UQ-mobile 端末・新機種

Zenfone3 Ultraのスペック解説!デュアルSIM/6.8インチ大画面ファブレット搭載で動画やゲームがより楽しい!

更新日:

2013年に発売されたSONYのXperia Z Ultra。画面サイズは6.44インチと大きく、なおかつギリギリポケットにも入るサイズのAndroid端末でした。

大きな画面で動画を見たりネットを見たりするのに最適な端末でしたが、なかなかこの後継機にあたる端末は登場していませんでした。

しかし2016年末、ASUSからまさしくXperia Z Ultraの後継機といえる端末「Zenfone 3 Ultra」が登場しました。2016年12月16日よりUQモバイルで販売開始されます。

画面サイズは6.8インチ。さらにデュアルSIMデュアルスタンバイ対応で性能もばっちりです。

この記事では、新登場Zenfone 3 Ultraのスペックや価格などをまとめて解説します。

Xperia Z Ultraのように大きく、動画再生や読書などに適した端末が欲しいと考えている方は必見ですよ。

販売サイト▶︎▶︎ UQモバイル

スポンサーリンク

Zenfone 3 Ultraのスペックと評価ポイント

Zenfone3 Ultra UQモバイル

まずはZenfone 3 Ultraのスペックをチェックしていきましょう。

CPU Snapdragon 652
メモリ 4GB
ストレージ容量 32GB
サイズ 186.4×93.9×6.8mm
重さ 233g
画面サイズ 6.8インチ フルHD
OS Android 6.0.1

公式サイト UQモバイル

ざっと見ても、Zenfone 3 Ultraのスペックは十分高めです。どの点でも妥協のない端末ですね。

メリットと言える強みの評価ポイントをいくつか挙げてみます。

CPU性能は高めで、ゲームも楽しめる

Zenfone 3に搭載されていたCPUは「Snapdragon 625」でしたので、「Snapdragon 652」を搭載しているZenfone 3 UltraのCPU性能はZenfone 3以上と考えられます。

Zenfone 3でもCGキャラクターが激しく動く「デレステ(ゲーム)」が快適にプレイできたりと、ハイズペックを要求するゲームにも向いている端末でした。

そう考えれば、Zenfone 3 Ultraも同様に、快適にゲームが楽しめる端末と言えますね。

メモリやストレージ容量は十分

Zenfone 3 Ultraに搭載されているメモリは4GBです。4GBは現在販売されているスマホ・タブレットの中でもかなり多い方ですね。

Zenfone 3 Deluxeのハイスペックモデルは6GBのメモリを搭載しているためこれには劣りますが、メモリが4GBも搭載されていれば、ブラウジング中に一度他のアプリを起動してからまたブラウザに戻るなどしても、再読込みにならずスムーズにブラウジングが再開できるでしょう。

ストレージ容量32GBは、2016年のスマホ・タブレットにおいては平均的な容量ですね。iPhoneも7からは32GBからになりましたし、Zenfone 3やhonor 8など、Androidスマホも32GB以上のストレージを搭載するものが増えてきています。

64GBあればなお良かったですが、32GBでも十分たくさんアプリや音楽、動画を入れられますよ。もしも足りなければ、microSDカードを使いましょう。

デュアルSIMデュアルスタンバイ対応

Zenfone 3 Ultraをメインのスマホとして使いたい人には嬉しいことに、Zenfone 3 UltraはデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。

「デュアルSIMデュアルスタンバイ」とは、1台の端末で2枚のSIMカードを差して使い分けることができ、かつ2枚のSIMを”同時待ち受け”することが可能な機能です。

つまり、いちいち使用するSIMを切り替える必要がなく、電話をかける時などその都度SIMを任意で選択することができます。同様に、どちら(のSIM)にかかってきた電話も受けることができます。

デュアルSIMデュアルスタンバイは使う人によってはかなり便利な機能です。

  • 仕事用とプライベート用で別々のSIMを使いたい人
  • 通話用とネット(データ)用で違うMVNOを使いたい人

などなど、実に多様な使い方ができるので、スマホ中級者以上にはありがたい機能ですね。

参考デュアルSIMデュアルスタンバイ搭載スマホとは?メリットと使い方を知ろう

CDを超える音質「ハイレゾ」をサポート

高音質音源ハイレゾ対応の圧倒的なサウンド力も見逃せません。音質はCDを超えて、原音に近い臨場感が楽しめます。

高品質なヘッドホンと合わせて使えば、音楽鑑賞がより高いクオリティで楽しめますよ。

Zenfone 3 Ultraの弱点・デメリットはある?

