DMMモバイル キャンペーン情報 端末・新機種

【12月20日まで】P9/P9liteがDMM mobileでセール中!最安価格で買うなら今がチャンス!

更新日:

格安スマホをセット購入する場合は、端末代金を一括で支払う方法と、MVNOによっては分割払いにする方法があります。

分割払いだと月々の支払金額が高くなってしまうため、できるだけ一括払いで購入したい場合も多いでしょう。しかし何万円もするのがスマホなので、なかなか手が出せずに困っている方もいます。

そんな方に朗報です。
ファーウェイのコスパの高い人気スマホ「P9lite」と、ハイスペックで高価なスマホ「P9」が、DMM mobileでスーパーセール中です。

セール期間は2016年12月20日まで!!

さらに、

P9は限定100台、P9liteは限定800台。それぞれ先着です。

購入を検討している方は急ぎましょう。

P9とP9liteを安く買うなら今が絶好のチャンスです。
下記では2機種のセール情報をより詳しく伝えていきます。

公式サイト▶︎▶︎DMMモバイル

スポンサーリンク

P9とP9liteが、DMM mobileでスーパーセール販売中!

P9 P9lite DMMモバイル

P9とP9liteは、今年発売されたばかりでまだまだ最新機種です。

そんな人気機種が、DMM mobileで現在セール販売が行われています。

P9 P9lite
セール価格 39800円 19800円
通常価格 50800円 24800円

通常価格より、P9は11000円、P9liteは5000円ほど安くなっていますよね。

特にP9は、通常価格が現在は5万円台で収まっているものの、元々は6万円程度で販売されていた端末です。まだ4万ほどと気軽に一括購入できる金額とはいえませんが、かなり手頃になっているのは確実です。

ちなみにP9liteには、購入するとケースももらえる特典があります。

そして色はP9ならグレーとシルバー、P9liteはブラック、ホワイト、ゴールドが選べます。ゴールドが選べるのはP9liteだけなので注意ですね。

そしてP9のブルーとレッドが新色として最近登場しましたが、これらを選ぶことはできません。

繰り返しますが、P9は限定100台、P9liteは限定800台、それぞれ先着です。購入を検討している方は売り切れにならないよう急ぎましょう。

セール期間は2016年12月20日までです。万が一在庫が残っていてもこの日までということになりますので、要注意ですよ。

P9とP9liteを比較!スペック表で比べてみる

P9 DMM

P9lite DMM

さて、P9とP9liteは価格がセール価格においても2万円違います。2万円の差はやはり大きく、性能もそれだけ異なっています。

P9とP9liteを比較してみて、2万円の差を支払ってまでP9を購入するメリットがあるのか見てみましょう。下記は主なスペック比較表です▼▼

  P9 P9lite
価格 39800円 19800円
CPU Kirin 955 Kirin 650
メモリ 3GB 2GB
ストレージ容量 32GB 16GB
画面 5.2インチ 1920×1080 5.2インチ 1920×1080
メインカメラ 1200万画素×2 1300万画素
サイズ 145mm×70.9mm×6.95mm 146.8mm×72.6mm×7.5mm
重さ 144g 147g
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh

まず画面サイズは解像度も含めて同じです。そのため画面の映りについてはどちらを選んでも変わりません。

同様にバッテリー容量も同じなのでバッテリー持ちも同程度でしょう。

スペックに大きな差が出ているのはCPUとメモリ、ストレージ容量、そしてカメラですね。

CPUはどちらもファーウェイ機独自のものが使われていますが、P9のものはハイスペック向け、P9liteはミドルスペック程度のCPUです。

P9liteのCPUでも普通に使えますが、データ処理により優れているのはP9のCPUでしょう。CGフル使用のゲームなど、ハイスペックが要求されるゲームでもサクサク動かせます。

メモリやストレージ容量は、値段の差に準じた性能差があらわれていますね。言うまでもなくP9の方が優れていて、インストールできるアプリのデータ量が2倍で、1.5倍データを多く処理できると考えて良いでしょう。

ちなみに39800円というP9のセール価格は、楽天モバイルやIIJmioといったMVNOにおけるZenfone3の定価ですが、P9はZenfone3と比べてもCPU性能が上回っていますよ。

