家族でシェア 格安SIMの比較・選び方

格安SIMでシェアSIMを発行したい!初期費用が安いMVNOはどこ?

更新日:

格安SIMにはシェアSIMを使って、複数枚のSIMカードを一つの契約プランで運用する方法があります。

一人で複数枚を持ち、複数台のスマホやタブレットで使用する使い方もありますし、家族みんなで1枚ずつ使う方法もあります。シェアSIMの運用方法は様々で、自分に合った使い方ができるのが魅力ですね。

さて、そんなシェアSIMですが、実は発行時に初期費用がかかる場合があります

月額料金が安かったとしても、初期費用が高かったらハードルが高く感じてしまいますよね。ちょっとした目的でシェアSIMを発行したくても、初期費用が高いせいで導入を断念してしまう人もいるでしょう。

そこでこの記事では、MVNOごとのシェアSIMの発行にかかる初期費用を比較し、どこがおすすめかを考えていきたいと思います。

シェアSIMに興味を持っている方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

各MVNOにおけるシェアSIMの初期費用をチェック

チェック

早速、シェアSIMの初期費用をチェックしていきましょう。以下の表にまとめました。

MVNO名 1枚ごとにかかる初期費用
IIJmio 2000円
BIGLOBE SIM 3000円
OCNモバイルONE(データ) 1800円
OCNモバイルONE(音声通話) 3000円
Y!mobile(SMS対応SIM) 3000円(3枚まで枚数は自由)

いかがでしょうか。最高がBIGLOBE SIMの3000円で、一番安いのはOCNモバイルONEですね。

ただ注意していただきたいのは、Y!mobileを除いて全て「1枚ごと」にかかる金額であることです。

例えば家族で格安SIMに乗り換えたいと考えている場合、人数分のシェアSIMの初期費用がかかってしまいます。つまり初期費用が高いと、乗り換え時に必要な予算もドンドンふくれあがっていくことを念頭に置いておきましょう。

シェアSIMの初期費用最安はIIJmio

IIJmio データシェア

これを踏まえて考えると、これらの中で最も安い初期費用になっているのはIIJmioと言えますね。

IIJmioなら、データSIMでも音声通話SIMでも初期費用が2000円。
さらに「ファミリーシェアプラン」を契約することで最大10枚までSIMカードを持つことができるため、人数の多い家族でも対応できますし、トータル費用も安いのが魅力です。

しかも、IIJmioでファミリーシェアプラン契約時に同時にシェアSIMを追加する場合は、何枚申し込んでも一律2000円です。これは大きなメリットですよ。

追加したいシェアSIMの枚数が多いほど、IIJmioのオススメ度が上がっていきますね。

公式サイトIIJmio

Y!mobileは契約時の同時申し込みで初期費用なし

ワイモバイル

合わせて読みたいSIMフリー端末でOK!Y!mobileのシェアプランを選ぶメリットはどこにある?

Y!mobileは、契約時にシェアSIMを同時に申し込めば初期費用がかかりません。

Y!mobileのシェアプランで申し込めるのはSMS対応のデータSIMに限られますが、Y!mobileでシェアSIMを使う場合は、新規加入時に申し込んだ方が良いでしょう。

Y!mobileはシェアSIM3枚まで発行できますが、何枚追加しても月額費用は変わりません。もとの契約プランごとにシェアSIM用の月額料が定額になっています。

プラン名 シェアSIM月額料金(〜3枚)
スマホプランS(1GB) 980円
スマホプランM(3GB) 490円
スマホプランL(7GB) 0円

スマホプランLを選べば、3枚のシェアSIMを追加できるうえに月額料金は0円です。しかし、スマホプランLは月額5980円のプランなのでトータルで考えても安くはないでしょう。

おすすめは3GBのスマホプランMです。500円程度で3枚までシェアSIMを使えるのでコスパが最も良いです。Y!mobileは他格安SIMと比較しても別格で通信速度が早いので、外仕事用のタブレットやノートパソコンに使うのもいいですね。

公式サイトY!mobile

初期費用でIIJmioとBIGLOBE SIMを比較!

