iPhoneのホームボタンと同じようなものですね。

FREETELボタンは、iPhoneのホームボタンをさらに多機能にしたようなものです。

  • 画面ロック時:指紋認証解除
  • 軽くタップ:前画面に戻る
  • 1回押し:ホーム画面に戻る
  • 2回押し:アプリ履歴の表示
  • 長押し:Now on Tap起動(起動機能はカスタマイズ可)

ホーム画面に戻るホームボタンとしての役割もありますが、Android スマホの特徴である「戻る」ボタンの機能も備えていますし、指紋認証センサーも備えていて、さらにアプリ一覧への移動、Google Nowの起動までできてしまいます。

私は実際にREIを以前所持していたのですが、このボタンはなかなか指紋認証の精度も高く魅力的に感じました。ただし、ボタンの二度押しの動作がちょっとしづらいのはちょっとイマイチでしたが……。

こだわり抜いて開発された「FREETEL UI」

フリーテルはUI(ユーザーインターフェース)に強いこだわりを持っており、REIには使いやすさを徹底して開発された「FREETEL UI」が搭載されています。

ホーム画面のスクロールにエフェクトを施すことにより、全てのアイコンを画面上で見れたり、iPhoneのように画面下からよく使う機能のウィンドウを引っ張り上げる「スワイプアップランチャー」という機能も付いています。

FREETEL UIは、これはもうiPhoneのホーム画面に近いです。高額端末の代表選手であるiPhoneと似たレベルのUIが、価格2万円のREIに搭載されているのだから大きな強みです。

専用アプリでさらに進化するカメラ性能。シャッター音OFFも可能!

背面1300万画素、前面800万画素という高スペックのカメラは、それ自体も画素数が高くて綺麗なのですが、専用アプリを使うことでさらに高機能になります。

「FREETEL カメラ」というアプリを使うと、下記のような色々な付加機能や撮影モードを加えて写真を撮ることができます。

  • オート/マニュアル
  • ビューティ
  • 色鮮やか HDR
  • パノラマ
  • 暗がり機能
  • 残像
  • ハイスピード

もはや、どんな場所やシーンでも綺麗な写真が撮れるということですね。

マニュアルモードで自分の好みにカスタマイズもできるので、写真を少し学べば一眼レフのような美しい写真だって撮れちゃいますよ。

ちなみに、シャッター音OFFの無音撮影にも対応しています。
iPhoneなどのカメラはとても大きなシャッター音を鳴らすため、場所やシーンによっては困ってしまうことがありますよね。例えば小さい子供の寝顔なんかは静かに撮ってあげたいものです。

そんなとき、REIならシャッター音を消せるのでその心配はありません。

もちろんテザリングにも対応

REIはもちろん、テザリングにも対応しています。価格も2万程度と安価ですし、モバイルルーターとして使うのも良いでしょう。

ここでは主な目玉機能をあげましたが、その他の細かい機能については公式サイトでチェックして見て下さい。

フリーテルREI(麗)のスペックは?メリット・デメリットを解説

ここからは、REIのスペックについて詳しく解説していきます。

良い点も悪い点もあるので、購入を検討している方はしっかりと性能を見極めるのが大事ですよ。

OS Android 6.0
CPU MT6753 オクタコア
メモリ 2GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.2インチ、フルHD
カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
サイズ 145.8mm×71.5mm×7.2mm
重さ 136g
バッテリー容量 2800mAh

公式サイトFREETEL

画面解像度が高く、動画視聴などに最適

REIは画面解像度がとても高く、動画視聴などに最適です。スピーカーの音質は並程度なので、イヤホンを接続すると良いでしょう。

画面サイズは5.2インチとZenfone 3P9liteといった最近の人気スマホと同じですし、解像度もフルHDです。

ポケモンGOに正式に対応している

REIはポケモンGOに正式に対応しています。ジャイロセンサーにも対応していて、100%ポケモンGOを楽しめますよ。

フリーテルSIMではポケモンGOの通信量が無料になるサービスも提供されているので、ポケモンGOをプレイすることが多いならREIとフリーテルSIMのセット購入はおすすめできますね。

OSはAndroid 6.0で比較的新しい

photo credit: Visual Content Google Android Worldwide via photopin (license)

OSはAndroid 6.0が搭載されています。

少なくとも5.0以上であればそこまで大きな違いはないAndroid OSですが、6.0に対応しているのは嬉しいですね。

メモリが2GBなのは、2017年現在の目で見るとちょっと少ない

REIの残念なポイントとして挙げられるのは、メモリが2GBであることです。

2GBあれば必要十分ではあるのですが、2016年以降のSIMフリースマホではメモリ3~4GBが主流です。REIのメモリ容量はちょっと見劣りしていますね。

ただし現在のREIの価格は2万円弱なので、それを踏まえて考えれば十分な容量です。2万円でそこまで求めるのはちょっと酷ですね。

NanoSIM使用時はmicroSDを搭載できないのも難点

REIにはSIMスロットが2つあるもののデュアルSIMデュアルスタンバイには対応しておらず、さらにスロットが共通の関係上、NanoSIM使用時はmicroSDを搭載できない仕様です。

microSDを使いたいならSIMをmicroSIMにしなければいけないのは、ちょっとイマイチですね。

フリーテルREI(麗)はどんな人におすすめ?

 

フリーテルREIの最たる魅力は、やはりシンプルな安さです。2万円という安値でそこそこ見栄えが良く、使えるスマホが欲しい人におすすめです。

REIは元々29900円という価格設定であり、「値段のわりにはイマイチ」という評価がよく見られたのが事実です。

しかし今は、(そんな不評もあってか)20520円にまで価格が下がっているので、現状は「値段を考えれば十分なスペック」になっています。

分割購入もできるREIですが、手ごろな価格になった今ならおすすめは一括購入です。

一括購入して、気軽にどんどん使っていくのが良いでしょう。端末のデザインは明らかにiPhoneを意識していますが、見栄えは悪くありません。手触りにもそこそこ高級感があります。

もしも予算が3万円以上あるなら、REIよりもZenfone 3P9などの方が良いでしょう。しかし予算を2万円程度に抑えたいなら、REIも購入の候補に入れて検討してみて良いのではないでしょうか。

まとめ

フリーテルREIは、性能がずば抜けて高いわけではないものの、十分快適に使える性能となっています。

発売当初はいくつか不具合が見受けられ、それがニュースになるなどしましたが、アップデートによってその多くが改善されています。

デザイン的にもiPhoneを絶対意識しているので、好みの人も多いでしょう。外面・内面ともに価格からすればコスパは高い端末と言えます。

キャンペーンを見逃すな!

1

LINEモバイルが新規契約者に超お得なキャンペーンを実施しています。 2017年4月30日までにLINEモバイルの”音声SIM”に新規申し込みすると、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンが ...

2

格安SIMに対して漠然とした不安を持っている人も多いかもしれませんが、MVNOによっては「無料トライアル」と称して、無料でお試し利用できる期間を設けているところもあります。 今回紹介するU-mobil ...

3

人気の格安SIMである「mineo(マイネオ)」が、またとない特大キャンペーンを実施中です。 その名も「新生活応援キャンペーン」! タイムリミットは2017年5月9日まで!!   その気にな ...

-FREETEL, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.