カメラ性能を比較!P9liteはP9より性能低いのか?

p9 写真

画素数ならP9liteが上

人によっては非常に大事な「カメラ性能」。
P9liteは安い分カメラ性能が下がっているのではないかと心配になりますが、実際にはそうでもありません。なかなか良い勝負してます。

P9はダブルレンズを搭載していて背景ボケがある写真まで撮影できるのが強みですが、メインカメラ2つの画素数は1200万画素です。

対してP9liteはダブルレンズではないものの、画素数は1300万画素とP9より多いカメラが搭載されています。

「プロカメラモード」は両機種搭載。プロの写真が自在に撮れる

両機種とも「プロカメラモード」という撮影モードが搭載されており、シャッタースピードやホワイトバランス、ISO感度まで自在に設定できるようになります。

簡単に言えば、誰でもプロ風の写真が撮れるということ。

スローシャッターを切れるので、夜景も綺麗に取れますし、暗い場所での撮影も可能です。色鮮やかな料理も綺麗に撮れるので、SNSにアップするのが楽しみですね。

もちろん、とことん良いカメラを使いたいならP9がおすすめですが、P9liteのカメラも負けず劣らず十分満足できる仕上がりになっていますよ。

DMMモバイルってどんなMVNO?

DMMモバイル

最後に、端末購入を機にDMMモバイルに乗り換えたいという人のために、「DMMモバイルってどんなMVNO?」という点を簡単にご紹介しておきます。

とにかく安い!全てのプランが業界最安水準!

DMMモバイルと言えば、とにかく安いことが最大の売りです。全てのプランが業界最安水準となっています。

下記は音声通話SIMのプラン▼▼

プラン データ容量 速度(最大/制限) 月額料金
ライト 無制限 200Kbps(制限なし) 1140円
1GBパック 1G 225Mbps/200Kbps 1260円
2GBパック 2GB 1380円
3GBパック 3GB 1500円
5GBパック 5GB 1910円
7GBパック 7GB 2560円
8GBパック 8GB 2680円
10GBパック 10GB 2890円
15GBパック 15GB 4300円
20GBパック 20GB 5980円

公式サイト▶︎▶︎DMMモバイル

「安い」の他に、プラン数の多さもメリットです。ここまで細かく通信量を小分けにしているMVNOは他にありません。自分の通信量にピッタリのプランが見つかるはずです。

安かろう悪かろうじゃない!? 安くてもサービスの質は高い

「安いってことはそれだけ質が悪いんじゃ?」と思いがちですが、そうじゃないからDMMモバイルがここまで人気なのです。

サービス的にも、定番の機能・サービスは全て完備しています。

  • 通話料が半額になるアプリ「DMMトーク」
  • 速度低下時に、最初の一定量だけ高速通信可能にする「バースト機能」搭載
  • 余った通信量を翌月繰り越し可能
  • 通信量チャージ料が安い
  • 専用アプリも見やすい・使いやすい

他社が揃えている機能やサービスは全てDMMモバイルにも揃っていますし、むしろDMMモバイルの方が使える機能が多いくらいです。

料金面は最安水準ですが、品質面は中の上くらいですね。通信速度も並程度なので決して悪いわけではありません。

はっきりデメリットと言える点は、「実店舗がない」ことくらいです。ネットでしか契約できないので、ネット契約に不安がある人にはマイナス点ですね。

とはいえ、総合的に料金/サービス品質のコスパで見ればトップクラスのMVNOです。ネット契約に抵抗がなければ利用価値の高いMVNOですよ。

キャンペーンを見逃すな!

1

LINEモバイルが新規契約者に超お得なキャンペーンを実施しています。 2017年3月31日までにLINEモバイルの”音声SIM”に新規申し込みすると、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンが ...

2

格安SIMに対して漠然とした不安を持っている人も多いかもしれませんが、MVNOによっては「無料トライアル」と称して、無料でお試し利用できる期間を設けているところもあります。 今回紹介するU-mobil ...

3

人気の格安SIMである「mineo(マイネオ)」が、またとない特大キャンペーンを実施中です。 その名も「新生活応援キャンペーン」! タイムリミットは2017年5月9日まで!!   その気にな ...

-DMMモバイル, キャンペーン情報, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.