UQ-mobile

UQモバイル5分間かけ放題おしゃべりプランのメリットデメリット。かけ放題か無料通話か選択可能に!

更新日:

格安SIMと言えば通話料が高くつくのが弱点だったのも今はむかし。2016年から2017年にかけて、格安SIMでも通話かけ放題サービスはもはや当たり前になりました。

auのサブブランドとして圧倒的な知名度を誇り、通信速度が非常に速いことで人気のUQモバイルは、今までは無料通話サービスしかないのが唯一のデメリットでしたが、2017年2月より5分かけ放題付きの「おしゃべりプラン」を新たにスタートしました。通信量とかけ放題がセットになったプランです。

今までは「ぴったりプラン/たっぷりプラン」と無料通話付きのプランでしたが、やはり無料通話より5分かけ放題の方がニーズが高いことを察知したんでしょう。

これにより、UQモバイルでも5分以内の通話ならかけ放題にできるようになりました。

今回は、UQモバイルの主力プランとして打ち出された「おしゃべりプラン」について詳細を見ていきます。

公式サイト UQモバイル

スポンサーリンク

5分以内の通話かけ放題!UQ mobileのおしゃべりプランとは?

5分かけ放題のセットプラン

2017年2月よりUQモバイルが新たにスタートさせた「おしゃべりプラン」の内容は、

  1. データ通信量(GB)
  2. 5分かけ放題
  3. 人気アプリ10個

これらが1セットになったプランです。

5分かけ放題は元からセットに入っているので別途オプション料を払う必要はなく、1セットパックになっているので分かりやすいですね。

5分かけ放題は「5分以内の通話は無料」になりますが、5分をオーバーした分については20円/30秒の通話料金がかかるので注意が必要です。

UQモバイルは他社のような格安電話アプリ(楽天でんわやOCNでんわなど)を持っていないので、通常の通話料が高いのはちょっとデメリットですね。格安電話アプリがあれば通常電話でも半額の10円/30秒になるので。

しむまる
なので、長電話には注意が必要です。

おしゃべりプランの月額料金

プランは通信量によって「プランS」「プランM」「プランL」の3種類から選べます。

2GBと6GBに加えて大容量の14GBが増えたのはありがたいですね。UQモバイルは通常プランだと3GBしかないので、6GB以上の容量ができたのは大きなメリットです。

UQモバイルは通信速度もキャリア並みに速いので、それなりに大きなプランを選べばキャリア同等の使い方ができます。

auまたはau回線の格安SIMから乗り換えの人は注意!

※おしゃべりプラン(及びぴったりプラン)は、「新規契約ユーザー」と「au、またはau回線からの乗り換えユーザー」では料金など条件が違います(上記表は新規ユーザー向け)。

とくにau回線から乗り換えの人は、詳細を必ず公式サイトでご確認ください。

詳細 UQモバイル

ぴったりプランと途中変更も可能

ちなみに、今までのぴったりプラン(5分かけ放題ではなく無料通話のセット)は消えるわけではなく、そのまま残っています。

  • おしゃべり(5分かけ放題セット)
  • ぴったり(無料通話セット)

途中で変更することもできるので、とりあえずどちらか契約してみて合わなければ変更すれば良いでしょう。

ちなみに無料通話(ぴったりプラン)を選ぶと、プラン通信量と契約年数によって無料通話が変動します。

2年目まで 3年目以降
プランS 60分 30分
プランM 120分 60分
プランL 180分 90分

当然こちらも、無料通話分をオーバーしたら20円/30秒の通話料がかかってきます。

無料通話分は好きに使えるので、長電話のために使いたい人はこちらがお得なケースもあります。ただ、「いまの時点で何分ぶん使っている」など残り分数を気にしたりするのが面倒なのが難点ですね……。

やはりシンプルな5分かけ放題(おしゃべり)にしておいて、長電話になる時はLINEの無料通話やSkypeを利用するのがシンプルかつ節約になると思いますよ。

どちらかと言えば、シンプルで使いやすい5分かけ放題(おしゃべり)を選んだ方が無難かなとは思いますね。実際にUQモバイルも主力プランとしておしゃべりを推しています。

かけ放題の通話品質は?

かけ放題というと気になるのは通話品質ですが、UQモバイルのかけ放題の通話品質は悪くありません。

IP電話のようにネット回線を利用しているわけではなく、きちんと音声回線を用いたかけ放題なので音声が途切れたり遅れたりなど不安定さはありません。

5分かけ放題(おしゃべりプラン)のデメリットや注意点

警告

5分を超えた分の通話料が高い

先にも言いましたが、おしゃべりプランのデメリットは5分を超えた分の通話料が20円/30秒20円と高いことです。

これは通常の通話料金なのですが、他の格安SIMのかけ放題オプションだと超過分の通話料金も30秒10円と半額にしてくれる所がほとんどなので、この点では他社のかけ放題にちょっと劣りますね。

例えば 楽天モバイル OCNモバイルONE なんかが超過分も半額なのですが、こうしたMVNOは専用の通話アプリを持っていることが半額にできる理由です。

楽天モバイルなら「楽天でんわ」、OCNモバイルONEなら「OCNでんわ」という専用アプリがあり、これらはプレフィックス方式という専用回線を使った通話ができるので、通話料金を安く抑えられる仕組みです。