IIJmio

BIGLOBE3

BIGLOBE SIMはシェアSIMに非常に力を入れています。
また、BIGLOBE SIMはインターネット接続サービスの大手であるBIGLOBEの格安SIMなので、似たようなイメージの大手IIJmioと迷っている人も多いでしょう。

ここで、IIJmioとBIGLOBE SIMの比較をしてみましょう。主に初期費用についてです。

MVNO 通信量 1枚ごとの初期費用 最大枚数 音声プラン月額 シェアSIM月額(音声)
IIJmio

(ファミリーシェアプラン)

10GB 2000円(ファミリーシェアプラン申込時の追加なら何枚でも2000円) 10枚 3260円 700円(追加2枚まで)

1100円(3枚目以降)

BIGLOBE SIM

(12ギガプラン)

12GB 3000円 5枚 3400円 900円(15ヶ月間は700円)

IIJmioの場合

IIJmioは3枚目、つまり2枚の追加まではシェアSIMの利用料金が無料です。しかし音声通話SIMの場合はその利用料がかかりますので、1枚に月700円がかかります。

初期費用は親回線の3000円に加えて、2000円×人数分。ただしファミリーシェアプラン申し込みと同時の追加なら一律2000円です。

4人家族でファミリーシェアプランを新規契約するなら、

3000円+シェアSIMの初期費用2000円

5000円

が初期費用となりますね。

ちなみに、ファミリーシェアプラン申し込みと同時なら何枚でも2000円なので、もし10枚で契約しても5000円が初期費用です。あとから追加する場合は1枚ずつ2000円がかかるので、注意しましょう。

BIGLOBE SIMの場合

BIGLOBE SIMの場合は、シェアSIMは1枚の追加でも利用料金が発生します。そして初期費用がIIJmioよりも1000円高い3000円です。さらに、ここからの割引も特にありません。

もしも4人で乗り換えるなら、初期費用が親回線の3000円に加えて子回線3人で3000×3=9000円で、合計12000円の初期費用がかかってしまいます。

IIJmioとの初期費用の差額は7000円。BIGLOBE SIMだとはじめにかかる金額がIIJmioよりも7000円高くなってしまいます。

初期費用の観点から考えると、IIJmioはやはり非常にお得ですね。

公式サイトIIJmio

最初から3枚のSIMカードを使えるMVNO

DMMモバイル

エキサイトモバイル

ここまでは通常の契約にシェアSIMを追加できるMVNOを紹介してきましたが、SIMカードを3枚使う前提のコースが用意されているMVNOもあります。

DMM mobileとエキサイトモバイルは、それぞれ3枚コースが用意されています。

初期費用3000円で契約すれば3枚のSIMカードを使うことができますので、3人家族までならこれらのMVNOで契約するのも良いでしょう。

DMM mobileは定額プランで、8GB、10GB、15GB、20GBから選ぶことが可能です。

公式サイトDMMモバイル

エキサイトモバイルは従量課金制である最適料金プランと定額プランのどちらでも3枚コースを契約できます。定額プランでは1GB、2GB、3GB、9GB、20GB、30GB、40GB、50GBの中から選ぶことができます。

公式サイトエキサイトモバイル

どちらも音声通話SIM、SMS対応SIM、データSIMの内訳は自由です。全て音声通話SIMにすることもできますし、1枚だけ音声通話SIMにするなどの組み合わせも可能です。万能に色々な使い方に対応出来るので便利ですね。

まとめ

シェアSIMを発行する場合、注意したいのは追加にかかる初期費用。初期費用が最も安いMVNOはIIJmioです。

元々2000円と安価な料金設定ですし、もしファミリーシェアプランを申し込む場合は、同時に申し込めば何枚シェアSIM追加しても一律2000円で済むのは非常に嬉しいポイントです。

とくに家族での乗り換えには、間違いなくIIJmioがおすすめですよ。

公式サイト格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

キャンペーンを見逃すな!

1

LINEモバイルが新規契約者に超お得なキャンペーンを実施しています。 2017年3月31日までにLINEモバイルの”音声SIM”に新規申し込みすると、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンが ...

2

格安SIMに対して漠然とした不安を持っている人も多いかもしれませんが、MVNOによっては「無料トライアル」と称して、無料でお試し利用できる期間を設けているところもあります。 今回紹介するU-mobil ...

3

人気の格安SIMである「mineo(マイネオ)」が、またとない特大キャンペーンを実施中です。 その名も「新生活応援キャンペーン」! タイムリミットは2017年5月9日まで!!   その気にな ...

-家族でシェア, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.