iPhone7特集 UQ-mobile

UQモバイルをSIMフリーiPhone7で使うメリットデメリット。通信速度の速さは圧倒的!

更新日:

iPhone7が発売され、SIMフリーモデルを購入した人は多いのではないでしょうか?

格安SIMで使うにはdocomo回線かau回線かを選択する必要がありますが、現状のMVNOはドコモ9割、au1割くらいに偏っています。ドコモ回線への乗り換えなら選び放題ですが、au回線へ乗り換えたい人は選択肢が限られるのがネックですね。

そんな人に今回ご紹介するUQモバイルは、1割の方に入る貴重なau回線の格安SIMです。

テレビCMでもお馴染みのUQモバイルと言えば、

  1. 通信速度がめちゃくちゃ速い
  2. 5分かけ放題が使える
  3. キャリアメールも使える

最強スペックを備えており、かなり優秀な格安SIMとして非常に人気があります。

SIMフリースマホはau回線に対応していないことが多いのですが、実はiPhone7のSIMフリーモデルならau回線のSIMカードを利用することができます。

そこでこの記事では、au回線のUQモバイルのSIMとSIMフリーiPhone7の組み合わせについて、そのメリットやデメリットなど解説していきたいと思います。

iPhone7を機にキャリアから格安SIMに乗り換えを検討している人、そしてau回線が良いという人はぜひ参考にしてください。

公式サイト▶︎▶︎UQモバイル

スポンサーリンク

通信速度は圧倒的な速さ!UQモバイルはauに優遇されている?

UQモバイル

キャリアに匹敵するスピードと安定感

UQモバイルの最大の強みは、何と言っても圧倒的な通信速度の速さです。

SIM市場調査のスピードテストでは、「平均速度」そして「最低速度」においても全格安SIMの中でトップの数値を出しており、ほとんどのSIMが低速化する日中昼間や夜中の混雑時においてもUQモバイルだけは安定的な速度を保てます。

参考までに、実際に私が使用していた時のスピードテストを見てみましょう。

まずは朝〜昼にかけてがこちら▼

(左が朝8時/右が昼12時半)

特に昼12時〜13時の間は格安SIMにとって最も速度低下する魔の時間と言われ、その辺の格安SIMだと1Mbpsを切ることも普通です。

しかしUQモバイルは昼12:30でも下り12Mbpsと圧倒的なスピードですね。格安SIMならではのストレスを感じることはほぼありません。

続いて、夕方〜夜にかけての通信速度がこちら▼

(左が16時半/右が20時)

夕方〜夜にかけても申し分ない速度です。
一般的な格安SIMだと10Mbpsにも届かないものが多い中、UQモバイルは1日通して10Mbpsを超える速度が出せていました。

つまり、24時間通してほぼキャリアと変わらない速度と安定感があります。

ネットサーフィンはもちろんのこと、YouTubeやNetflixのような動画サービスも余裕で視ることが可能です。

さて、なぜUQモバイルはこれほど他を圧倒して通信速度が早いのでしょう?

UQモバイルの速度が圧倒的に早い理由とは?

au回線を利用するUQモバイルの運営会社UQコミュニケーションズは、KDDIのグループ会社です。つまり早い話、UQ mobileはauのサブブランドなんです。

なので、他社のau回線の格安SIMよりもUQモバイルは優遇されていると言われています。

auからすれば、そりゃ自分とこの子会社の格安SIMにユーザーを集めたい気持ちは分かりますよね。キャリア離れが加速していますから、それなら自社グループの格安SIMを優遇して集めようという作戦でしょう。