UQモバイルにはこうした通話専用アプリがないので、5分を超えた分は通常の(高い)通話料金がかかってしまいます。正直、長電話は禁物です。

おしゃべりプランは2年縛り。違約金もあり。

また、おしゃべりプランには2年縛りがあります。あくまでもプランですし、なおかつ音声通話SIMである関係上、最低利用期間があるのは当然でしょう。

2年以内に解約すると9500円の違約金が発生します。さらに自動更新なので、解約月に解約し忘れるとまた2年縛りが適用されるという罠も。

2年縛りがあると「合わなければすぐに乗り換えられる」という格安SIMのメリットが失われます。これはちょっと予め覚悟しておいた上で契約しましょう。

 

おしゃべりプランでセットに付いてくる無料アプリ10個

おしゃべりプラン(またはぴったりプラン)では、通信量+5分かけ放題の他に、人気のAndroid アプリが10個セットでもらえます。

もちろん全て無料で使えるので、一応チェックしておきましょう。

セキュリティ ウィルス対策アプリ
乗換案内 定番の乗り換えアプリ
ブルーライト削減 スマホのブルーライト82%カット
超便利ツールズ 定規、分度器、コンパス、拡大鏡、ライト、振動計、金属探知機、鏡、メトロノーム、指輪サイズ、祝日カレンダーなど20以上の便利ツール
Fujisan Reader 5,000冊以上の雑誌が読めるデジタル雑誌リーダーアプリ
おしゃべり翻訳機 日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語など10か国語の会話を双方向でサポートする翻訳アプリ。
地図マピオン 地図アプリ。ドライブルートと徒歩ルートなども検索可能
万能カメラ 81種類の様々な撮影機能とオシャレに加工できる112種類のアートフィルタを搭載した万能カメラアプリ。
ジョルテ カレンダー&システム手帳アプリ。10GBのクラウドストレージでたっぷり保存できる。
驚速メモリ キャッシュや履歴等の不要な情報を削除する充実のクリーニング機能。スマホの快適動作に役立つ

参考 UQモバイル

ただしこれらのアプリは、無料のアプリで代替が効くものが多いです。無料で貰えれば嬉しいに越したことはないですが、そこまで大きなアドバンテージにはならないかもしれませんね。

また、iPhoneでは使えませんのでその点もちょっとイタいところ。。

UQモバイルにもはや死角なし!

今回新たに5分かけ放題付きのプランが加わったことで、UQモバイルはますます完璧な格安SIMに近づきました。

  • 通信速度はキャリア並みに速く!
  • 5分かけ放題もつけることが可能で!
  • キャリアメールまで使える!

一般的な格安SIMの弱点を全て補っており、もはや死角なし。

キャリア並みの通信速度

中でもUQモバイルの最大の強みは、何と言っても圧倒的な通信速度の速さです。

SIM市場調査のスピードテストでは、「平均速度」そして「最低速度」においても全格安SIMの中でトップの数値を出しており、ほとんどのSIMが低速化する日中昼間や夜中の混雑時においてもUQモバイルだけは安定的な速度を保てます。

最後に、実際に私が使用していた時のスピードテストを見てみましょう。

まずは朝〜昼にかけてがこちら▼

(左が朝8時/右が昼12時半)

特に昼12時〜13時の間は格安SIMにとって最も速度低下する魔の時間と言われ、その辺の格安SIMだと1Mbpsを切ることも普通です。

しかしUQモバイルは昼12:30でも下り12Mbpsと圧倒的なスピードですね。格安SIMならではのストレスを感じることはほぼありません。

続いて、夕方〜夜にかけての通信速度がこちら▼

(左が16時半/右が20時)

夕方〜夜にかけても申し分ない速度です。
一般的な格安SIMだと10Mbpsにも届かないものが多い中、UQモバイルは1日通して10Mbpsを超える速度が出せていました。

つまり、24時間通してほぼキャリアと変わらない速度と安定感があります。

ネットサーフィンはもちろんのこと、YouTubeやNetflixのような動画サービスも余裕で視ることが可能です。

UQモバイルはauグループの格安SIMなので他社より速度面で優遇されていると言われていますが、まさにこの結果を見れば格安SIMの通信速度に不安を持っている人も安心できるのではないでしょうか?

キャリアメールが使える

格安SIMは基本的にキャリアメールが使えないというデメリットがありますが、UQモバイルは月額200円でキャリアメールが利用できます。

キャリアメールが便利なのは、銀行などで稀にあるキャリアメールアドレスしか登録できない会員サービスに登録できたり、キャリアメールしか連絡手段がないガラケーユーザーなどと円滑に連絡できたりすることですね。

特にキャリアスマホ(またはガラケー)を使っている人にメールで連絡する場合、格安SIM利用の際に使うGmailやYahoo!メールはキャリアのフィルタリングサービスに引っかかり、相手に正しくメッセージを届けられないことがあります。

いざという時の連絡手段として、キャリアメールがあると安心ですよね。

まとめ

圧倒的な通信速度とキャリアメールに加えて、5分かけ放題まで搭載させたUQモバイル。やはりKDDIのグループ会社が運営とあって、auのバックアップが強力なことが窺えますね。

知名度も高く信頼性と安心感もあるので、格安SIMデビューの人には特におすすめです。

 

お得なキャンペーン情報をチェック!

SoftBank Air/光が安くなる
いま申し込むと月額1000円×24ヶ月引き!締切は5月7日まで!
>> 詳細をSoftBank公式でチェック!

 

mineoが6ヶ月間×月額900円引き!
音声SIM新規契約で月410円〜!お得な乗り換えチャンスの締切は5月8日まで!
>> 詳細をmineo公式サイトでチェック!






-UQ-mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.