格安SIMの基礎知識

格安SIMで運用するスマホでキャリアメールを使う方法3つ

投稿日:

キャリアから格安SIMに乗り換えるとき、不便になる点の一つはキャリアメールが使えなくなることです。

LINEやフリーメールがある現在では、普段使いでキャリアメールは必要ないという意見もあるかもしれませんが、銀行など一部のサイトの登録にはまだキャリアメールが必須だったりします。

また、ガラケーしか持っていない知人と連絡し合う場合も、フリーメールからキャリアメールに送信することができません。既に格安SIMに乗り換えた方の中にも、これをあとから知って困っている方も少なからずいるでしょう。

どうにかキャリアメールを使えないかと考えると、維持費の安いガラケーを契約し直すという方法がまず浮かびます。しかし、ガラケーを持ち歩くのはとても手間だし、キャリアメールのためだけに二台持ちするのも微妙です。できれば他の方法が望ましい。

そこでこの記事では、格安SIMを入れた格安スマホでもキャリアメールを使用する方法を3つ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

docomoならガラケーを契約して設定をすれば、キャリアメールを安く維持できる

docomoなら、ガラケー契約で入手したキャリアメールアドレスをスマホで受信設定する方法があります。その手順についてざっくりとですが説明します。ドコモユーザーでない人はここは飛ばしてください。

まずはdocomoでガラケーを契約します。その際、SPモードを契約しておきましょう。

プランは、全く通話に使わないのであればタイプシンプルバリューに割引を適用した状態が最も安くベストな選択肢です。SPモードとセットで月額料金は1100円程度になります。

このプランで契約したSIMをdocomoのスマホに挿し、マルチデバイス設定を行います。

マルチデバイス設定はデータ通信が行われますので、パケット料金が発生することを覚えておきましょう。パケホーダイに入っておかなければ膨大な通信料が請求されてしまうので注意です。

マルチデバイス設定を終えれば、格安SIMを入れたスマホでメーラーを設定することでメールを受信することができます。

docomoをまだ契約している場合は、マルチデバイス設定をしてからSPモードをそのままにガラケー契約に切り替え、新規契約で格安SIMを新しく契約しましょう。それにより、キャリアメールを維持できます。

 

ちなみに、スマホのXi契約からFOMAに戻す場合、通常はバリュープランを選べません。

月額料金が安いバリュープランに変更する場合は、docomo製ではないSIMフリーの携帯電話か、同じくSIMフリーのdocomo製でない3Gスマホをドコモショップに持ち込んで、その機種に変更するという手順が必要です。

なお、auやSoftBankのメールアドレスは、docomoのメールアドレスのようにマルチデバイス設定をすることはできません。

SIMフリー端末等で格安SIMを使って送受信ができるのは、docomoのみとなります。

Y!mobileならMMSとしてキャリアメールを使用可能

ワイモバイル

わざわざ使わないガラケーを契約するのはやや面倒です。そんな時は、Y!mobileを契約するだけでMMSとしてキャリアメールを使用することができます。

Y!mobileは格安SIMとキャリアの中間にあたるブランドであり、格安SIMより通信速度などの品質が高く、キャリアスマホよりは価格が安いというメリットが大きな強みです。

ただし、月額料金は1GBで2980円とキャリアよりは安いものの、他の格安SIMに比べると高めなので、とにかく安さを優先したい人には不向きかもしれません。

そしてY!mobileを契約することで入手できるメールアドレスには、

  • @yahoo.ne.jp
  • @ymobile.ne.jp

の二つのメールアドレスがあり、MMSであるキャリアメールは「@ymobile.ne.jp」になります。@yahoo.ne.jpのアドレスではキャリアメールにメッセージを送信できませんので、気をつけましょう。

Y!mobileはキャリアメールの面だけでなく、通話面でも10分以内の通話が月300回まで無料になるなどサービスの充実度はピカイチです。格安SIMの性能面に不安を覚える人は、Y!mobileなら安心して使えますよ。

ほとんどキャリアスマホと変わらないサービス内容を保ちつつ価格を抑えたい人には、Y!mobileがピッタリです。

>>Y!mobileオンライン公式サイト

UQ mobileは対応端末ならキャリアメールを有料で契約できる

UQモバイル

au回線を利用する格安SIMとして人気のUQ mobileも、MMSとして「@uqmobile.jp」のメールアドレスを入手できます。

しかし有料です。月額料金が200円かかる点には注意が必要です。その代わりY!mobileほど月額料金は高くなく、3GBの音声通話SIMが月額1680円です。

UQ mobileはau回線の格安SIMであり、キャリアメールサービスに対応している端末はその中でも限定されています。条件さえ合致していれば最も便利かつお得に利用できるキャリアメールですが、合致していない可能性が高いかもしれません。

>>格安スマホならUQ mobile

3つのキャリアメール、どの方法がおすすめ?

niekverlaan / Pixabay

niekverlaan / Pixabay

結論から言うと、自分で契約や設定ができるなら、月額料金が1000円近くかかってしまうものの、docomoでマルチデバイス設定をしたメールアドレスを維持するのが一番便利です。

ただやはり、設定の手間や面倒さはネックです。細かいことはわからないので気軽にキャリアメールを使いたい場合は、Y!mobileがよいでしょう。格安SIMより少々高いですが、キャリアの質の高さと格安SIMの低料金の良いところを取り合わせた優秀なブランドです。

格安SIMのUQ mobileは、使える状態にするのは難しくはありませんが、auスマホでの利用と対応端末である必要があるため、条件がかなり制限されるのが欠点です。

なお、Y!mobileやUQ mobileのキャリアメールアドレスの場合、一部のサイトでは使用できない場合もあります。とくにUQ mobileは対応していないケースがしばしば見受けられるのでややマイナス点ですね。

まとめ

まとめると……。

格安SIMを入れたスマホでキャリアメールを使いたい場合は、docomoでガラケー契約を行い、設定を済ませるか、Y!mobileやUQ mobileでの契約が必要となります。

いずれも一長一短でメリットもデメリットも存在しますが、全てオールマイティにこなしたい場合はやはりdocomoでメールアドレスを維持するのがベストですね。ただ、契約や設定の手間はどうしてもかかります。

手軽かつバランスの取れた選択肢としてはY!mobileですね。スマホ代を安くしつつ、キャリアメールや通話機能もキャリアレベルで確保したいならY!mobileしかありません。

>>Y!mobileオンライン公式サイト

といっても、多くの人はキャリアメールを使う機会はどんどん減っていると思います。近しい仲での連絡はすでにLINE派が圧倒的多数ですしね。一部キャリアメールが必要なサービスなども、今後はそれ以外の手段で登録できるよう対応してくるはずです。

今の時代、LINEとGmailがあればほとんど困らないのでは?

とはいえ、キャリアメールが必要だという人は一つ参考にしてみてください。






-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.