UQモバイルの月額料金プラン

UQモバイルには、通常の月○GBプランと、【月○GB+かけ放題+アプリ10個】が1セットになったタイプのプランがあります。

まずは通常プランから解説します。

通常プラン

UQモバイルの音声通話プランにおける月額料金は、以下の通りです。

プラン名 月額料金(税込)
3GBプラン(高速通信) 1814円
無制限プラン(低速500kbps) 2894円

公式サイトUQモバイル

通常プランはシンプルに2つだけ。
無制限プランは低速オンリーで使い道は限定的なので、3GBプランが主流です。

格安SIM市場調査によると、スマホユーザーの50%以上は月3GB以下しか使っていないという調査結果が出ているので、多くの人は3GBで十分かと思います。

3GBプランにSIMフリーモデルのiPhone7(32GB)を組み合わせて2年間使うとすると、下記の計算になります▼▼

1814×24(月額料金)+78624(iPhone7価格)
122160円

続いてキャリアと比べてみましょう。

auに機種変更で32GBモデルのiPhone7を購入し、2GBプランで2年間使った場合の総額は、

7020×24(月額料金)+20520(iPhone 7実質価格)
189000円

同じiPhone7を使う場合、プランに1GBの差はあるものの、

UQモバイルのほうが2年間の総額で66840円も安く済む

ことがわかります。

通話サービスがセットになった「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」

UQモバイルが推しているのはこちら【データ容量+通話サービス+人気アプリ】が1セットになったタイプのプランです。

ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」の2タイプがあり、セット内容のうちの「通話サービス」が違ってきます。

  • 「ぴったりプラン」は無料通話
  • 「おしゃべりプラン」は5分かけ放題

という感じ。料金や通信量などは全く一緒です。

プランは3種類。2GBと6GBに加えて、大容量の14GBが増えたのはありがたいですね。選べる幅が格段に広がりました。

ぴったり(無料通話セット)かおしゃべり(5分かけ放題セット)かは、途中変更も可能なのでそこまで深く考えることもないでしょう。

どちらかと言えば、シンプルで使いやすい5分かけ放題(おしゃべり)を選んだ方が無難かなとは思います。

※料金など詳細は必ず公式サイトでご確認ください。

公式サイトUQモバイル

18歳以下の学生は「UQ学割」で2年目の料金が1000円引きに

2017年5月31日まで、UQモバイルは18歳以下の学生を対象に「UQ学割」を受け付けています。

UQモバイルプランは、1年目こそ月額が安いものの、2年目以降は月額料金が1000円アップするのがネクでしたが、UQ学割は2年目の料金が1000割引になるということで、つまり2年目の値上げをなくしますよという割引制度です。

つまり18歳以下の学生なら2年間は下記料金で使えます。

※スマホは横スクロール可能

 おしゃべり/ぴったり UQ学割の月額(2年) データ容量
プランS 1980円 2GB+かけ放題
プランM 2980円 6GB+かけ放題
プランL 4980円 14GB+かけ放題

ただ一つ注意点があり、UQ学割は2017年5月31日までに申し込む必要があります。

まだ18歳以下の子供がUQモバイルを持つ、あるいは子供に持たせたい場合、必ず期日までに申し込んでUQ学割を受けておきましょう。1年間分の割引で1万2000円も節約できますよ。

UQモバイルをiPhone7で使うメリットは?

iPhone

UQモバイル自体の特徴やメリットを把握したところで、次はUQモバイルを”iPhone7で使う”メリットをみてみます。

ざっくり挙げるとこんな感じ▼▼

そもそも通信可能なこと自体がメリット

速度が比較的安定しているため、他社より混雑時の速度低下が起きにくい

SMSの月額料金がかからない

それぞれもうちょっと詳しく解説します。

iPhone7で通信可能

まず、UQモバイルはau回線の格安SIMであるため、対応しているSIMフリー端末がとても少ないのが弱点なんです。その点でSIMフリーiPhone7なら問題なく通信可能です。

使えること自体がもうメリットになっちゃいます。

UQモバイルの強みは通信速度の速さ

しつこいですが、UQモバイルの一番大きなメリットは、通信速度が早くて安定していること。UQモバイルを選ぶ理由としてはこれに尽きます。

速度が早い、速度が落ちない、ストレスがたまらない。

docomo回線の格安SIMや、この他のau回線の格安SIMは、通信速度が時間や場所によってコロコロ変化していきます。しかしUQモバイルは、比較的高速の状態で常に安定しているため、速度が遅くなったら移動、また遅くなったら移動……と不毛な行いをする必要がありません。

UQコミュニケーションズとauの関係を考えるに、おそらく今後もUQモバイルの速度は安定していると思いますよ。

SMSに月額料金がかからない

そしてもう一つ、これはUQモバイルに限ったことではありませんが、データSIMでもSMSが必ず使えて、その月額料金は発生しないことも嬉しいポイントです。

docomo回線の格安SIMは、SMS利用料が毎月150円程度発生していますが、UQモバイルやau回線のその他の格安SIMはSMS利用料がかかりません。

UQモバイルをiPhone7で使うデメリットは?

