Y!mobile 端末・新機種

Nexus 6Pはワイモバイルで購入可!最新OS搭載のスペック評価は?

投稿日:

ワイモバイルは時々、SoftBank専売だったスマホを販売し始めることがあります。

SoftBankでのみ販売されている欲しいスマホがある場合、少し待てばもしかしてワイモバイルで販売開始されることがあるかもしれません。

※ワイモバイルはSoftBankの格安SIMブランドです。

今回紹介する端末「Nexus 6P」も、元々はSoftBankで販売されていたスマートフォンでしたが、2016年12月よりついにワイモバイルでも購入できるようになりました。

5.7インチの大画面で、常に最新のOSが使えることが魅力のNexusシリーズ。元々ワイモバイルではNexus 5Xが販売されていましたが、画面の大きいこちらを購入したかった方も多かったと思います。

この記事では、Nexus 6Pについて解説します。ワイモバイルに乗り換える際に、新しい端末の購入を検討している方は御覧ください。

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク

Nexusシリーズを購入するメリットは?

Nexusシリーズは最新のAndroid OSがいち早く使える

photo credit: Visual Content Google Android Worldwide via photopin (license)

photo credit: Visual Content Google Android Worldwide via photopin (license)

Nexusシリーズを購入するメリットは、最新のOSがいち早く使えることです。

「最新のOSにアップデートできるなんて当たり前じゃない?」と思えますが、実は往々にしてそうではないんです。

Nexusシリーズ以外のスマホは、新しいOSが登場しても対応するかはメーカー次第。一度もアップデートされないこともあれば、毎回アップデートしてくれるメーカーもあります。

そしてアップデートが行われるタイミングもメーカーでバラバラで、例えば現在では既にAndroid 7.0が登場していますが、これからAndroid 6.0にアップデートされる端末がいくらでもあるレベルです。

それに対してNexusシリーズの場合は、OSが新しくなったらかなり早い段階でアップデートが行えるようになります。Nexus 6Pの場合、現時点でAndroid 7.1に対応済みです。

常に最新のOSを使いたいなら、それだけでNexusシリーズを購入する価値があります。

プリインストールアプリの少なさも、Nexusシリーズの魅力

スマホ Android

Nexusシリーズのもう一つのメリットに、プリインストールアプリが少ないことが挙げられます。

キャリアのスマホには、例えばdocomoならdocomoのサービスを使うためのアプリが数十個入っています。そこへさらにスマホメーカーのアプリもたくさん入っていたりします。

これらはプリインストールアプリ(もともと入っているアプリ)と呼ぶのですが、これが容量がかなり圧迫した状態で販売されているのが中々やっかいなのです。

しかし、Nexusシリーズはキャリアのアプリがほとんど入っておらず、Google製のアプリがいくつか入っている程度です。その分アプリやその他のデータを端末内に沢山保存できるのは、Nexusシリーズのメリットですね。

Nexus 6Pの気になるスペックは?

Nexus 6P ワイモバイル

さてお待ちかね。ここからは、Nexus 6Pのスペックについて解説します。

CPU Snapdragon 810
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面サイズ 5.7インチ、2560×1440
カメラ 1230万画素
バッテリー容量 3450mAh
テザリング 可能

全体的な性能はNexus 5Xより高い

Nexus 5Xはメモリが2GBで、価格のわりにメモリが少ないことが世間的に不評でした。しかしNexus 6Pはメモリをしっかり3GB搭載しているので、より快適に動作します。

そして画面の綺麗さも一級品です。
Nexus 6Pの画面解像度はフルHDのNexus 5Xよりさらに高く、日本で販売されているスマホの中でもトップクラスの画面解像度です。

スマホで動画や映画など映像コンテンツを楽しみたい人には、高画質のNexus 6Pをおすすめしたいです。

そして3,450mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも強みですね。充電が持ちやすいことに加え、Nexus 6Pはたった10分の充電で最長7時間利用可能という急速充電も可能です。