デメリット

もちろん、Zenfone 3 Ultraにはデメリットや弱点もありますよ。

防水に対応していない

最大のデメリットは防水に対応していないことでしょう。Xperia Z Ultraは防水に対応していたため、お風呂場でスマホを楽しめましたし、アウトドアにも向いていました。

しかしZenfone 3 Ultraは、残念ながら防水に対応していません。Xperia Z Ultraから乗り換えたい人にはかなり痛いポイントだと思います。

メインスマホとしてはサイズが大きい

Zenfone 3 Ultraは、はっきり言って「スマホ」と見るとサイズがデカいです。スマホ以上タブレット以下という若干中途半端な大きさなんですね。

購入する場合は、何に使うための端末かを今一度考えておきましょう。

例えば7インチに近い大画面で動画を楽しみたい。でも7〜10インチのタブレットだとちょっと大きすぎるので、6.8インチのファブレットであるZenfone 3 Ultraを持ち歩きたいなど。

正直に言ってしまうと、メインの「スマホ」としては使いづらいかもしれませんね。特に手の小さい女性には。持ち歩くにはサイズが大きいし、通話する際にもちょっとしんどいデカさかもしれません。

UQモバイルにおけるZenfone 3 Ultraの価格・初期費用

UQモバイル

楽天のスーパーセールでも販売されたZenfone 3 Ultraですが、楽天モバイルではまだ正式に取り扱われていません。

現在MVNOでZenfone 3 Ultraのセット購入をしたい場合は、UQモバイルです。

UQモバイルは通信速度がダントツ早いMVNOとして人気であり、動画再生やゲームなどを存分に楽しむべきZenfone 3 Ultraには最適なMVNOと言えます。

そんなUQモバイルにおいて、Zenfone 3 Ultraの端末価格は49800円です。

SIMとセット購入する時には2通りの方法があり、

  • 49800円を一括で払ってしまう方法
  • 「端末アシスト」というサービスを使って端末代の初期費用を13800円まで抑え、その代わり端末アシスト料を毎月1500円(24ヶ月間)支払う方法

を選べます。

【一括購入の初期費用】SIMパッケージ代3000円 + 端末代49800円

Zenfone3ultra UQ 一括

月額料金プランは上の通り。

端末代を最初に全部払ってしまえば、月額料金はプランの料金だけなのでシンプルですね。

初期費用はSIMパッケージ代3000円と、Zenfone 3 Ultra代の49800円です。

【端末アシスト利用の初期費用】SIMパッケージ料金3000円+端末代13800円

Zenfone3ultra UQ 端末アシスト月額料金は上の図の通り。

端末アシストを使うと、初期費用の端末代が49800円→13800円まで抑えることができますが、その代わり利用開始から24ヶ月間、毎月アシスト加算料1500円がかかってきます。

24ヶ月 × 1500円=36000円なので、初期費用13800円と合わせると49800円となりトータル金額は一括支払いと変わりませんが、端末アシストは途中で契約解除すると解除料が最大50400円かかりますので注意が必要です。

つまり、24ヶ月は絶対に契約から抜けられないということですね。

この点を踏まえて、最初に一括で支払ってしまうか、端末アシストで初期費用を少しでも和らげるか検討してみましょう。

「マンスリー割」ってなに?

マンスリー割とは、割引対象機種の購入と同時にぴったりプランあるいはたっぷりプランに申し込んだ場合に適用される割引で、24ヶ月間に渡り基本料金を上限として割引がされます。

Zenfone 3 Ultraはマンスリー割引対象機種ではないので、割引はされません。

まとめ

Zenfone 3 Ultraが、いよいよ日本でも発売開始です。

防水対応でないのは残念ですが、動画鑑賞やゲーム、ブラウジングなどを大画面で楽しめるおすすめの端末です。

現時点ではUQモバイルでのみ取り扱われていますが、今後他のMVNOでも取り扱われる可能性があります。ただし価格の安さや通信速度を考えると、おそらくUQモバイルで購入するのがベストかと思います。

2016年12月16日より販売開始予定です!

お得なキャンペーンをチェック!

LINEモバイルが2ヶ月 × 3GB増量!

いまLINEモバイルに乗り換えれば、翌月から2ヶ月間はデータ容量3GBプレゼントされます。
申し込み締切は8月31日まで!お得な乗り換え時期をお見逃しなく!

>> 詳細をLINEモバイル公式サイトでチェック!



-UQ-mobile, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 All Rights Reserved.