スマホ

続いて、UQモバイルをiPhone7で使う場合のデメリットもチェックせねばなりません。

キャリアメールは基本的には使えない

テザリングができない

iPhone7ではキャリアメールが公式対応していない

本来UQモバイルではキャリアメールのサービスが提供されています。これは月額200円のサービスで、キャリアで使われているメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)にメールを正しく送信できます。

格安SIMで使用が推奨されているYahoo!メールやGoogleのGmailといった無料のメールアドレスでは、キャリアのメールアドレスにはメールを基本的に送信できません。

そのため、キャリアメールが提供されているUQモバイルはとても魅力的なのですが、残念ながらiPhone7ではこのサービスが使えないのです。

ネット上の口コミを見ると、送受信に成功したという情報もいくつかあります。しかしあくまで公式には対応していません。ここは残念なポイントですね。

UQモバイルで販売されているiPhone5sではキャリアメールが使用可能なんですよね。つまり技術的には問題ないはずなのですが、5sを販売していてキャリアメールが使えることをウリにしている関係上、今後も正式に実装される可能性はあまり高くありません。

テザリングができない

そして、テザリングができないことにも注意しましょう

テザリングとは、スマホの回線にパソコンやタブレットを接続してデータ通信ができるサービスです。スマホがWi-Fiルーターとなり、スマホを持っていれば外出先でもPCでネットが使えるので重宝している人もいるでしょう。

しかし残念ながら、UQモバイルとSIMフリーのiPhone7の組み合わせではテザリング使用不可です。

ノマドやフリーランスなど外出先でネットを使う仕事する人はスマホのテザリングを頻繁に利用する人も多いので、この点は予め注意しておきましょう。

Wi-Fiスポットはタダで使える

その代わり、UQモバイルは全国6万ヶ所にWi-Fiスポット「Wi2 300」を契約中は無料で利用できます。

Wi2

「Wi2 300」は、国内最大級の公衆無線LANサービスであり、ドトールを始め、レストランや駅、空港など多く設置されています。

外で通信作業をしたいとき、テザリングは使えませんが、「Wi2 300」が設置されたカフェなどを使えば無料でWi-Fiを使うことができますよ。

詳細UQモバイル

まとめ

格安SIMの中では他を圧倒して通信速度が早く安定しているUQモバイル。強みがシンプルかつ最強なので、選びやすいMVNOですよね。

運営会社がKDDIグループ会社とあって信頼性もあります。都心の駅構内に大々的な広告出していたり、資金力があるのは儲かっている証拠なんでしょうね。

格安SIMでは今の所、通信速度でUQモバイルに敵うSIMはありません。速度の早さを優先したい人は、もはやUQモバイル一択ではないでしょうか。

スポンサーリンク

キャンペーンを見逃すな!

1

格安SIMに対して漠然とした不安を持っている人も多いかもしれませんが、MVNOによっては「無料トライアル」と称して、無料でお試し利用できる期間を設けているところもあります。 今回紹介するU-mobil ...

2

人気の格安SIMである「mineo(マイネオ)」が、またとない特大キャンペーンを実施中です。 その名も「新生活応援キャンペーン」! タイムリミットは2017年5月9日まで!!   その気にな ...

3

国の規制により、キャリアでは以前のようにキャッシュバックキャンペーンを行うことがなくなってしまいましたが、格安SIM(MVNO)では未だ定期的にキャッシュバックキャンペーンがあります。 BIGLOBE ...

-iPhone7特集, UQ-mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.