カメラ性能も高い!InstagramなどSNS投稿が捗ります

Nexus 6Pはカメラ性能が高いスマホです。

Nexus 6Pは1230万画素のカメラを搭載していて、夜景や日常の風景をしっかり綺麗に撮影できます。

microSDに対応していないのは残念

Nexusシリーズ全体に言える欠点なのですが、microSDに対応していません。

Nexus 6Pのストレージ容量は32GBで十分空きはありますが、アプリを多くインストールしたり、写真を撮ったまま貯め続けたりすれば、空き容量は意外と早くなくなってきてしまうでしょう。

そうならないためには、写真はこまめにGoogleフォトなどに移し、アプリも使わないものは定期的にアンインストールすることが大事です。

音楽も端末に保存するより、Google Play Musicに保存してストリーミング再生することをおすすめします。

5.7インチの大画面は人によってメリットにもデメリットにも

Nexus 6Pの画面サイズは5.7インチと、日本のスマホの中でもかなり大きめです。5.5インチのスマホも増えてきましたが、6Pはそれ以上の大きさとなっています。

大画面は動画などを観るには優れていますが、持ちにくかったり普段の操作がしづらかったりと、実際に持ってから体感できることが多いです。

少なくとも、男性でも片手操作は厳しいかと思われるサイズ感だと思いますよ。

Nexus 6Pが欲しい人は、できれば一度家電量販店などで実機に触れておくと安心です。

ワイモバイルってどんな格安SIM?

ワイモバイル

最後にワイモバイルについても簡単に紹介しておきます

CMでもバンバン流れているので存在は知っている人がほとんどだと思いますが、ソフトバンク系列の格安ブランドです。

正確には格安SIMではなく、「第4のキャリア」に近いのですが、3大キャリアより格安なため一般的な格安SIMと同列に比較されることが多いです。

大きな特徴としては3つ。

  1. 通信速度は爆速!
  2. 通話サービスも超充実!
  3. その代わり月額は高め(格安SIMに比べて)

格安SIMの中で比較した場合、通信速度は圧倒的に早いです。キャリアとほとんど変わらない使い心地だと思っていいでしょう。

そして通話サービスも充実しています。
10分以内の通話なら月300回までは無料ですし、月額1000円のオプションで完全かけ放題にすることも可能です。

10分以内かけ放題は月額プランに元から含まれているので、多くの人はこれだけで月の通話のほとんどをカバーできるのではないでしょうか。

このように、使い心地はほぼキャリアと変わらない品質を誇るワイモバイルですが、その代わりに月額料金は他格安SIMに比べると高いです。

プラン名 月額料金(1年目) 月額料金(2年目~)
スマホプランS(1GB) 1980円 2980円
スマホプランM(3GB) 2980円 3980円
スマホプランL(7GB) 4980円 5980円

格安SIMとしては高いですが、キャリアとしては安いです。

そう、ワイモバイルは「高い格安SIM」ではなく、「安いキャリア」だと思って良いでしょう。それほどワイモバイルの品質はキャリア並みに高いです。

「キャリアスマホとなるべく変わらない使い心地で、スマホ代を安くしたい……」という人にワイモバイルはピッタリです。

まとめ

元々はキャリアスマホだったNexus 6Pですが、キャリアより月額料金の安いワイモバイルでも使えるようになりました。

性能は高め、カメラ機能も高いので誰が使っても不満のないスマホですが、画面サイズが大きいことは念頭に入れておきましょう。手の小さい女性とかは扱いづらい可能性があります。

お得なキャンペーンをチェック!

mineoが3ヶ月間×月額800円引き!

音声SIMプランに新規契約すると月額割引!お得に乗り換えるチャンスです。締切は7月18日まで!

>> 詳細をmineo公式サイトでチェック!

LINEモバイルが2ヶ月 × 3GB増量!

いまLINEモバイルに乗り換えれば、翌月から2ヶ月間はデータ容量3GBプレゼントされます。
申し込み締切は8月31日まで!お得な乗り換え時期をお見逃しなく!

>> 詳細をLINEモバイル公式サイトでチェック!

U-mobileが無料トライアル実施中!

2ヶ月間は月額料金はもちろん、初期費用も解約金も0円!完全無料でお試し利用できるチャンスです!

>> 詳細をU-mobile公式サイトでチェック!

-Y!mobile, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 All Rights Reserved.